Urawa Reds Life

浦和レッズのある日常に感謝

J1リーグ 第26節 浦和レッズ(A) vs ジュビロ磐田(H) 決定力が決定的に足りない?

水曜日のACL川崎戦を激アツの展開で逆転し、気分よく迎えられるJリーグの試合。

疲労はたまっているだろうけれども、ぜひ熱い試合を見せてほしい。

水曜日の試合のような展開をスタジアムで見れたら幸せだろうなぁ。。。

 

スタメン

f:id:Yo-hei:20170917204206j:plain

柏木選手も阿部選手もスタメンを外れるという予想外のセレクト。

矢島選手が期待されているのか、それとも過密日程を考慮したターンオーバーか。

堀監督のコメントを聞いてみたい。

一方、両サイドバックの槙野&森脇ペアは代わりがいないのか、基本固定されている。

平川選手は久々のスタメンではないだろうか。調子がよいのかも。

 

前半

ジュビロがコンパクトに守備を行う中、浦和は裏を狙う。

矢島選手を始め、後ろの選手から前の選手の裏への抜け出しにバンバンパスがでる。矢島選手はときに自らが裏へ抜ける動きも見せ、いい意味で目立っていたかなと思った。

堀監督の矢島選手への期待の高さも感じるし、彼にこそ今後のキーパーソンになってほしい。 

 

だがしかし、基本浦和が支配していたのにこんなときにフリーキックから失点する。中村俊輔選手のクオリティの高さは相変わらずで。。。

 

失点後も矢島選手がいい形でシュートまでいくも枠を捉えることはできなかった。

後半

ケガの影響か、後半最初から平川選手がOutで梅崎選手がIn。

ジュビロはボールキープをトライする一方で、浦和は前半同様の戦い方だが、前への推進力は増加させていた。特に槙野・森脇サイドバックがガンガン上がっていくのはそこそこ迫力があった。

それでも守備を崩壊させないようにバランスとりながら攻める、というのは堀監督になってから見られるようになり、ゲームが壊れてしまうケースは少ないように思う。

 

後半34分青木選手のアグレッシブなボール奪取から、素晴らしいパス、興梠選手の今季17点目で同点に追いつくも逆転までいけず。

1-1で勝点1を分け合う形で終了。

 

雑感

攻撃時5トップが裏を狙う形は結構いい感じに見えたけど、得点に至ったのは一回だけ。

決定力さえあれば勝てたのかなぁなんて素人ながらに思うけどどうなんでしょう。

 

この連戦をなんとか乗り切るために、全員でがんばりましょう!

J1リーグ 第25節 浦和レッズ(H) vs 柏(A) 戦い方というよりは個人の差で負けたと思われる

ルヴァンカップは敗退が決まり、第2戦ホームで戦うACLは2-0以上のスコアが要求される厳しい状況の浦和レッズ。

Jリーグではなんとか来年度ACLの出場権は獲得してほしいところ。

上位に位置する柏レイソル相手にどのような戦いを見せてくれるか。

 

スタメン

f:id:Yo-hei:20170909211145j:plain

堀監督になってからもミシャさんスタイルを継承してきたが、いよいよ大きくフォーメーションを変えてきた。

最初はよくわからなかったが、おそらく4-1-4-1だと思われる。

青木選手をボランチに配置し、センターバックは阿部&遠藤航ペアっぽい。

一方の柏レイソルは4-4-2システム。

 

前半

両サイドアタッカーは高木選手&ラファエル選手。彼らは攻撃時にワイドに張り、幅を作る役割だったと思われる。ラファエル選手はプレーエリアが狭くて少々窮屈そうに見えた。

矢島&武藤コンビはときにシャドー、ときにボランチ的な役割でかなり大変そうだった。かなり走っていたけど、このフォーメーションを成立させるキモのポジションなのだろう。

 

レッズはミドルシュートを積極的に打っていて好印象。

高木、矢島、ラファエル、武藤といるのだから可能性を感じさせるシーンもいくつかあった。

流れのなかからも惜しいシーンがあったのだけど、得点が入らない。

新しい戦い方を眺めているうちにあっという間に前半終了。

 

後半

いい流れを続けながら攻めるも得点が決められない浦和レッズ。

そんな中、カウンターから柏の外国人コンビのクオリティの高さに負けて失点。

決して守備の人数は足りてないわけではなかったが。。。

 

 

