Urawa Reds Life

浦和レッズのある日常に感謝

J1リーグ 第15節 浦和レッズ(H) vs ジュビロ磐田(A) チームに活を入れられるのは誰?

日本代表のW杯予選の試合を挟んだため、少しだけ久しぶりのJリーグ

浦和レッズからは遠藤航選手がボランチとして出場、槙野選手と宇賀神選手は残念ながら出番なし、といったところであった。強烈に暑いアウェーの環境から帰国した影響はあるのだろうか。

 

スタメン

f:id:Yo-hei:20170618225306j:plain

ジュビロ中村俊輔選手が欠場。

浦和はいつものメンバーでのぞむ。ラファエル選手は復帰しサブメンバーに入った。

 

前半

ジュビロは陣形をコンパクトに保ちながら、浦和レッズの前線への自由を奪いコンビネーションを発動させないようにしていた。

特に興梠選手へのマークがきつく、そこからのチャンスはあまり生み出せなかった浦和。

 

ハーフコートゲームを掲げていた浦和レッズも、夏はさすがに無理なのか、なんだかんだで疲れがたまっていてボールを奪うキレがないのか、ジュビロに結構ボールを持たれていた。

 

両チームのゴールはセットプレーから生まれたもの。前半は1-1で折り返し。 

 

後半

浦和がギアを上げる。

前線がジュビロのボールホルダーにプレッシャーをかけ始める。

 

そんな中、興梠選手のポストプレーから阿部選手が抜け出しゴール! 

前半は力を温存しておいて後半にかけるつもりだったのか(陵南戦の流川のように)、なんて感心していたら、まさかの失点を繰り返し2-4で逆転負け。 。。

 

雑感

闘莉王やポンテがいたら、試合中にチームを叱咤激励してくれただろうか、なんて考えてしまった。

大事なところで柏木選手のパスミスからカウンターで得点を決められてしまったし、西川選手も判断ミスもあった。チームを鼓舞すべき選手が大事なところでミスをしてしまうと非常に苦しい。

チームに活を入れられる選手は誰?

 

ところで興梠選手のキープ力は後半特に神がかっていた。1人やっぱり次元が違う感じ。彼は今のチームの状態をどう思っているのだろう。

まだJ1リーグは前半戦、調子を上げればまだまだ追いつける。

J1リーグ 第14節 浦和レッズ(A) vs 柏(H) 走り続けた柏にあっぱれをあげるしかないのか

ACLの厳しい戦いを延長戦の末に乗り越えてベスト8まで進んだ浦和レッズ。体力的にはかなり厳しいと思うが、気持ちは乗っているに違いない。

 

一方、目下絶好調の柏レイソル。勢いに乗った相手に対し、浦和はアウェーでどのような戦い方で望むのか。他チームの勝ち点の状況を見るに、なんとか勝利をもぎ取りたい重要な一戦。

 

スタメン

f:id:Yo-hei:20170604212806j:plain

浦和は基本いつものメンバーだが、左シャドーに高木選手を選択。昨年も後半スタメンで出ていたので、ミシャ監督の期待がうかがえる。

 

前半

柏はゲームの入りから浦和の最終ライン(GK西川含む)に厳しいプレッシャーをかけて来た。

全くビルドアップをさせてもらえないレッズ。

西川選手にボールを戻しても近くにパスを出せる場所がないので、どうしてもロングボールが多くなる。興梠選手の驚異のキープ力と前を向く技術でそれでもチャンスを作っていく浦和。

 

しかし、執拗にプレスをかけてくる柏の勢いに負け、ボールをゆっくり回せず柏のボール保持時間が長くなっていく。

柏の方が何回かフリックやスルーを使って浦和のワントップツーシャドーのよく見せるコンビネーションを見せたことには驚かされた。浦和の得意とするプレーまで柏にやられてしまった感がある。

柏のゴールシーンは、左右に振られてゴール前のマークが甘くなったところをやられてしまったもの。

 

