Urawa Reds Life

浦和レッズのある日常に感謝

2018 天皇杯優勝!1年間おつかれさまでした、ありがとうございました。

今日は厳しい試合を勝ち抜いて手に入れた天皇杯決勝の挑戦権。

シーズン序盤に監督が交代するという厳しいシーズンをここまで戦ってきた。最終戦を天皇杯の決勝として迎えることができるなんて、夏場は全く考えてもいなかった。

オリヴェイラ監督と選手のみなさんには感謝しかない。

残念ながらJリーグでは来年のACL出場枠に入ることができなかったため、ACLに出るためにも絶対に勝たなければならない試合。

スタメン

マウリシオ選手のポジションに阿部選手が入った以外はいつものベストメンバー。

この試合に向けて調整してきたオリヴェイラ監督。どんな戦いを見せるのか。

仙台にはスタメンに石原選手。

リザーブに矢島選手と関口選手。レッズに所属していた選手たちも他チームの戦力としてがんばっているようだ。埼スタでの決勝をどう感じているのだろうか。

前半 

前半開始は仙台のアグレッシブなプレーと上がりに押し込まれるレッズ。

レッズの攻撃は右サイドからの攻略が目立った。キープしながら狭いところを通して長澤選手が飛び出すイメージ。

そんな中、右サイドの攻撃からコーナーキックを得る。

ショートコーナーからのクリアボールを宇賀神選手がスーパーミドルで決めて先制。

鳥肌モノのスーパーゴールだった。

これを決勝でやってくれるとは!!

 

宇賀神選手はいつもシュートが打てるときは打っている。

枠に行かないこともあるけれど、打たなきゃ入らないことを教えてくれるゴールだった。

 

仙台は左サイド深くに入り込み幾度となく危ういクロスを送り込んでいた。

それでもレッズは高い集中力でゴールを割らせない。

 

後半 

後半も同じペースで試合が進む。惜しいシーンを何度か外してしまうも、嫌な雰囲気になることはなく、集中力の高いレッズは終始厳しいチェックで仙台に自由にプレーさせていなかった。

 

シュートを打たれそうになっても何人もの選手がコースに入りゴールを守る。

 

とにかく勝つために戦う。

そんな気持ちが伝わってくるようなプレー。後半43分ころからはボールキープを徹底してアディショナルタイム5分も乗り切って優勝!

 

これまでとこれから

相手をコンビネーションで崩す。綺麗な攻撃プレーで魅せる。

そんな理想を掲げワクワクさせてくれたミシャさん。

2016年にルヴァンカップの優勝を成し遂げるもJリーグではカップを勝ち取ることはできなかった。

2017シーズン途中でバトンを引き継いだ堀監督。ACLは現実的な戦い方に徹して優勝を勝ち取った。ところがその後自分のスタイルでチームを作るもJリーグでは振るわず。

2018年途中でバトンを引き受けてくれたオリヴェイラ監督。最後まで上位を狙える位置にチームを引き上げるとともに、勝負強さを見せ天皇杯優勝まで味あわせてくれた。

ここにくるまでに長い歴史があった。辛い時期もあったけど、なんだかんだで3年連続のタイトル獲得。

その歴史を知っている平川選手はついに引退してしまう。

ところが浦和レッズの未来はすこしづつ拓けているように思う。

 