得点が必要になったレッズは時に槙野森脇を高い位置に上げるオプションも見せる。

また、矢島&武藤がトップに上がり、ラファエル&高木がワイドに開き、ミシャさん時代の5トップを連想させるシーンもあった。阿部、遠藤の最終ラインとサイドを上がる森脇・槙野と間に青木という布陣はミシャさんの形に似ていた。

これもオプションの一つだったのだろう。 

 

しかし、またも最終ラインをあっさり破られて2失点目を喫してしまう。

遠藤選手は一瞬あきらめてしまったのだろうか。センターバックはああいったところで絶対負けてほしくないなぁ。 

 

最後は、ズラタン選手を投入しロングボールを打ち込む作戦。PKを獲得して興梠選手が決めるも、2点目までは奪えず。1-2で敗戦。

 

雑感

前後半通じてラファエル選手のボールロストが目立つ。もっとシンプルにプレーすればいいのにキープしようとして失敗するケースが多い。周りとの連携という感じじゃなくて持ちすぎているように見えるけど。

僕が味方なら、あんまりパスしたくないなぁと思うだろう。

彼はカウンター要員にして、他のメンバーを使った方が良いのでは。

特に右サイドアタッカーのポジションを任せるなら彼は適任ではないと思う。最初から駒井選手でいいんじゃないかな。もしくは梅崎選手がいいかも。

 

柏木選手やマウリシオ選手がケガから戻ってきたらどんなフォーメーションになるのか楽しみである。今日は決してチャンスがなかったわけじゃないし、次節も期待してよいかなと思う。思いたい。

しかし4バックのセンターバックに適する選手がいないなぁ。 

 

 

原口元気という選手について

今日は原口元気選手について。

 

彼のプロフィールは:

1991年生まれ

身長 178 cm

体重 68kg

レッズ時代の背番号 24(-2013), 9 (2014-)

 

今やサッカー日本代表のスタメンに継続して名を連ねるようになった原口選手。

彼はスピードあるドリブルを武器に、ドイツで身につけたデュエルの強さや運動量と守備面での貢献からチームに欠かせない選手になっている。

 

浦和レッズのユースから上がって来た頃から見ている一サポーターとしての僕の感想は、

 

元気くん、本当に立派になったなぁ。。。

 

である。

才能は小さい頃から認められていて、若くして大きな期待を背負っていた。

 

 

どんな選手かと聞かれたら、僕は、

誰よりも勝ちたい気持ちが強くて負けず嫌いな男

と答える。

 

2011年、ゼリコ・ペトロビッチ(当時)監督から期待され、左アタッカーとして重用されていた。

しかしチームは結果が出ずに残留争いに巻き込まれてしまう。

当時の浦和のサッカーはビルドアップの形もなくて、お世辞にも面白いとは言えない試合ばかりだった。

当時まだ若干20歳だったのに、原口選手はチームの負けは自分が点を取れないからだ、と自分を追い込んでいるように見えた。

負けてしまった試合後もサポーターへの挨拶はしなければならない。トボトボとうつむきながら歩く原口元気選手。

スタジアム一周中の彼からは、観客席まで届くほどの"悔しさ"オーラを放っていた。

 

負けた試合も、彼の悔しさオーラに救われた気がしたものだった。まだ戦う選手の魂は燃えたままだ、と。

 

ゴールを決めたらすぐにサポーターの方へ向かい喜びを共にする。常にレッズの勝利のために戦ってくれていた。

海外移籍の際は移籍金を残したいからと、複数年契約を結んでくれ、実際のレッズに移籍金を残していってくれたという逸話もある。

 

サポーター・チームのために全力を尽くしてくれる男。

やんちゃだったかも知れないけれど、浦和サポーターから最も愛されたフォワードの1人じゃないかな。

 

世界で活躍してどんどん登りつめてほしいなと思う。

今はレッズに所属しているわけじゃないけど、一ファンとして応援し続けたい。

 

その負けん気の強さで熱いプレーを見せて欲しい、そしてみんなを熱狂させるゴールを!

