Urawa Reds Life

浦和レッズのある日常に感謝

クラブW杯準々決勝 浦和レッズ(A) vs アルジャジーラ(H) 悔しさとともに、学ぶべきことは何か。次に活かしてほしい

いよいよ浦和レッズの出番がきた。

UAEアブダビで開催されるクラブ・ワールドカップ。浦和レッズは開催国のアルジャジーラと戦う。この試合は全世界に放映されるとのこと。世界に浦和の名を轟かせてほしい。

 

スタメン

f:id:Yo-hei:20171210014416j:plain

浦和のフォーメーションはいつもと同じ。選手起用は若干違う。ACL決勝の優勝を決めた第2戦(ホーム)とほぼ同じで、唯一異なるのが長澤選手の代わりに39番の矢島慎也選手が入ったこと。

これは僕の見解なのだけど、堀監督は攻撃の形を作ることにトライしていると思われる。ACLはとにかく守備から入っていた。その戦い方では長澤選手が適任。

しかし、ディフェンスラインから攻撃を組み立てるには、それに適した選手が欲しい。柏木選手と矢島選手の共存、彼らをボランチとして使うのではなくあくまでインサイドハーフとして配置。そして守備時は青木選手がアンカーとしてゲームを締める。

来年はこの形?がメインとなるのだろうか。山田直輝選手も戻ってくるのでどうなのるのかとても楽しみである。

 

前半

結構ボールを持たせてもらえた浦和レッズ。

あんまりプレッシャーもきつくなかったのと、サイドに結構空いたスペースがあったので、そこを活用していく。

とくに右サイドの遠藤選手と武藤選手はポジショニングもよく、一本決定的なシーンもつくり出すことができていた。 

逆にラファエル選手サイドは、マリノス戦ほど宇賀神選手が上がるシーンがなかった。高木選手とラファエル選手によって戦い方が違うのか、ちょっと分からなかった。

結局、得点に至らず0-0で折り返す。 

 

後半

後半7分中央でボール保持され、浦和のCBの間にスルーパスを通されて失点。

攻撃的に行けば行くほどこういったリスクを伴う。

来年に向けていいレッスンになったんじゃないかなと思う。 

結局その後得点を取ることができず0-1で敗戦。

 

雑感

惜しいシーンはたくさんあった。失点シーンも選手の人数が足りなかったわけではない。

10回やったら半分以上勝てる相手だったと思うけど、一発勝負でアウェーという環境もあったのか勝ち切る強さがなかった。アルジャジーラが試合終了したときの喜びようを見れば、実力差があったことは相手も認めるところだっただろう。レッズを格下に見ていたならばあんなに喜ばなかったはずだ。

 

ACL、Jリーグ、天皇杯、ルヴァンカップ...どんな試合でも勝ち切る強さがない。

これは間違いなく今の浦和レッズの課題であり、解決しなければならない問題。

堀監督の手腕と、選手たちの奮起が問われる。

2018年シーズンへの課題を洗い出しながら、意味のあるシーズンオフを過ごしたい。

 

まだ試合が残っているので、しっかりと課題解決への意識を持ちながら戦ってほしい。

来シーズンを笑顔で過ごすために。

写真で振り返る2017年J1ホーム最終節 レッズのみなさん一年間お疲れ様でした

昨日は2017年のJ1リーグ最終節ということで、普段開催されないイベントもあり写真を多めに撮影した。

試合を見ての感想をかいた記事(以下)とは別に写真中心の記事もアップしたいと思う。

urawa-reds.hatenablog.jp

 

試合開始前の埼玉スタジアムの様子

f:id:Yo-hei:20171203101442j:plain

当日は快晴。

絶好の観戦日和だった。観客数は4万人ちょっとだったみたいだけど、外は結構賑やかだったかなと思う。

12月ではあったけど、日があたる場所はとても暖かくて過ごしやすかった。

 

ACL優勝トロフィー 

アジアチャンピオンズリーグを優勝し、その優勝トロフィー(レプリカ)展示も行われていた。

f:id:Yo-hei:20171203101611j:plain

 

しかしまさかの1時間待ち。1.5時間前くらいにはスタジアム周りに到着していたのだけど、60分は待てないなと思いあきらめた。。。並んでいる人たちの合間からチラッと見ることができたので、よかったかな。

f:id:Yo-hei:20171203102344j:plain

でもすごい人数が並んでいた。念願のACL優勝だったからね。

 

スタジアム試合開始前

MDPとスタジアム内をパシャリ。MDPはこの一年戦ってきた選手たちが表紙。色々あった1年だった。

f:id:Yo-hei:20171203102634j:plain

 