後半

後半も基本的なペースは変わらない。

正直柏は後半落ちてくると思ったのだけど、1-0で勝てるという気持ちとホームというところが柏の選手を走らせ続けたのかもしれない。

興梠選手がPKを決めていたら、といったところはあるけれでも、正直今日は浦和が負けていた(そうは言ってもチャンスは作れていたし、相手GKのファインセーブがなければ浦和が勝っていた可能性もある)。やっぱりACLと並行して戦うのは容易じゃない。万全の状態で戦うことができたなら浦和はもっと戦えたと思う。

 

勢いのある柏に勝ち点3を与えてしまったこと、ここ最近勝ち点を積めていないこと、本当に痛い敗戦となった。こういう試合でも少なくとも引き分けにできるチャンスはあっただけに悔しい。

 

雑感

柏のGK中村航輔は日本代表にも選ばれているけど、本当に素晴らしい。安定感あるし、ゴールを守っている気迫というか自信というか、オーラをまとっている感じ。

僕が彼を初めて見たのは、2015年アビスパ福岡のGKとして昇格を決める試合のとき。当時20歳だったと思うけど、すでにオーラをまとっていた。

いつか大物になるなと思っていたけど、22歳にして代表に選ばれた。敵チームの選手ながら、将来が楽しみではある。

 

宇賀神 友弥選手の代表入り。どんな選手かと聞かれたら

浦和レッズから日本代表に選ばれた宇賀神選手について思うことを書きたい。

 

彼のメインポジションは左サイドアタッカー。攻撃では最前線まで上がり、守備では最終列まで下がる。攻撃&守備力とともに運動量が要求される。

また、浦和でストッパーを務める森脇選手や槙野選手が欠場する際にそのポジションを埋めることも多く、守備に対するミシャ監督の信頼も厚いようだ。

 

代表によく選ばれる選手には目立つ武器があると思う(マスコミのみなさんも特集しやすいだろう)。

  • DF槙野選手の対人の強さ
  • MF柏木選手の視野の広さと展開力。そしてそれを支える精度の高い左足
  • GK西川選手のキック精度

今回選ばれなかった選手もいるけど、怪我なくいい調子を維持できれば代表に入れると信じている。

 

宇賀神選手の武器はなんだろうか?

特別なキックがあるわけでもなく、圧倒的なドリブルも持っていないし高さもない。

ももう何年も浦和レッズのレギュラーを張っている。切れ味鋭いドリブルを持っている駒井選手もレギュラーを奪いきれていない。

 

ずっと浦和レッズを見てきている僕から見て、彼の良さは次の通り。

  • バランスの良さ(攻撃・守備・運動量)
  • 敵も味方もよく見ていて、監督の戦術を理解しながら味方を活かせるプレーやポジショニングができること。
  • そして味方への指示ができること 

試合をずっと見ていても、ものすごく目立つということは少ないかもしれない。でも彼がいるからこそ活きる選手がいる。

原口元気選手(現ヘルタベルリン)がレッズで活躍していた時も、左シャドーの彼を支えていたのは左サイドの宇賀神選手と左ストッパーの槙野選手だった。

 

宇賀神選手の良さは代表で1試合見られただけでは理解されない可能性がある。ましてスタメンで出れるか不明だし、途中出場で活きる選手ではないと思うし。

代表の監督がどういう使い方をするかわからないけど、彼の良さを見てくれていたというのは嬉しい限り。ぜひ使って欲しいなぁと思う。

 

代表で実力を発揮して価値を示してほしい

浦和での彼のプレーを知らない代表サポーターの皆さんには、もし目立った活躍ができなかった場合いろいろと言われてしまうかもしれないけど、ぜひ実力を発揮して代表に定着して欲しい。