J1リーグ 第24節 浦和レッズ(A) vs 清水(H) 帰ってきた梅崎選手。そのキレを勝利のために

ACL川崎戦では1-3で敗れ、Jリーグでも上位に離されつつあり、踏ん張りどころの浦和レッズ。

柏木、那須、森脇、ズラタン、宇賀神。。。

と怪我人続出の中、この過密日程をどう乗り越えるのか。

 

スタメン

f:id:Yo-hei:20170827214927j:plain

梅崎選手が久々にスタメン。キレがどのくらい戻っているのか、非常に楽しみ。

またボランチの矢島選手はどこまでできるのか。

清水は鄭大世選手もチアゴ・アウベス選手もいないようだ。前回の対戦ではやられたので、こちらとしては助かる。

 

前半

興梠選手のコンディションが良く、裏を狙いつづけ脅威を与えていた。

 

マウリシオ選手は左右両足で長短のボールを使い分け攻撃の組み立てに貢献していた。ミスは少ないし落ち着いているし、改めていい選手だと思う。

レッズはミシャさんの時のオーソドックスな形(ボランチが一枚最終ラインに降りて、一枚中盤に残る)でビルドアップを実施し、終始安定していた。清水のプレッシャーの弱さにも非常に助けられていたと思う。

 

基本レッズペースだったのに、こんな時に限ってセットプレーで失点する。槙野選手のマークが剥がされて失点というのが気になるけど、他のシーンで完全に崩された、っていう感じじゃなかったので逆転の希望は結構あったかなと。

 

後半

浦和は後半19分、コーナーキックの流れから遠藤選手がゴール!

更に6分後、左サイドに移った梅崎選手からのクロスを興梠選手が胸トラップ。

シュートモーションから切り替えてキープし、相手ディフェンスを4人ひきつけておいてラファエル選手へパス。

それを冷静に決めて逆転!

前半から体のキレもよくて調子よさそうだったけど、後半もスーパーなプレーを見せてくれた興梠選手。あらためて欠かせないプレーヤーである。

なお、ラファエル選手も今日はキレがあって相手の脅威になっていた。

 

今日は清水のキレのなさにも助けられて、浦和は終始ボールを保持できていた。

GK西川選手まで戻されたとしても、そこから再びパスをつなげるくらいパスコースを作らせてもらえていたし、浦和の戦い方を終始させてもらえた印象。

こういう相手なら、安定感を持って戦えるなという試合だった。

 

雑感

今日はなにより梅崎司選手の躍動感を見れたのが嬉しかった。90分間プレーできたし、頼れる男が帰ってきたのは本当に心強い。

なによりプレーにキレがあってブランクを感じさせないものがあった。

菊池選手は単独突破をあまりトライするタイプではないので(シンプルなプレーでチームに貢献していてよいと思うのだけど)、梅崎選手のほうがアクセントがつけられるのかなといったところ。

後半戦の主役になってくれるんじゃないかと僕は勝手に期待している。

 

梅崎選手、ここからの浦和レッズの巻き返しのためそのキレを維持しつづけてほしい。

J1リーグ 第23節 浦和レッズ(H) vs FC東京(A) もう一つの3枚回しと5-3-2

浦和レッズは8/15のスルガ銀行チャンピオンシップ2017でシャペコエンセに1-0で勝利。マウリシオ選手の活躍もあったようで、今節のFC東京戦のスタメンや戦い方が楽しみ一戦である。

同じ勝ち点33同士の戦い、上位を目指すためにはどちらも勝ち点3が必要だ。

 

スタメン

f:id:Yo-hei:20170827221719j:plain

 

FC東京は前回戦ったときと随分スタメンが違う。フォーメーションも違う。

一体何があったのか判らないけど、色々悩みがあるのだろうか。

サブの選手のラインナップを見たら、

15 永井 謙佑

9 ピーター ウタカ

38 東 慶悟 

23 中島 翔哉

10 梶山 陽平

なんなんだこのメンバーは。本当にサブのメンバー表かと疑いたくなる。

いつのまにFC東京はこんなに攻撃メンバー集めたのだろう。かみ合ったら恐ろしい攻撃力になりそうだけど、上手く行っていない?うちに勝っておきたいところ。

 

一方浦和は新加入マウリシオ選手がJリーグでは初スタメン。リベロのポジションに入り、遠藤航選手が右ストッパーに配置された。

前線の1トップ2シャドーは興梠・武藤・李のKLMユニット。彼らはコンビネーションも抜群だが、守備もできる。

これらのスタメンから、堀監督はやはりまず守備を安定させようとしていることが読み取れる。

 

