Urawa Reds Life

浦和レッズのある日常に感謝

J1リーグ 第14節 浦和レッズ(H) vs サガン鳥栖(A) 得点が欲しい。得点が。

中断期間まで残り数試合。どちらも勢いをつけてなんとか中断前の連戦を乗り切りたい。まだまだシーズンは半分も経過していない。

スタメン

f:id:Yo-hei:20180513215726j:plain

レッズは鹿島アントラーズ戦とまったく同じスタメン。

現在オリヴェイラ監督の中でのベストメンバーはある程度固まっている模様。だだし、4-4-2システムにするとどうなるのかは大変気になる。

 

試合

鳥栖はレッズの3バックに2トップがプレッシャーをかけていた。レッズは常に両ストッパー(槙野・遠藤航)のどちらか1人が空く。

2人とも1人でドリブルで前に運びながらパスを供給できるのでレッズは常に相手コートで試合を展開。前線の人数も多いままのため。

サイド・中央・サイドと展開しチャンスをつくる。

一方、鳥栖の3バックに対して浦和レッズも同様に2トップでプレッシャーをかけていた。ただ鳥栖の両ストッパーは自分で持ち上がらず、降りてきた誰かにショートパスでつなぐことが多い。したがって高い位置の人数が減る。そこからの展開がうまくいかずボールを失うシーンが多発。

両センターバックの質が試合を大きく左右していたように思う。

 

柏木選手は今のポジションの方が活きている。機を見て飛び出しゴール前に顔を出す。守備のときは3ボランチ気味に戻る。こんなプレーを90分継続できるのは彼くらいかもしれない。

長澤選手もタフで、中央のアンカー青木選手も試合をコントロールする。この中盤3人は今は変えがきかないということかなと思う。

 

レッズは試合を支配しつづけるもついに得点に至ることはなかった。

悪い内容じゃなかっただけに悔しさが残る0-0の引き分け。

 

雑感

なんと記事のタイトルの後ろが前節と全く同じという結果になってしまった。

点が取れない。惜しいところまではいく。

もうこれはケチャップドバドバを待つしかないのか。それとも何か致命的な問題があるのか。僕はブーイングするほどひどい試合だったとは思わない。10回やったら半分以上勝てる内容。守備も固かった。

選手のみなさんには自信を持って戦いつづけてほしい。前を向いている限り絶対にいつか上向くはずだから。

J1リーグ 第13節 浦和レッズ(A) vs 鹿島(H) 得点が欲しい。得点が。

オリヴェイラ監督就任後初の鹿島アントラーズ戦。

ただでさえいつも熱くなる試合だが、ますます勝ちたい一戦である。

 

スタメン

f:id:Yo-hei:20180505180428j:plain

 前節僕はダブルボランチの絵を書いていたが、実際は1アンカーの2シャドー&2トップだった。すいません。最近のレッズはこのフォーメーションを基本としている。

守備時は2シャドーが降りて5-3-2で守り、攻撃時は3バックが広く並び、一列前に青木選手。2トップとサイドアタッカー2人とともに2シャドーも高い位置を取り、誰かが降りながら攻撃を組み立てている。

 

試合

負けられない両者はインテンシティ高くゲームに入る。

PKのシーンはアウェーだししょうがないかなという印象だった。

PK以外も厳しくいくところはかなりファールを取られていたし、ちょっと軽率だったかなという感じもなくはない。ただ、完全に崩されてしまったシーンはなかったし、レッズは落ち着いて攻めていて、大崩しない感じがでていて安心できる前半。