試合前、サポーターも応援の声量を高める。いつだって勝利がみたい。

f:id:Yo-hei:20171203180757j:plain

 

試合中

f:id:Yo-hei:20171203183124j:plain

選手達は相手を崩しながら得点を狙うという戦い方を体現していた。 

しかし残念ながらレッズは無得点のまま敗戦。惜しいシーンもあったんだけど。。。現地ではオフサイドだったかは判らなかったけど、興梠選手の得点が認めてもらえていればなぁ。。。

 

試合後のイベント

2017年のリーグ戦最終節ということで、社長の挨拶からイベントが始まった。

淵田社長あいさつ

f:id:Yo-hei:20171203181346j:plain

ACLは獲得したが、Jリーグでは振るわず来年のACL出場権を得られなかったこと、選手・多くの関係者・サポーターへの感謝を述べ、とても好感のもてる内容だった。ブーイングはなかったと思うし、みんなその通りだという想いがあったのかなと思う。

まだまだクラブ・ワールドカップもあるので、引き続き応援していきたい。

 

スタジアム一周

f:id:Yo-hei:20171203181658j:plain

選手たちは最後にスタジアムを一周。

FUJI XEROX SUPERCUP、ACL、Jリーグ、ルヴァン杯、天皇杯、ドルトムントとの試合やスルガ銀行チャンピオンシップ(シャペコエンセとの試合)等々、本当にたくさんの試合があった一年だった。

スルガ銀行チャンピオンシップも入れればACLと2冠。

一年間全力で戦い続けた選手達に拍手を! 

 

北スタンドはコレオで選手たちを迎える。

f:id:Yo-hei:20171203182138j:plain

PRIDE OF URAWAを胸に。選手たちをクラブワールドカップへ送り出す。

 

 

f:id:Yo-hei:20171203182314j:plain

俺たちに超えられない壁はない!新たな歴史を創ろうぜ浦和レッズ

 

Many Thanks. では!

J1リーグ第34節 浦和レッズ(H) vs 横浜F・マリノス(A) 来年へ向けての課題と対応策はクリアになった?

負けたら順位が落ちるかもしれないけど勝っても順位は上がらないし、モチベーションをどう保つべきか難しい試合。しかしホーム最終戦、クラブワールドカップに向けていい流れを作っていきたい。

スタメン

f:id:Yo-hei:20171202201652j:plain

宇賀神選手がスタメンでマウリシオ選手がサブだったのは不思議だった。試合を見てから理由は想像がついたけど、マウリシオ選手の現在の位置付けはどうなんだろう。

梅崎選手のスタメン復帰は嬉しい。あの切れ味をまた見たい。

 

前半

浦和はボールを保持しながら攻める、をトライしていた。ときにゴールキーパー西川選手に戻してやり直す。西川選手も安易に蹴飛ばさず近くの選手につなぐ。

ミシャさんスタイルに近かったけど違った。

僕には「柏木・矢島両ゲームメーカーを活かすスタイル」に見えた。

前半攻撃時は以下のように動いてたようにみえた。

f:id:Yo-hei:20171202204240j:plain

  • 両サイドバック(宇賀神選手・平川選手)が上がりサイドアタッカー(高木選手・梅崎選手)が中に入る
  • インサイドハーフ2人(柏木選手・矢島選手)は一列降りてゲームコントロール
  • アンカー青木選手は両センターバックの間に降りて、槙野-青木-阿部ラインで3枚で回す

そういうことか、宇賀神選手起用の理由は試合を見てわかった気がした。彼は攻撃に出て行くときのタイミングとポジショニングが抜群にうまい。高木選手とのコンビネーションも悪くない。これを活かしたかったものと思われる。

左からの攻撃が活性化していたのは理由があった。

 

なお、これはミシャさんのスタイルとは違う。ミシャさんは2シャドーに1トップの近くにいろ、降りてくるな、と言う監督だった。

堀監督は逆。2シャドーに降りさせてゲームメイクさせる。しかもその2人のポジショニングは変幻自在。そしてその2人はパスセンスのある柏木選手と矢島選手。

堀監督はこれをいつ思いついたのだろう。2人が効果的に共存する形。相手からしたらどっちを潰したらいいかわからないし自由に動かれるし、やりにくいに違いない。

サイドが空けばサイドバック敵陣深くまで入り込み、真ん中が空けばショート・ミドルパスでゴールに迫る。

攻撃の形ができていて、見ていて楽しかった前半だった。得点に至らなかったのが残念だったけど。

後半

後半8分、中央へのパスから素晴らしいゴールを決められ先制点を献上してしまう。

失点をしてからの浦和は、思い通りの崩しもあまり見られず。横浜がサイドをケアしていたのもあると思う。

ちょっと中央でのアイデアが足りなかったのかなと。

最後まで横浜の守備を崩せず無得点で敗戦。。。最終節負けてしまった。

 