大槻組長に抜擢され、シーズン序盤からスタメンを張り続け天皇杯決勝も戦いきった橋岡選手。まだ19歳。

今年から加入したルーキーにも関わらず、大事な試合で途中出場してはゲームを締める役割を担った柴戸選手。23歳。

今日は出場がなかったけど、チームに勢いをもたらすドリブルとシュートを持つ荻原選手。まだ19歳。

インテンシティ高い試合で毎回すごい存在感を放つ長澤選手は今年27歳になる。

高さをもちつつも精度高いフィードでゲームに変化を与えられる岩波選手はまだ24歳。

30を超えた選手がチームを引っ張る中、レギュラーを実力で勝ち取り浦和レッズの勝利に貢献する若手のみなさん。

厳しい世界で戦い、JリーグやACL、W杯予選・本戦など修羅場をくぐってきた百戦錬磨のベテラン選手たちの背中を見て多くを学んでいることだろう。

今回の優勝で経験と自信を手に入れつつ、大きく成長し、来年さらなる飛躍を遂げてほしい。

来年はJリーグとACLの両方を戦い抜くタフさが要求される。全員がさらに成長しチームを底上げしないとどちらも戦いきれない。

若い選手たちの活躍に期待したい。そして中堅・ベテランのみなさんも引き続き勝利のためにチームを引っ張ってほしい。

試合終了後の阿部選手の涙にこちらも涙しそうになった。去年のACL決勝の後も涙してたかな。いつもチームを背負い込んでいるように見える大ベテラン。でも決して弱音を吐かない。サポーターのために、勝利のために戦う37歳。

Jリーグの優勝を阿部選手とともに成し遂げたい。

2019年度に期待したい。

 

おわりに

選手のみなさん、スタッフのみなさん、まずは今年一年おつかれさまでした。

 

そして天皇杯優勝、ありがとうございました!

 

ゆっくり休んでいただいて、来年へ向けてエネルギーを蓄えてください。

J1リーグ第33節 浦和レッズ(A) vs 湘南(H) 自信と落ち着きを取り戻せるか

Jリーグも残り2試合。

ACL出場権獲得の可能性は残っており、絶対に負けられない試合。

ところが柏木選手は出場停止、ケガ等で青木選手、槙野選手、マウリシオ選手を欠くレッズは非常に厳しい状況。

そんな中、右センターバックは森脇選手。U19代表ではセンターバックを担う橋岡選手をサイドアタッカーで送り出したオリヴェイラ監督のチョイスは興味深い。

攻撃面で見れば絶対に橋岡選手をストッパー、森脇選手をサイドアタッカーだと思う。サイドの守備、そしてロングボールのターゲットとしての機能、90分走りきれるスタミナを買ってのことなのかなと理解する。

f:id:Yo-hei:20181124211248j:plain

スタメン抜擢の武富選手と茂木選手に期待。

前半

激しくチェックに来る湘南ディフェンス。

アフター気味のタックル含め、ちょっとうまくいっていない感じもあったが、レッズを自由にさせないという気合いは見て取れた。

その気合いが試合の流れを引き寄せるのか、前半20分、浮いたボールの競り合いに負け梅崎選手に運ばれる。

スピードあるドリブルからゴール隅へ決めるシュートで決められてしまう。

あの切れを相手の選手として見せつけられることになるとは...

後半

堅い湘南の守備を崩せないレッズ。

後半11分、リスタートのパスを奪われたところから2失点目を喫してしまう。

ちょっと不用意に見えたし、強いチームはああいう失点しないので、残念としか言えない。

ああいうプレーは無くして欲しいと切に願う。。

 

さて、ここから3点取って勝たなければならないレッズは攻める。

後半32分に、細かくつないで、武藤選手のヒールパスから興梠選手が抜け出し1点返すもその後得点には至らず敗戦。

ACL圏の可能性は潰えた。

雑感

得点のチャンスがなかったわけではない。

シュートがミートしていれば、と言ったシーンもあった。

 

1得点ではできているわけなので、失点しなければ勝てる試合。

 

最近見ていると、攻め急いでカウンターを受けて失点している気がする。

2〜3年前くらいに一番強かったときはそのうち得点できるぜ、という落ち着きがあって、無駄な失点をしていなかった。

この辺のメンタル的な部分が効いているのかなぁと勝手に思っている。

 

自信と落ち着きを取り戻せるか。

 