前半

荒天の影響でキックオフの時間が1時間遅れて8:00からとなった。

前半17分、浦和は右サイドをシンプルに突破。駒井選手からのクロスを李選手が落とし、興梠選手のゴール。

その数分後、FC東京にほぼ完璧に崩され失点してしまうが、前半30分再び興梠選手の得点で勝ち越し。

KLM&柏木選手がからんでワンタッチパスを繋いで中央を切り裂いたシーンは久々だった。各選手の距離が近いのと、コンビネーションが抜群のユニット故に生まれたゴールかと思う。こういった素晴らしい部分はミシャさんの功績だろう。

引き継いでいってほしいなと思う。

 

後半

前半浦和のビルドアップはいつもの形であった。すなわちボランチ(阿部選手)が一枚降りる形で最終ラインに吸収され、リベロ(マウリシオ選手)と二人でボールを運ぶ。ストッパー(遠藤選手・槙野選手)はサイドの高い位置にいる状況。

 

ツートップで守るFC東京に対して、ボールを運ぶ選手がリベロとボランチの二人なので、誰か一人サポートが必要。

ミシャ監督時代はもう一人のボランチ柏木選手が降りて、3枚回しというやつを実行していたが、真ん中がスカスカになってカウンターを受けるリスクが高いというデメリットがあった。

守備を重視する堀監督はこれをやらない。柏木選手が最終ラインに降りることは試合を見ていてもほとんどない。ということで前半はいつもの2枚(リベロ+ボランチ)+一列前のボランチというフォーメーションを維持しながらビルドアップを試みていた。

f:id:Yo-hei:20170827221751j:plain

上図:前半のビルドアップ時のフォーメーション

 

ところが後半、浦和は少しやり方を変えてきた。何度か過去に試していた、左ストッパー・リベロ・右ストッパーによる3枚回しをするようになった。両ボランチは中盤に残る。おそらくFC東京が2トップで守ってきたことへの対応かと推測される。

もしくは、2-1でリートしているのでボランチを中央に残してカウンター対策をしていたのかもしれない。

f:id:Yo-hei:20170827221817j:plain

ミシャさんはこれを良しとしなかったようだが、ボランチ二人が中盤に残ることによって、ボールを失ってしまった際にも中央ですぐにプレッシャーをかけられる。堀監督に変わった今、今後もこの形をたくさん見ることになるかもしれない。

 

選手交代:

66' 柏木-->青木

71' 興梠-->ラファエル・シルバ

79' 武藤-->矢島

矢島選手が入ってから浦和はツートップ(李&ラファエル)にして5-3-2の布陣とした。これは従来なかった形。

堀監督は守備に対する引き出しを増やそうとしていることがわかる。

より守備的な形だったかと思うが、機を見て上がっていきポストに当たったシュートを放ったシーンの矢島選手の攻撃は可能性を感じさせるものだった。

 

浦和レッズはなんとかゴールポストとバーのヘルプもあって勝利!FC東京とは相性が良い。。

雑感

マウリシオ選手は、なんというかいい意味で目立たなかった。

実に難なく浦和の難しいリベロのポジションをこなしていた。ミスも少ないし、非常に落ち着いている頼もしい助っ人だ。

ショート・ロングボールも左足で操って無難に攻撃を組み立てていたし、ミシャさんのサッカーにも合う選手として獲得したんじゃないかと思わせるほど馴染んでいた。

 

勝点はまだ36。残りは11試合。どこまで勝点を積み上げられるか。

強敵との試合がまだ多数残っているが、上位を叩けるチャンスがまだ残っているということでもある。

さあ反撃ですよ。

J1リーグ 第21節 浦和レッズ(A) vs 甲府(H) 安定感重視。

関根選手の移籍前ラストマッチとなったアウェー甲府戦。

堀監督となってから2試合目はどのような展開になるのか。

 

スタメン

f:id:Yo-hei:20170809231935j:plain

予想通り守備的な布陣を設定してきた甲府、5-3-2のフォーメーション。

浦和はいつものフォーメションで選手も菊池選手以外はほぼいつものメンバー。堀監督は戦える選手を選ぶと言っていたが、今はこのメンバーのコンディションがよいということなのだろう。

 

前半

甲府は2トップではあったが、その2トップは浦和の遠藤-阿部コンビにプレッシャーをかけてくるわけではなかった。たまに40番小椋選手が焦れたのかプレッシャーをかけにくることもあったが、毎回というわけではなかった。

気温33℃という暑さもあって、流石に常時走り続けるのは無理だったのかも。

 

堀監督の浦和レッズは焦ってボールを前にすすめるということはしない。後ろで回して甲府が食いついてきたら剥がして前へ、という意識があったように見えた。GKの西川選手も使いながら、相手のプレッシャーをかわしてボールを前に丁寧に運んでいく。

 

ん?これって去年落ち着いて攻撃を組み立てていたときの浦和の戦い方ではないか。

安定感と守備にプライオリティを置いたとき、この戦い方がベター、という判断となったと思われる。 

 

サイド固める甲府をあざ笑うかのように、中央を縦に突破して柏木選手がセンスあふれるループシュートを決めて浦和が先制!