雑感

得点力不足を露呈する形でシーズンを終えることとなってしまった。

誰かが興梠選手に近い位置にいてコンビネーションで崩す形は一切見られないし、サイドをゴリゴリ突破する関根選手と駒井選手という武器も使えなかった後半戦。

ACLはラファエル選手のスピードとカウンターでなんとか勝ちきった試合もあった。

 

しかし今日はサイドバックが高い位置をとって敵陣深くに入るシーンは作れていたし、柏木選手や矢島選手からのミドルパスで一発を狙うという形も何度もトライしていた。

堀監督は色々考えながらトライしている感じが見受けられるので、キャンプから指揮をとってもらって来年どんな戦いを見せてくれるのかとても楽しみ。

ACLで見せた守り、カウンター、そしてシーズン前半に見せた攻撃力。全てを同時に!は不可能なので、これらをどう組み合わせるのか。

 

今シーズンはまだ続く。クラブワールドカップがあるのだ。

引き続き頑張りましょう!

J1リーグ 第33節 浦和レッズ(H) vs 川崎(A) 攻撃の形と精度を取り戻すには時間がかかる?

ACLを優勝した浦和レッズは、未消化の第33節を戦う。

すでに上位を望めないこともあり、モチベーションの置き方が難しいところ。

しかし目の前の試合に勝つ、ということに変わりはない。出場する選手にはただ勝利のために戦ってほしい。

レッズが勝つか、引き分けると川崎フロンターレの優勝の可能性が消滅し、鹿島アントラーズの優勝が確定する。

 

スタメン

f:id:Yo-hei:20171129203134j:plain

レッズはスタメンを6人入れ替えてきた。個人的には梅崎選手のスタメンを見てみたいのだけど、そこは監督の決めるところ。武藤選手の疲労具合が気になる。

 

前半

レッズは前からプレッシャーをかけにいく。長澤選手はACLレベルのアタックをしかけ相手にプレッシャーをかける。

そしてファウルを取られる。むむ。。なかなかリズムが出ない。

やはり川崎フロンターレ、かわすのは本当にうまい。レッズは次第に前線からのプレッシャーを弱め、ブロックをしくようになっていた。

逆に川崎の守備強度も強くて、なかなかレッズの選手はパスを繋げない。守備時は4-4-2で守る川崎は小林選手と中村憲剛選手が浦和のセンターバックのビルドアップを自由にさせない。

レッズはサイドサイドへ逃げながら、時には中央を使う意識も見せていたけど、最後の精度が悪くて得点に至らず。サイド時々裏へのパスっていうのも悪くなかったんだけど。。。

レッズの失点は、サイドでの守備のミス的なところから上手くショートカウンターを決められてしまった形。さすが川崎といったところか。。。

 

後半

フロンターレも疲れが出たのか、前半ほど激しくチェックに来ない。

これによりレッズはボールを回せるようになる。

とくに大きかったのは、両サイドバックを高い位置に置けるようになったこと。

菊池選手と森脇選手は持ち前の前への推進力で高い位置での攻撃の組み立てに参加する。サイドから崩すシーンが増える。

きっとこれが本来やりたいサッカーなのかもしれない。しかし、シュートまで行けるも得点に至らず。 

川崎も攻撃時には両サイドバックが上がる。その裏をズラタン選手がよく使っていて、いくつかチャンスもあった。しかし。。。

ACLはとにかく必至に守ってカウンター(ロング&ショート)だった。久々に攻撃を自分たちで組み立てることになって、ちょっと感覚とか精度とかが戻らなかったのだろうか。。。もっとできるメンバーかなと思う。

 

来年に向けて、攻撃の精度が重要になってくるのかなと思いました。

ワントップツーシャドーの基本はやっぱり興梠選手、長澤選手(or武藤選手)、柏木選手かなぁ。

次節は最終節。来年への手がかりも掴みつつ勝って締めくくってほしい!

 

 

ACL決勝2ndレグ 浦和レッズ(H) vs アル・ヒラル(A) 選手たちの頑張り、レッズの関わる人達の努力に拍手。歴史を作った浦和レッズ!