まだ最終節と天皇杯が残っている。

J1リーグ 第31節 浦和レッズ(H) vs ガンバ(A) 賢くアグレッシブに。を90分続けるのは難しい。

ACL出場権獲得のためには絶対に負けられない試合。

相手は6連勝と波に乗るガンバ大阪。

浦和レッズの調子も悪くない。キレのある試合に期待。

スタメン

f:id:Yo-hei:20181104161057j:plain

浦和レッズは橋岡選手・萩原選手が前節に引き続きU19代表で不在。右サイドアタッカーには森脇選手が入る。

青木選手も不在で、そこには我らが阿部勇樹選手。

その他メンバーはいつもと同じ。フォーメーションもここ最近うまくいっている形を継続。

ガンバ大阪は4-4-2スタイル。監督が宮本監督に代わり、また戦い方を変えている模様。

前半

今日もコンディションの良い浦和レッズのメンバー。

噛み付く守備というか、キレの良いプレーで相手のボールを奪っては縦に速い攻撃を仕掛ける。

相手からするとかなり嫌な相手だったと思う。

攻撃でボールを持っているときはピッチを広く使う。

ガンバの4バックの外側を使う意識も高く、右ストッパー岩波選手から左サイドアタッカーの宇賀神選手へのロングパスはかなりの精度で、何度もサイドを攻略していた。

前半のスタッツでは中央の割合9%と出ていたと記憶している。

チームとして4-4-2の相手のサイドを攻略する意識は統一されていた。

それに加えて、レッズの右サイドからは攻撃が得意の森脇選手と武藤選手のアイデア、そして突進力のある長澤選手で切り裂きにかかる。

 

ところが前半43分、レッズはちょっとしたプレーでルーズボールをつくってしまう。

それを小野瀬選手にすごいシュートを決められて失点。。

大変もったいない展開となった。鹿島戦と同じ流れ。

後半

後半開始から飛ばすレッズ。この姿勢は素晴らしい。

自身を持っているのか、前への推進力は落ちない。

後半4分。長澤選手の推進力で相手ゴールに突進し、興梠選手が長澤選手のシュートのこぼれ玉を詰めて同点。

ここまではよかった。

 

 

ガンバのカウンターからやられてしまう。

後半17分にカウンターからのファンウィジョ選手のドリブルを阻止できずペナルティエリアに侵入を許す。

その隙を突かれてハイクオリティなプレーで2点目を許してしまった。

 

そこからレッズはチームとして少しバラバラになったのか、ガンバのいなしがうまかったのか、ボールを奪取できなくなる。

3失点目をくらってそのまま試合終了。ガンバのうまさにやられた印象。

雑感

レッズのディフェンスメンバーはそろっていたのに、ファンウィジョ選手に決められてしまったシーンがこの試合のポイントだったと思う。

同点のままなら守備を固めつつカウンターを狙うこともできた。しかし追いかける展開になってから相手にうまくやられてしまった。

前半の展開、後半の展開、うまくまわせなかったことが敗因かなと思う。

 

前半ファンウィジョ選手を槙野選手が潰しまくっていた。何度かファールの笛も吹かれていたけど、気にせず厳しいチェックで相手のプレーを制限していた。

失点シーンは槙野選手と反対のサイドから。

岩波選手も森脇選手も攻撃能力が高い一方で、守備が少し軽い時があるように思う。橋岡選手でいつも右サイドの守備のバランスが取れていたのかも。

でも岩波選手と森脇選手の精度の高いロングサイドチェンジパスがなければ前半のような攻撃は成り立たない。橋岡選手からあのようなパスが出ることは、今はまだ、ない(身につけたらもっとすごい選手になるなぁ。)。

 