後半のためにパワーをためていたんじゃないかと僕は推測した。

後半レッズは攻め立てる時間はあるものの、いまいち精度が悪くて得点に至らない。シュートも後半何本もなかったと思う。

ミドルシュート決めるシーンが最近特に減ったかな。昔は数試合に1本誰かが決めてくれていたんだけれど。

マルティノス選手も李選手も今の戦い方だとあまり活きない。ズラタン選手は2トップに入ったら結構イケると思うんだけどなぁ。

雑感

オリヴェイラ監督になってから中央の守備が固く、中央から崩されるシーンが減った。得点さえ取れるようになったら勝ち点を積み上げられると思う。

前節も、アンカーの青木選手にあまりサイドまでついていくなという指示があったらしいが、守備のバランスを意識してポジショニングを取るタイプなのかも。

そういえば自分のポジションを逸脱して走りまくった山田直輝選手は前半で変えられてしまった試合以降チャンスをもらっていない気がする。

攻撃については、今はミシャさん時代とも違うやり方をしているので、誰がどこにいるのかわからないのか、最後のところ中央でパスが繋がらない。大槻監督のほうが昔の通りの攻撃をさせていた気がするかな。

一方、4バックの相手に対してサイドアタッカーがふたりとも高い位置を取り、ロングパスでサイドチェンジ、からのサイドアタックという手法が復活している。確か堀さんはあまりこれをやらなかったと記憶している。

オリヴェイラ監督に変わってから連戦であまり練習できていないはずなので、今後どうなっていくのか楽しみである。

とにかく守備に安定感と粘りがでてきたのはステキ。夏場も走りきってほしい。

とにかく得点がないのは苦しい。惜しいシーンはあるからあとは攻撃の選手の1プレー1プレーにかかっている。

 

なお、鹿島に負けたのは大変悔しい。

これからレッズが巻き返してくれることを信じている。

J1リーグ 第12節 浦和レッズ(A) vs 川崎(H) ナバウト選手の前への推進力。監督の出す推進力。

連敗中のレッズはココにきて強敵川崎フロンターレとアウェーで戦う。

状況はかなり厳しいがなんとか勝ち点を積みあげないと。

スタメン

f:id:Yo-hei:20180502213848j:plain

川崎は昨年後半に戦ったときと同じスタメン。

優勝したメンバー、同じフォーメーション、強いに決まっているが、それでもサッカーは上手くいかないことを昨年の浦和レッズがよく証明している。

レッズにはひるむことなく勝つために戦ってほしい

レッズはナバウト選手がついにスタメン。 

前半

ボールが落ち着かない中、どちらかというと川崎がパスをつないでレッズを崩しにかかる。

レッズは縦パスの意識が強くて、ゴールに向かう迫力があった。

そんな中先制点はレッズ。ボールが行ったり来たりする中で宇賀神選手が縦に抜けてクロス。それを興梠選手がしっかり決めてゴール!

川崎は得意のパス回しを見せるも、レッズは最後のところを自由にさせない。いい時の守備が戻ってきた気がする。

崩されちゃっても最後のところで粘るよっていう。

 

今日の宇賀神選手はミドルエリアでいい形を持って仕掛けたりミドルを打ったり。なかなか効いていた。

最後のシュートが毎回上手くいってないじゃないかと思う人がいるかもしれないが、いつもいい位置にいるのが宇賀神選手。だから惜しいシーンが目立つ。

チャンスに毎回顔を出すポジショニング、最後の精度が上がったらまじすごい選手になるんじゃないか。

後半

後半もレッズはボールを持ったときにシンプルに縦に行く意識がいい。

2点目も橋岡選手からパスが出て、ナバウト選手が縦に走って興梠選手のゴールにつなげた。ナバウト選手の突進力が生きたシーンだったと思う。

彼の突進力は相手ゴールキーパーのレッドカードまで誘う。

最後までレッズは相手を自由にさせず、2-0で試合をしめた。 

雑感

相手が10人になっても相手を追い込み続けるところは素晴らしかった。どうやらオリヴェイラ監督の指示によるところもあるらしい。

こういう戦う姿勢が大槻監督就任から戻ってきた。

オリヴェイラ監督も戦う姿勢を継続してくれるみたいなので、大変楽しみだ。

負けても戦う姿勢を見せてくれると、こちらも応援したくなる。疲れていたり、ネガティブになったり、選手も人間だから難しいと思うのだけど、そこを前を向かせて戦う集団をつくるのが監督なのかなぁと。