 

後半

前半の反省からか、甲府はギアを上げてきた。

後半早々何回かピンチを迎えるも甲府の精度のなさに助けられた浦和。

途中から興梠&武藤のシャドーで中盤での守備を強化することによって、何度かピンチの芽を事前に積むことができていた。守備への意識の高さが伺える。

今日はディフェンス陣も集中力が高く、大きなミスも見受けられなかった。この戦い方ができるのなら、しばらく安定するのかなという印象だ。

攻撃力の高いチームとの戦いでどうなるかとても楽しみ。

 

雑感

5バックで守るチームがサイドをケアする守備をしてきたら、なかなかサイドアタッカーが輝くというのは難しいと思う。関根選手のラストマッチではあったけどちょっと彼にとっては難しい試合だったのかなと。

しかし、それだけマークされる選手になったということでもある。海外でも頑張ってきてほしい。

菊池選手が勢いがあっていい感じなので、関根選手の穴を埋めるべく全力プレーを継続してほしいなと思う。

久々の無失点。継続していきましょう!

 

関根貴大選手 ブンデス2部のFCインゴルシュタット04へ移籍。どこにいてもその熱いプレーを。

いつかこの日が来るとは分かっていたけど。。。

 

関根貴大選手のブンデスリーガ2部のFCインゴルシュタット04への移籍が発表された。

今シーズン浦和レッズのメンバーが途中から軒並みコンディションを落とす中、彼はずっと戦える状態を維持していいプレーを続けていた。

今思えば、そもそも目指しているところが一人だけ違ったのかもしれない。

 

ゴールを取るために、サポーターのために、

熱いプレーを見せてくれた。

浦和のユースからトップチームに上がり、浦和レッズを代表するプレーヤーとして皆が認めるほどの男になった。

ボールを持つだけでスタジアムを沸かせることができる選手。彼の仕掛けにワクワクすることがもうできなくなるなんて。。

 

リーグ優勝やACLの優勝を一緒に獲りたかったけど、海外に行くならこれ以上遅くならない方がよいと思う。国内、アジアでは戦えることは分かっているから、関根選手のさらなる成長のためにも違う環境に身を置くべきと考える。

 

環境の変化というのは本当に大事で、分かっていてもその場に行かないと絶対に得られない経験もある。向こうで得るものはたくさんあるだろう。

 

 

プレーの幅も広げて欲しい

関根選手は元々中盤の選手。彼はシャドーでプレーすることも十分できたはず。

でもミシャさんのフォーメーションの中で任されたのはサイドアタッカーだった。持ち前の負けん気の強さ、ドリブルと思い切りのよいシュートを武器に浦和レッズの勝利に貢献し続けた。

そして90分アップダウンを続けるスタミナを身につけ、守備も向上させた。

でもそろそろ新しいポジションで幅を広げても良いのではないだろうか。

僕は彼には是非サイドではなく攻撃的MFで勝負して欲しいなと思っている。これといって誰のように、という手本はないけど誠に勝手ながら書きたいことを書かせていただくと、近いイメージでは元セレッソの森島選手 (体は大きくなくとも日本代表に入ってW杯で活躍するまで登りつめてくれることを夢見たい、という意味で)。

 

新天地では、どのポジションだろうと、とにかくまずはチームの勝利に貢献する必要がある。

そこからさらにいいポジションを取れるかどうかは自分次第。

期待していますよ、夢見させて下さい。

 

 

さぁ、旅立ちの時

可愛い子には旅をさせよ、

という言葉がある。

一度海外に出て、がっつり成長していつか浦和に戻ってきて欲しい。

そう、これは先行投資のようなもの(涙)

(勝手に浦和レッズ目線で書いているけど、僕らにとってはそれくらい愛すべき選手)

 

All the Best !

いってらっしゃいませ!