何もかもがうまくいくなんていうことはなくて、ちょっとしたところから試合の流れが変わってしまうことを改めて思い知った一戦。

でもレッズの選手たちのキレはいいし、試合の展開さえつかめばどのチームにだって勝てる実力は持っている。あとはちょっとしたところの精度。

残り数試合という状況で非常に痛い思いをしたが、まだリーグは終わっていないし天皇杯だって残っている。

レッズの選手たちの奮起に期待!です。

J1リーグ 第30節 浦和レッズ(H) vs 鹿島(A) キレの出てきたレッズ、そしてキレキレの武藤選手。充実のコンディションで最終節まで走れるか。

激戦のJリーグ。ACL争いも残留争いも目が離せない展開となっている。

1試合の結果で順位が入れ替わる混戦。

勝ち点1では足りない。

勝ち点3が必要。

今日の相手は最近苦戦している鹿島アントラーズ。とにかく絶対に負けられない闘いだ。

スタメン

f:id:Yo-hei:20181020220405j:plain

ACLもある鹿島さんはフルメンバーではないらしい。それでも嫌なメンバーがたくさんいる。

一方浦和レッズは橋岡選手と荻原選手がU-19代表に選ばれ不在。サイドが手薄であるが森脇選手の攻撃力の方に期待。

前半

前半開始から飛ばすレッズ。

立て続けにシュートまで持っていくシーンがあった。

とにかくキレがあって、鹿島の選手は疲労の影響なのかついてこれない。

 

しかし得点にはいたらず。

 

見ていると中盤の武藤選手、長澤選手、柏木選手が相手のDFとMFの間に何度も顔を出す動きをして攻撃を活性化させている。

そしてボールを奪われない。

距離感も良くてボールがよく繋がるし、見ていてワクワクする感じ。

 

 

 

しかし得点にはいたらず。

 

 

前半38' レッズの失点シーンは相手のサイドをフリーにさせてしまったところから。西選手がタイミングよくペナルティエリアに侵入して得点。

こういうところは鹿島さんうまいよなぁと。。

感心している場合ではないのだけど。

 

後半

後半早々にコーナーから同点。

そして後半15分、武藤選手のキレで2人を交わしてズドン。

小笠原選手はついてこれていなかった。

気合が再度満たされるような逆転弾で浦和レッズに勢いをもたらす。

 

武藤選手のストライカーとしての能力、自覚。

彼はいつもゴールを目指している。チームのために。

今日の武藤選手のキレは半端なくて、後半も相手を置き去りにするシーンがあった。

そして最後にアディショナルタイム、ナバウト選手の粘りから武藤選手へつながる。

キープで時間を使うのかなと思ったら、1人でドリブルで突っ込む。

相手4人を置き去りにして素晴らしい追加点!!

!!

 

3-1で大きな勝ち点3をゲット。

 

雑感

最後まで失われなかった武藤選手の切れ味。

そしてレッズの選手みな走り勝っていた。球際でも勝負を挑んでいた。

これはオリヴェイラ監督の手腕なのか、シーズン序盤のつまづきから各々のコンディションが持ち直してきているのか。

とにかくこの勢いなら残り4節も連勝できるんじゃないかと期待してしまう。

 

今過去の記事を見返してみると、9/1の25節セレッソ戦で若干あきらめぎみの感想をもらしていた。そこから巻き返してのこの状況。

 

本日夕方の試合ではFC東京が敗戦。レッズは現在暫定5位。

札幌とセレッソが1試合少ないので、さらに勝ち点を積み上げる可能性はあるが、FC東京とも札幌とも直接対決が残っていて自力でまだまだ順位は伸ばせる。

レッズは得失点差が現在+13と他チームよりかなり有利なのも大きい。

シーズン最後までドキドキしながら闘いたい。

 

さぁ、天皇杯の鳥栖戦、その後は勢いに乗るガンバ大阪。

上り調子で駆け上がって行きましょう!

J1リーグ 第28節 浦和レッズ(H) vs 柏(A) 貴重な勝ち点3。まだACL圏内も視野。厳しい試合を通じて若手の成長に期待したい。

台風の近づく中、予定通り開催された浦和レッズ vs 柏レイソル。

浦和はACL圏内も降格圏もそう遠くないポジション。柏レイソルはなんとか残留に向けて勝利がほしい。

両者絶対に勝ち点3がほしい試合。

今日は久々のスタジアム観戦。

f:id:Yo-hei:20180930220841j:plain

バックアッパーの最前列から。

試合開始のタイミングでは雨は降っていなかったけど、途中から雨が強くなってきて若干プレーしにくそうではあった。

この天気でも約26,000人ものサポーターが集結。勝利が欲しいところ!