ついにACL王者を決める試合がやってきた。

浦和レッズはアウェーで貴重なアウェーゴールを決めて引き分けてきた。今日はホーム。大変なプレッシャーの中でのプレーになるが、ここまで来たからには絶対に勝ち取りたい。

なお、幾度となくチケット確保のためにトライしたが結局手に入れることはできなかった。残念すぎる。他の試合はいつも余っているというのに・・・

 

スタメン

f:id:Yo-hei:20171125204346j:plain

浦和は1stレグとと同じメンバー。マウリシオ選手がセンターバックで槙野選手をサイドバックの方が固いと思ったけど。きっと堀監督には何か考えがあってのことだったんだろう。

アル・ヒラルは前節ケガで途中交代した3番カルロス選手のみ変更となっている。

 

前半

アルヒラルの足元にことごとく引っかかる浦和のパス

前回戦っているのだけど、どこか感覚が合わないのか。

相手のプレッシャーがよほど鋭かったのか、とにかくボールをつなげない。

西川選手に戻した時にほとんどロングボールを選択していたところを見ると、とにかくセーフティファーストでプレーしようとしていたと思われる。

 

守備の集中力はすさまじく、チャンスらしいチャンスはあまり与えてなかった。 

後半

後半レッズが巻きかえすかと思ったが、0失点に抑えれば優勝のレッズはやはり守備重視。

途中で宇賀神選手を変え、マウリシオ選手を投入。

ラファエル選手をトップにおいて興梠選手を左サイドアタッカーへ。興梠選手は守備に走り安定感を与えてくれた。

とにかく浦和は次から次へと守備の選手が飛び出してピンチの芽をつむ。中盤が戻れず空いてきてヤバいな、と思っていたさなか、アルヒラルの選手が1人退場!運も味方だ。

そうここはホーム。

終盤に、ラファエル選手が抜け出して先制ゴールを決めて最高の盛り上がりを見せる。

アルヒラルの選手は心が折れたように見えたし、浦和の選手は浮き足立つことなく時間を上手く使っていた。

ここまでの激戦を経て、間違いなくチームは成長していて、文句なく僕らの浦和レッズは強くて、アジアで戦う力があることを証明した。

 

最後の笛が鳴り、優勝が決定!!

阿部キャプテンの表情が印象的だった。ありがとう、キャプテン。

そして選手の皆さんお疲れ様でした。

今シーズン色々あったけど、頑張っていればいつか報われる、と勇気をもらった。

 

つらいこともあるのだけど、こういう最高の瞬間もある。

この振れ幅の大きさが浦和レッズから離れられない理由なのかもしれない。

ACL優勝ですよ!

選手たちは自信をもって胸張ってプレーしてほしいし、サポーターも誇りを持って応援していこう。

 

今日をきっかけにサポーターが増え、さらに強くなり、レッズがますます素晴らしいクラブになりますように。

 

やったぜー!

 

ACL決勝1stレグ 浦和レッズ(A) vs アル・ヒラル(H) 守備の頑張り、ホームへつながる熱い戦いに感謝!

いよいよたどり着いたACL決勝の舞台。絶対に勝ち取りたいACL優勝。

アウェーの1stレグは超重要だ。アウェーの難しさがあるのは間違いないが、気持ちで負けないでほしい。

スタメン

f:id:Yo-hei:20171119013556j:plain

浦和レッズはマウリシオ選手が出場停止のため、槙野選手がセンターバックで宇賀神選手が左サイドバック。

実はこのフォーメーションJ1リーグ第31節の広島戦と同じ。ポジションから選手起用まで全く同じ。

urawa-reds.hatenablog.jp

つまり、堀監督はACLを見越しての選手起用をしていたことになる。今シーズン途中からは「全てはACLのために」だったのかも。

アル・ヒラルの選手のことは全然わからないけど、サウジアラビアの代表選手が沢山いるらしい。 

前半

インテンシティ高く入った前半のはじめ。選手たちの気合が伝わってくる。

前半7分、レッズは左サイドアタッカーに入ったラファエル・シルバ選手が自陣からドリブルで持ち上がり、得意のスピードでゴール前まで侵入。

クロスを相手ディフェンスが中途半端なクリアしたボールをラファエル選手が決めて先制点!

その後は防戦一方の浦和レッズ。。

アル・ヒラルは右サイドから、つまり浦和の宇賀神選手のサイドをひたすら狙っていた。

・・・そう、ラファエル選手は守備をしないことがバレている!