なんだかんだで彼いつもなぜかスタメンだよね、と言われるような未来がステキかなと。

J1リーグ 第12節 浦和レッズ(H) vs 清水 理想の攻撃的サッカーと不安定さと

第11節新潟戦を大量得点と共に勝利をかざることができた浦和レッズ

決して調子が良いとは言えないが、ACLの重要な戦いを控えていることもあり、勢いをつけていきたいところではある。 

スタメン

f:id:Yo-hei:20170520214811j:plain

今節も宇賀神選手が右ストッパーを務める。ラファエル選手が怪我のためワントップは興梠選手で、シャドーに武藤選手&李選手、KLMで清水戦に挑む。

 

前半

4-4-2で守る清水は高い位置からプレッシャーをかける訳ではなく、攻撃時最終列にいる遠藤航選手、一つ前のボランチ柏木選手は結構余裕を持ってプレーできていた。

特に遠藤航選手はスペースがあれば今日は積極的に持ち上がり前線にロングパスを供給していた。清水は4バックだったのでサイドも結構スペースがあって、最近にはない試合展開だったかと。数年前の浦和レッズと4-4-2の対戦相手との試合を見ている気分になった。

 

サイドで起点が作れている中、前半24分左アタッカー関根選手が中に切れ込みシュート。浮いたボールを興梠選手がオーバーヘッドで豪快にゴール!

興梠さん、相変わらず難しい態勢の方が決めてくれる。

サイドアタッカー、今日は仕掛けられるシーンを作らせてくれるので、結構チャンスになっていた。関根&駒井両翼は活き活きプレーしていた。

 

後半

相変わらずサイドから仕掛けを作る浦和。

後半12分、縦へのスピードを武器に清水ディフェンスを置き去りにする駒井選手。外からタイミングよく入ってきた興梠選手がヘッドから今季10ゴール目をゲット。

 

2点を取ってから浦和は明らかにリスクマネジメントができていないディフェンスをしていたと思う。中盤でボールを奪いに行ってかわされたらもう相手の攻撃選手数の方がレッズ守備人数より多いしスペースあるし、といった感じ。鄭大世選手に豪快なゴールを決められたのはそんな時間帯。

ゴールはまぁ豪快でさすがと言いたくなるようなものだったけど。

 

そこから立て続けに失点し、2-3の展開。もう少し落ち着いた戦い方ができなかったのか、という批判はたくさんでるだろうなぁ。

 

後半29分縦パスから興梠/関根のコンビネーションで得点を決めてなんとか引き分けにもちこんだ。

 

雑感

ミシャ監督は今年はハーフコートゲームを掲げ、守備も高い位置で奪う意欲を見せている。それ自体はステキだと思うけど、今日みたいな展開を見てしまうと安定感がないなぁという印象になってしまう。

正直清水の守り方と攻撃を見ても、浦和がしっかり戦っていたら勝てた試合なので、勝ち点2を落としてしまったという印象しかない。

ミシャ監督が今後何か変えてくるのか、それとも理想は変えずに夏場に突入して何か起こるのか、楽しみではあります。

 

次はACL。切り替えて頑張ってほしい。

J1リーグ 第11節 浦和レッズ(A) vs 新潟 ユーティリティプレーヤーに感謝

ACL含めて全く得点できていない浦和レッズ。なぜ上手くいかないのか、イマイチ判っていない?中、アルビレックス新潟戦を迎える。ずるずると敗戦を重ねるわけにはいかない。

 

スタメン

f:id:Yo-hei:20170514223430j:plain

森脇選手は例の件で出場停止。誰にも何も言われないようなフェアなプレーに集中してほしい。

代わりを務めるのは宇賀神選手。サイドアタッカーは関根・駒井のドリブラーが務める。

 

前半

バタバタとする浦和。はたから見ていてどうもキレがない。相手のプレスをかわせず簡単にボールを失う場面が目につく。

前半2分、右サイドから絶妙なクロスが上がり、鈴木武蔵選手のヘッドからあっさり失点。

雰囲気がだいぶ悪く、見ているこっちまでどよーん、といった雰囲気になる。。

 