スタメン

f:id:Yo-hei:20180930220400j:plain

浦和レッズはここ最近上手くいっている2トップ+3MFシステム。

柏木選手・青木選手・長澤選手は皆動ける上クレバーでスキルも高い。

これに加えて武藤選手も周りを見ながら器用にプレーできる。彼らがコミュニケーションを上手く取りながらココ最近上手く試合を回している。

柏レイソルはここ数年で選手が結構入れ替わったのかなと言う印象だが、怪我人も多く厳しい台所事情らしい。伊東選手がいないのはレッズ的な観点からすると助かる。

 

試合と雑感

今日はスタジアムで見たのであまりメモはない。

先制される苦しい展開も、レッズが押し込むシーンも多く、最終的には3-2の勝利を飾ることができた。

興梠選手と武藤選手のコンビネーションは代えが効かない感じ。相手DF陣に少しでもスキがあればあの二人で結構点がとれる。 

長澤選手も前への推進力があるし、柏木選手はフリーでボール持たせれば好き放題できるし、青木選手は機を見て上がっては素晴らしいミドルを打つし、今の中央のメンバーはバランスがいい。

 

橋岡選手は頑張っていたけれど、なんかリズムに乗れてない感じ?に見えた。途中で代えられちゃったし。。

柏木選手のパスに何回か追いつけなくて、でも柏木選手はきっと追いつけるように出していて、結構追いつけていないことにイライラしているように見えた。

そのくらい届くように走りなさいよ、といったメッセージだったのだろうか。

レッズには日本代表クラスのメンバーがいて、彼らが求めるレベルは高い。橋岡選手や柴戸選手、今日出ていなかったけど荻原選手にはぜひこの環境でプレーしてもらって成長してほしい。

厳しい試合はまだまだ続くので、彼らの成長は欠かせない。

 

さて、今後のJ1リーグの試合は以下の通り:

29節 vs 仙台

30節 vs 鹿島

31節 vs ガンバ大阪

32節 vs 札幌

33節 vs 湘南

34節 vs FC東京

そうACLを争うチームとの直接対決がかなり残されている。

引き続きしびれる試合を楽しみたい。

選手のみなさん、よろしくお願いします!

J1リーグ第27節 浦和レッズ(H) vs 神戸(A) 浦和の攻撃をさせてくれた試合。混戦を上を向いて戦いたい

チケット売り切れというこの試合。多くのサポーターが詰めかけた神戸戦。

イニエスタ選手は残念ながら今節不在とのことだが、熱いプレーを期待したい。

混戦のJリーグ。油断したら一瞬で降格圏。一瞬のスキも命となる。浦和レッズは残留争いの辛さと苦しさを知っている。上を目指す緊張感の中で戦いたいところ。

スタメン

f:id:Yo-hei:20180924210143j:plain

神戸は監督を交代し、今後はボールを持つスタイルを志向するという解説があった。

今のメンバーをベースにどういったチームを構成するのだろうか。

イニエスタ選手は不在。

ポドルスキ選手は試合中自在にポジションを変えていたが、図のような形ではなくトップ下だったらしい。

前半

レフリーは今日は接触を流し気味で、激しいプレーでもフェアならノーファールだった。

オリヴェイラ監督はよく審判にコメントするが、今日は球際で戦える環境だったので、こういった試合で球際で勝つシーンを増やしてもらえると嬉しい。

今日は勝てていた試合だった。

そういった意味では、特に槙野選手の強いプレーは見ていて気迫が伝わってくるほど。

18分に自らとったフリーキックからのヘディングシュートも惜しく。。。

レッズも比較的ボールを持たせてもらえるなか、23分、中央でキープしたボールを青木選手が素晴らしいシュート。

先制!