しかしそこは浦和も知っていてのラファエル選手起用。実際カウンターから得点を決めている。

 

前半37分残念ながら浦和の失点シーンはやはり浦和の左サイドを崩されてから。

宇賀神選手も頑張って競っていたが、中盤からのミドルパスを中央に折り返されてしまう。中央でのボールの動きがある中で守りきれず失点。。1-1に。

ロスタイムに待ってましたのラファエル選手の突破からカウンターというシーンがあったが、足元へのタックルで止められてしまい前半終了。

レッズ左サイドの特徴が大きく結果に表れた前半だったかと思う。

 

後半

後半開始選手交代はなし。左サイドは若干の修正を加えたらしい

しかし、攻撃時にラファエル選手が負傷。次節への影響が気になるところ。

後半20' ラファエル・シルバ-->ズラタン

 

途中から明らかに動きが悪くなったアル・ヒラル。浦和はボールをつなぐことができるようになり、得点に繋げられそうなチャンスもあったが精度が悪く決定的な場面には至らなかった。

しかし、守備での頑張りがすごい、気持ちが全面に出てゴールを割らせない。

最後まで粘って1-1の同点。アウェーゴールを持ち帰っての引き分けは素晴らしい結果!特に西川選手は決定機を何回も防いでくれた。

雑感

アル・ヒラルが90分もたなかったというのは、たまたまなのか毎回なのか。毎回なのであれば、ホーム埼スタでは前半から追いかけ回して欲しい。レッズなら絶対に走り勝てる。

今日はアル・ヒラルの最終列へは強くプレッシャーをかけずに自陣を固めてカウンターというスタイルだったけど、ホームでは強気で戦ってほしいなと思う。

失点を重ねれば難しい試合になってしまうので、堀監督は今まで通りバランスを重視するだろう。点を取るための守備をよろしくお願いしたい。

阿部キャプテンも試合後コメントしていたが、次勝ったほうが優勝。0-0で守りきればアウェーゴール差で...なんて思わずに、攻めて点をとって優勝を決めたい。

 

とにかくレッズの選手の皆さん今日はお疲れ様でした!気をつけて帰国してください。

 

11月上旬の有料会員向けチケット販売開始時間に、パソコンの前で準備までしたのだけど、ホームゲームのチケットはゲットできなかった、本当に残念。。。

うおースタジアムで観戦したい!

J1リーグ 第32節 浦和レッズ(A) vs 鹿島(H) この悔しさは絶対に忘れないでほしい

Jリーグ優勝に向かって、突き進んでいる鹿島アントラーズ。思えば春先に大宮・鹿島に負けてからレッズの苦しいシーズンが始まった気もする。

オーソドックスな4-4-2システムに強かったミシャさんスタイル時代には、あまり苦手な印象はなかったのだけれど、やはり去年末にリーグ優勝をかけた試合で負けたこと、今シーズンのホームの試合で負けたことから、流れはとても悪い。

なんとかこの嫌な雰囲気を払拭してほしい一戦。

 

スタメン

f:id:Yo-hei:20171105180748j:plain

浦和はマウリシオ選手が復帰。これはACL第2戦を見越してのことか。

長澤選手はファーストチョイスになりつつある。また、ラファエル・シルバ選手の左サイドも最近はまってきていて、オプションの一つとなっている。その他はココ最近いつものメンバー。

 

試合

終始堅い試合となった。

鹿島は勝ち点1ずつでも積めば有利な状況。浦和は優勝争いからもACL争いからも離れ、がっつり行く感じもなかったかなと。

鹿島の守備はとてもうまくて、レッズはGKからボールを前に運ぶことがなかなかできなかった。もう少し裏を狙ってもよいかなとも思ったけど、最終列でもあまり自由にボールを持たせてもらえなかったので、それも出来なかったのかなと。

僕は5トップを作って押し込んでみたらどうなったのか見てみたかったけど、シャドー(柏木・長澤選手)が降りてゲームを作るというスタイルがメインで、興梠選手までボールが渡ることもほとんどなかった。

一方、鹿島にもあまり決定的な場面は作らせず、なんとか守れていた。

失点したシーンではGK西川選手からのロングキックを跳ね返され、そのままカウンター。柏木選手も戻りきれず、上手く決められてしまったという形。

少ないチャンスで決める、というのは強いチームの証。浦和はそれができなかった。結局0-1で敗戦。

Jリーグで残る相手は川崎フロンターレと横浜F・マリノス。強さを見せて欲しい。ACLは決勝まで進んでいる強さがあるのだから。

 

今シーズン鹿島アントラーズに2敗。そう言えば天皇杯でも負けている。こんなに悔しいことはないはず。

何が足りなかったのか真剣に考えて、来年に向けて絶対に実力を上げてほしい。

頼むぜ。