しかし幸いなことに、前半6分ワンタッチプレーからラファエル選手が抜け出し、素晴らしいパスから武藤選手がゴール。

 

今日の浦和はワントップ・ツーシャドーにパスが収まるケースが比較的多かった。これは彼らのキレが戻ったのか新潟のプレッシャーが弱かったのか。

新潟は攻撃時は4-4-2、守備時は5-4-1を使用していた。浦和は最近相手のFWの守備時の人数で最終列の人数を変える。相手がツートップで遠藤・阿部コンビについてくるならボランチ柏木選手も最終列まで落ちて3枚回しといった感じ。今日の新潟はワントップで守っていたので比較的柏木選手は高めの位置でボールを持って試合をコントロールできていた。

彼に自由にボールを持たれるとサイドに裏に、足元にと精度の高いパスが供給されるので新潟の守備はしんどかったんじゃないかと思う。

 

前半20分、サイドの宇賀神選手からのクロスを興梠選手がゴールし逆転。

コーナーキックから2得点。

前半終わりにはカウンターから関根選手が気持ちの入ったプレーで5得点。

 

後半

開始始めの頃に浦和が得点する。今日は新潟も運がないというか淡白というか。。。

何がそうさせるのか判らなかったけど、浦和がいいとは思えない内容ではあった。

諸事情により後半は15分以降見なかったけれど、新潟も盛り返して得点を許さなかったとのこと。

 

雑感

アウェーで勝ち点3取って帰ってこれるのは最高の結果。でも今日は運の要素も強かったかなと。

相手がのっている時にどう戦うか、今後の見どころかと思う。

 

相手チームがツートップを阿部&遠藤にあてて、ビルドアップのための柏木選手を最終列に押し込め、中盤は3〜4人で閉めて縦&斜めパスを出させないという形を取られたとき、大宮や鹿島戦のように守られた時にどう崩すのかっていうのが見て見たい。

 

のってない新潟は監督変わって流れを変えることができるか、大きなポイントになりそう。

 

阿部選手はフル出場を当たり前のように続け、宇賀神選手は右ストッパーのポジションをこなしていた。さりげなくチームを助け続ける選手たちに感謝しないといけないなと思った今日の試合でした。

J1リーグ 第10節 浦和レッズ(H) vs 鹿島(A) この連敗から何を学び、次節から何をみせるのか

久々のスタジアム観戦。チケットも完売し天気も上々、5万人以上の観客が集まることが予想され、注目の一戦となった浦和レッズ鹿島アントラーズ

昨年の悔しさを埼スタではらすため、首位を維持するために重要な一戦。

 

スタジアムへ歩く道中から気分は高まる。

f:id:Yo-hei:20170504230254j:plain

 

選手入場の際、

f:id:Yo-hei:20170504230359j:plain

ここ(上写真)からコレオ(下写真)に移っていく様は圧巻だった。 

f:id:Yo-hei:20170504230520j:plain

絶対に勝ちたい一戦。

 

スタメン

f:id:Yo-hei:20170504222435j:plain

今節は柏木選手と遠藤航選手がケガで欠場。代わりに出るのは青木選手と那須選手。2人ともスタメン張れる選手なので心配するのは彼らに失礼だろう。 

 

前半

鹿島は基本4-4-2で守備。高い集中力と早い寄せで非常に堅かった。鹿島ツートップは浦和レッズのビルドアップを担う阿部選手&那須選手には激しく当たる訳ではなくバランスをとりながらポジショニングしていた。

 

浦和レッズは相手のツートップに対して、阿部&那須コンビの右脇にボランチ青木選手が落ちる形(3枚)でツートップをかわす。

f:id:Yo-hei:20170504223929j:plain

しかしここから上手くいかない。

このとき槙野&森脇のストッパーがかなり高い位置を取っているのだけど、5トップに2人加わる訳だからスペースが無くなってしまう。中盤はぽっかり空いていたが、縦パス引っ掛けられたら一気にカウンターくらうので怖くて打ち込みにくいであろう。