オリヴェイラ監督、よろしくお願いいたします。

J1リーグ 第11節 浦和レッズ(H) vs 湘南(A) かみあわない浦和レッズ。今年1年どうやって凌ぐのか

オリヴェイラ監督の初戦は0-1での敗戦。

今節はなんとか勝ちたいのだが、今節は良いサッカーをする湘南が相手。山田直輝選手と梅崎選手は何を思う。

もう少し遡れば、菊池選手も遠藤航選手も湘南出身。熱い試合を期待したい。

スタメン

f:id:Yo-hei:20180428170519j:plain

3バックで1アンカーの阿部選手。

守備時は柏木選手と山田直輝選手が降りて3ボランチ気味のイメージなのか?

湘南とミラーゲームを行うためにこうしたのかは不明。とにかく見慣れないポジショニング。

前後半

前半の決定機のシーンで山田直輝選手が決められなかったのが今日の一番のハイライトだと思う。

勝つために走っていたと思うし、後半湘南のプレッシャーが弱まってからは浦和が一方的に攻めていた。惜しいシーンもあったしあと一歩のクオリティが足りなくてゴールに迫れなかったけど、10回やって1回も勝てないという内容じゃなかった。

最後まで点を取れず、0-1で敗戦。

雑感

浦和レッズが自分たちの実力を信じて、戦う日はいつくるだろうか。

2年前は本当に強くて、いつでも点を取れる自信をみんなもっていて、だから常に落ち着いて戦うことができていた。今はどこが相手でも余裕がないなぁという感じ。

選手はあんまり変わっていないんだけど。

鹿島さんもガンバさんも調子があがっていないし、改めてJリーグは難しいんだなぁと思う。

 

1アンカーを試してはみているけれど、コロコロ戦い方変えてもうまくいかないものなのだろう。

ボランチの人数はそろっているのでどうにかなるとして、そもそもこのフォーメーションで戦うなら、サイドアタッカーができる梅崎選手も高木選手も駒井選手も必要だった。でも移籍してしまった。

堀さんが監督になって4バックと1トップ・2ウィングをやるつもりだったのだろう。

マルティノス選手はそのために獲得したんだと思う。高木選手はきっと左アタッカー候補だったはず。でも移籍してしまって、サイドのウィングのポジションには合わない武藤選手が使われて、結局噛み合わなかった。

堀さんがいなくなって、マルティノス選手はめっきり出場機会を失った。レッズにとっても本人にとっても、現時点では不幸な移籍になってしまっている。

 

大槻監督になって、橋岡選手の右サイドアタッカーが開花した。でも菊池選手はやっぱりスタメン張れる結果は出せていないと思う。けれども人がいなくて使わざるをえない。今のサッカーをするためのメンバーはそろっていない。

 

とにかく、フロントと監督と選手構成と戦術と、色々かみ合っていない。

 