その空いているエリアには興梠選手が降りてきたり、武藤選手が降りてきたり。

f:id:Yo-hei:20170504223451j:plain

得意なパターンの一つ、連動してシャドーが降りたスペースにサイドアタッカー(宇賀神選手or関根選手)がスライドし、槙野選手or森脇選手が上がってみたり。色々やっていたけど上手くマークを剥がしてフリーになることはできず。。。

一回槙野選手がペナルティーエリア内に入りこむシーンがあったけど、何回も再現できるわけではなく、正直サイドアタッカーがドリブルするスペースもあまりなかったし、中央突破は難しいし、これで崩せるのかなぁと思って見ていた。

 

裏へ飛び出そうとする選手はたくさんいたのだけど、今日はそこにほとんどパスが出なかった印象。柏木選手不在の影響はやはりあったかなと。

青木選手はビルドアップ時に自由にボールを持てていたけど、効果的なパスは出せてなかった。鹿島には持たされてた感じ。

 

鹿島の得点は、シュートコース変わってしまったもので、キーパーからすればどうしようもなかったのかなと。。

後半

後半も前半同様浦和は鹿島を崩し切れない。

61' 青木-->駒井

青木選手に変えて駒井選手をボランチへ。しかし青木選手と同じ役割ではなかった。

鹿島のカウンター時の守備を考慮してか、攻撃時の後ろ3枚は森脇選手が残って、阿部&那須&森脇としていた。駒井選手はというと第2右サイドアタッカーのごとく、関根選手とポジション調整しながら特攻部隊の一員を担っていた。

浦和は放り込むことはせず、あくまでサイド攻略を目指していた模様。残念ながら駒井選手や関根選手のドリブル突破も弾かれ、惜しいシーンは少なかった。鹿島がそれだけサイドアタックに対して注意していたと思う。

 

個人的には那須選手もいるので、ズラタン選手を興梠選手のところに入れてパワープレーをしかけるのも面白いかなと思ったけど、今日はやらなかった。

去年の鹿島戦、先日の大宮戦とそんな感じだったけど、やっても結果が出てないので、もうやらないのかもしれない。上手くいかなければブーイングされるだけなので、監督としては難しい舵取りかも。

 

槙野選手の入ったかと思われたシュートもポストに弾かれ、結局1点も入らず。5万人以上入ったスタジアムはため息に包まれ。。。

 

雑感 

今日の戦い方では、相手を相手陣地に押し込むことはできても、横方向のスペースは埋まってしまうのでサイドチェンジも効果がなさそうだし、カウンターが怖くて中央使いにくそうだし(特に鹿島の守備は穴がない)、裏への抜け出しが必要そうだけどあまりそれは使わないし、上手くいきそうな予感を感じることはできなかった。

ミシャ監督、今日のサイドアタックは作戦通りだったんですか?と聞いてみたい。

昔は、槙野選手と阿部選手で相手をおびき出しながら、空いたスペースを使って攻めようという意図を見せていたが、最近めっきり見かけなくなった。狭いスペースでもコンビネーションで崩してやるぜ!という進化を目指しているなら是非目指して欲しい。

今日のやり方では素人が見る限りは上手くいきそうにないけど、現場でやってる皆さんが課題を見つけて、次節から24連勝する勢いの強さを見せつけることが出来るなら誰も何も言わないだろう。一番悔しいのは本人たちに違いないわけで。

(もちろんこっちも悔しい)

今は二連敗ということで結果は出ていないけど、ミシャ監督は変化を恐れずトライしていく人なので、ついていきたい。

シーズン終わった後に、あの二連敗が結果的には浦和を強くしてくれたよね、となって欲しい。

  

自分がいじっていいなら、ボランチ二枚を中央に据えて、槙野&那須&森脇の3枚回し&サイドアタックの時はボランチが最終ラインに吸収されながら、ストッパーが上がる、というのを柔軟に使い回す、、

なんてことを素人ながらに考えるけど、まぁ、難しいんだろうな。。。

 

今日の浦和には、なんというか相手に噛み付く感じがなかった。いい表現が思いつかないけど、相手からボールを奪って速攻というのは少なかったかな。鹿島がうまかったのか、浦和にキレがなかったのか。

 

選手のみなさん、次節はお願いします!!