オリヴェイラ監督は今のメンバーでどのようなサッカーを思い描くか。彼のやりたいサッカーに合う選手はそろっているか。

W杯による中断期間中にどこまでリカバーできるのか。それまでどうやって凌ぐのか。

しばらくレッズは苦しい時間を過ごすことになるかもしれない。

J1リーグ 第9節 浦和レッズ(H) vs コンサドーレ札幌(A) いろいろな感情が入る試合だった。選手の戦いも素晴らしかった

ミシャさんが札幌の監督として埼玉スタジアムに戻ってきた。

一年前誰がこんな状況を予想できただろう。

当時レッズは点を取りまくり、ハーフコートゲームというコンセプトを掲げて相手を圧倒していた。ところが歯車が途中からかみ合わずに敗戦を続け。。。

札幌は現在勝ち点14、レッズは11。因縁の対決とも言えるだろうが、それをおいてもリーグ上位を目指す上で重要なゲーム。

ホームのレッズは絶対に勝ちたい。

スタメン

f:id:Yo-hei:20180421201840j:plain

宇賀神選手がスタメン復帰。

興梠、武藤、柏木トリオは守備に攻撃に走れるので外せない。橋岡選手も守備に安定をもたらしているので外せない、といった感じだろうか。

ボランチは長澤選手と遠藤選手。阿部選手がリベロで岩波選手は右ストッパーという配置。

レッズはスタメン全員日本人で、外国人助っ人をあんまり活かせていないなぁという印象。

札幌はやはり3-4-2-1のミシャさんがスタイル。

実は昨年7月に戦ったときとあんまりフォーメーションは変わっていない。左サイドもほとんど同じ選手。最初からミシャさんに目をつけてそこに向けて戦っていたのかのようである。

前後半

今日はずっと見入っていたので簡単なメモを。

レッズは1トップ2シャドーで戦う時間が多かったと思う。

前半15分の橋岡選手のダイレクトクロスはとてもセンスを感じさせる。彼はいつも考えながらプレーしてる感じがあって、改めて将来に期待。今日も守備が良かったし。19歳とは思えん。

レッズはゴール前に迫るシーン多数。得点の匂いはプンプンしていた。

一方札幌も都倉選手は相変わらず強いし三好選手とチャナティップ選手のシャドーは驚異。

特に三好選手は細かいタッチでのスピードあるドリブルが脅威で何度もレッズのボランチと最終列の間に突入してきた。

ミドルシュートも強烈。

いい選手だなぁ。ミシャさんが好きそう。

結構ゴール前に迫るシーンは多くて1点くらい入ってもいいかなという感じだったけど両者無得点で試合終了。

でも全ての選手が戦っていて見ていてストレスのない試合だった。

こういう試合ばかりだったらお客さんも集まるんじゃないかなと思う。

おわりに

大槻監督が指揮を取るのは今日の試合まで。次のオリヴェイラ監督にバトンタッチとなる。

大槻監督は戦う・走るというとても大切なことを思い出させてくれた。

オールバックで強面だけど暖かい、そんなステキなイメージを残しつつ、リーグ戦3勝1分という成績で締めてくれたのは感謝しかない。引き続きレッズに貢献していただければ幸いです。

大槻監督、あざした!!

J1リーグ 第8節 浦和レッズ(H) vs 清水エスパルス(A) 前半勝負。後半の戦い方は課題。でも勢いを感じる。橋岡選手はスタジアムを沸かす選手になるか

2連勝と勢いに乗る浦和レッズ。

ここ最近調子の上がらない清水エスパルス。

大槻監督のオーラがレッズの選手たちやサポーターの雰囲気を変えている気がする。暫定監督という位置付けだが、今日も勝利のために戦ってほしい。

スタメン

f:id:Yo-hei:20180415184717j:plain

メインメンバーは固まってきたか。スタメン上、1トップ2シャドーで記載してみたけど、実際は2トップ1トップ下といった感じだった。

橋岡選手は期待されている模様。今日はどのようなプレーを見せてくれるのか。

 

前半

レッズは前半からとばす。

作戦はガンガンいこうぜ!だったに違いない。

両サイドの菊地選手と橋岡選手は守備に攻撃に走る。

選手は距離感を近く保ちテンポのよいパス回しで相手ゴールに迫る。

過密日程で90分持たないんじゃないかという走りだが、大槻監督から、走れねーやつはスタメンにしねぇぞ、的な怖いメッセージもあるのかも。。。。

前半23分、相手に考える時間を与えない早いパス回しから菊地選手がシンプルにクロス。興梠選手が抜群のタイミングで飛び込み先制!

前半29分、今度は自分だとばかりに橋岡選手が縦に走る。

縦に走る。

スピードで相手を振り切ってクロス。興梠選手の相手ディフェンスを惑わす動き出しは相変わらず素晴らしく、見事なヘッドで2点目。

あのタイミングで後ろからのパスを前向きにトラップして縦に突破を図る姿勢に可能性を感じる。橋岡選手、これはレッズから素晴らしいサイドアタッカーが生まれるかもしれない。

清水はボールの取り所を見つけられず途中から若干諦め気味で、レッズはパス回しにて時間を使うことにも成功。

今日の展開で後半どこまで体力が持つのか?が気になるところ。

後半

案の定レッズは前半のようなプレーができなくなる。

予想通りといえば予想通りで、前半の戦いを後半できるだけ後ろの方までできるようになると強さに安定感が出そう。

失点してからもラインが下がり、やばいシーンもあったものの勝利の女神はレッズにほほえむ。

3連勝。持ち直してきたぞ。

 

雑感 

橋岡選手はサイドとしては背もあるので(182cm)、ロングボールのターゲットとしても機能していた。

相手の前に体を入れてマイボールにするのも上手いし、あのプレーが強い相手にもコンスタントにできるならスタメンキープできるはず。

 

ナバウト選手はもう何試合もやっているけど、合わない。一生懸命やってるんだけど。。。李選手やズラタン選手の方が今は結果につながりそうかな。といった感じ。

柏木選手もパスの出しどころに困っているようで、チグハグなシーンを何度も見てきた。スペースが前にあるときはズラタン選手の方が合いそうだけど、さぁ今後どうなるだろうか。

J1リーグ 第7節 浦和レッズ(A) vs ヴィッセル神戸(H) 熱い試合を見たかった、それを思い出させてくれた選手のみなさんに感謝

前節のシーズン初勝利の勢いに乗ったまま、上位に食い込みたいレッズ。ポドルスキ・ウェリントンと強力助っ人のいる神戸から勝利をもぎ取りたい。

スタメン

f:id:Yo-hei:20180411212505j:plain

スタメンの2トップとトップ下はそのまま同じメンバー。

橋岡選手と岩波選手がスタメンに名を連ね、大槻監督の色が出ている。

 

試合 

今日は後半からの観戦。

前半は武藤選手のゴールで先制し、1-0で折り返した。

しかし後半5’コーナーキックから失点。セットプレーでの失点は避けたいが。。。

大槻監督は選手交代でポジションをチェンジしながら試合をすすめる。

後半11分、菊池選手 OUT、ナバウト選手がIN。武藤選手がサイドに回る

レッズは押されっぱなしの状況になり、38番佐々木選手に見事なゴールを決められてしまう。

後半22分、青木選手—>柴戸選手

橋岡選手が右ストッパーにおり、遠藤選手がボランチへ。柴戸選手は右サイドアタッカーに配置される。

これはなかなか効いたと思う。柴戸選手は高い守備の強度でサイドだけではなく中央まで顔を出しチームを救っていた。

そんな流れから、後半27分、岩波選手がコーナーキックからゴール。同点に追いつく。ファーに送って折り返しかと思いきやベストな軌道を描いてゴールに吸い込まれた。

レッズは息を吹き返して攻め返す。左サイドアタッカーに移った武藤選手の守備と攻撃の頑張りが目立つ。

そして武藤選手が上がって得たコーナーからマウリシオ選手が逆転ゴール!3-2で勝利!

 

おわりに

レッズの選手は勝つために走っていた。途中シンドい時間もあったけど、諦めないで戦い続けていた。監督も勝つ気を全面に出しながら指示をだしていた。

逆転ゴールを決めた後のみんなの熱いリアクションが胸を熱くさせてくれる。後半の内容は褒められるものではないけれど、熱いプレーを見たくてレッズを応援しているということを思い出させてくれた試合。

いやはや、サッカーを観る楽しさを久々に教わった感じ。

レッズは大事なものを取り戻したかもしれない。