 

J1リーグ 第9節 浦和レッズ(A) vs 大宮(H) "紙一重"を思い知らされた。よりによってダービーで。

勝ち点19で首位の浦和と勝ち点1で最下位の大宮。大きく状況が違うチームが埼玉ダービーで激突といった一戦。レッズはACLでも得点を取りまくっていて、目下攻撃に関しては絶好調といったところか。 

スタメン

f:id:Yo-hei:20170430205036j:plain

浦和レッズのスタメンはほぼ固まりつつあり、いつもと同じメンバーで大宮戦にのぞむ。

 

前半

大宮は守備時は5-3-2, 攻撃時は4-4-2といった形。

大宮のツートップは前線からボールを奪いに行くといった守備はせず、基本パスコースを限定する動きをしていたようである。浦和の攻撃時の最終列(阿部&遠藤航)は基本自由にボールを持てているように見えて、出しどころがなくボールを持ってもどこにだそうかな、といった雰囲気を出していた。

大宮ボランチの金澤選手は興梠選手を自由にさせないというミッションがあったようだが、なかなか上手くいったというところかも。この試合槙野選手が高い位置まで上がっていくシーンを見かけることが多かったが、もしかすると大宮の守備に対応する形をとったのかもしれない。興梠選手が潰されているなら、ポジショニングで気の利く宇賀神選手と興梠選手でスペース作って槙野選手が上がる、みたいな。

 

大宮は終始守備意識が高く、浦和の攻撃の選手に時間とスペースを与えてくれなかった。関根選手をフリーにすることもなく、いつも2人はついていた。それでも関根選手はつっかけていた。うん、その姿勢はステキ。

 

浦和も大宮も点が入ってもおかしくないシーンはあったけど、0-0で前半は終了。

 

後半

0' 柏木-->青木

後半開始早々、柏木選手に代わって青木選手を投入。柏木選手は怪我の影響のようだが、大丈夫だろうか。がっつり守る相手に、長短のパスを供給できる柏木選手の離脱は多少なりとも影響があっただろう。

 

後半18分、大宮江坂選手から右に走り込んだ茨田に渡り、ニアを撃ち抜かれて失点。浦和の選手の守備の人数は揃っていたし、阿部選手も茨田選手に付いてはいたのだけど、素晴らしいシュートを打たせてしまった時点で運はなかったようで、痛恨の失点となった。

 

浦和は、こういった展開でも過去いつものプレーを繰り返して追いついてきた。そういった自信もあったと思う。でも大宮の執念が今日は上回っていた。最後パワープレーをするにはそういう選手をそろえていないと思うし、(パワープレーするならズラタン選手・那須選手が入った方が恐いと思う)、正直100回やって100回勝てるなんてことはないのだから(目指してはいても、現実問題)、今回は運を引き寄せる何かが足りなかったと思う。今日は大宮が上回っていた、球際も負けてなかった。

 

雑感

勝てない試合ではなかった。でも何度もあった得点のチャンスを決められなかった。それが埼玉ダービーだったという点がサポーターとしては残念だし、受け入れられない結果と感じている人も多いだろう。

仙台戦は大量得点だったけど、試合展開によっては難しくなっていたかもしれなかった。今日も紙一重の部分が大宮の方に傾いてしまった。それを跳ね返す腕力は浦和にはまだないということ。さらなる高みを目指して、足りない部分を明らかにしながら強くなっていってほしい。

 

次の試合は鹿島が相手。絶対に負けられない、という気持ちが前向きに働いて満員の埼玉スタジアムで最高の試合になることを祈りたい。