どうやら解説によると、青木選手は巻くボールを蹴ると見せかけてキーパーの重心を動かし、逆を突くというフェイントをかけていたらしい。

守備と攻撃と両方で機能する青木選手は欠かせない1人。

 

神戸のフォーメーションは攻撃時は4-4-2にみえた、守備時は三田選手が降りて5-3-2。

失点するまではサイドアタッカーが低い位置にいたけれど、その後はボールを保持しつつ高い位置をとるようになった。

レッズは武藤選手が降りて5-4-1で守り、前から無理して追いかけず構える形。(試合後3ボランチという形だったと言われていた。なるほど、長澤選手と柏木選手がバランスを取りながらやっていたのか。武藤選手は相手を見て降りていた模様)

惜しいシーンは作られるも失点をせずカウンターを狙っていたと思われる。

 

そんな中浦和の追加点は逆にボールを保持した状態から。

右サイドでボールをキープし、回しながら中央でフリーの柏木選手へ。興梠選手のスーパーな動き出しから柏木選手の素晴らしいパスから難しい体制でのシュート!

何回見ても気持ちいい最高のゴール。

多くのサポーターを魅せた最高のゴールだったと思う。

神戸はしつこく追いかけない守備だったのがありがたかった。

後半

後半早々相手のミスをついて武藤選手がループを決める。3-0。

その後長澤選手も決めて4-0。

柏木選手がボールを自由に持てて素晴らしい日。

MF陣のポジシン取りが自在で神戸は守りにくかったのかも。

そのまま試合終了で勝ち点3をゲット。

雑感

ゴールキックや西川選手に一度ボールを戻した際に、ほぼ毎回右サイドの橋岡選手にロングボールを送る。

182cmある橋岡選手はもともとセンターバックの選手。

かなりの確率で競合いに勝ち、ボール保持に貢献していた。

そういえば山田暢久選手もいつもヘディング勝ってたなぁ。橋岡選手、今日も守備に攻撃に走っていて欠かせない重要な選手になっている。

あともう一つ、槙野選手の攻め上がりを複数回見たのだけど、あれはどういったルールでやっていたのだろう。

オリヴェイラさんはあんまりリスクを負わないイメージなのだけど、誰かを残す約束で今節から解禁したんだろうか。あんまり最近はそういうプレーがあった記憶はない。

気になる。

 

気がつけばACLプレーオフ圏内のFC東京とは勝ち点5差。

一方でJ2降格圏まで勝ち点8差。

今後も目が離せないJリーグになりそう。

結果を求めるオリヴェイラ監督は残り数試合どのように戦うのだろうか。

J1リーグ 第26節 浦和レッズ(A) vs マリノス(H) こうやって勝ち点3を積み上げていくしかない

勝ち点を積めないまま足踏みするレッズ。

気づけば降格圏もそう遠くない位置に来ている。

まだまだ試合数はあるので全勝するつもりで戦ってほしい。

スタメン

f:id:Yo-hei:20180919144549j:plain

ファブリシオ選手も柏木選手も怪我で欠く浦和レッズ。

マルティノス選手のシャドーポジションは吉と出るか。古巣相手にに気合の入る?マルティノス選手に期待。

前半

浦和レッズは岩波選手とマウリシオ選手が得意のロングボールでサイドチェンジをしながら展開を広くしていた。

橋岡選手と宇賀神選手がボールを持って「さぁ仕掛けるぞ」的なシーンをちょくちょく見た。

興梠選手の決定機はそのサイドからのクロス。

しかし得点には至らず。

逆にマリノスの縦の鋭さに対応する頻度が増える。

フェンスラインを切り裂かれるようになる。

レッズは前から追わず、後ろで構える形。

マリノスも上手くて、後ろからいいパスが出てくるのと中川選手が上手いのと、結構しんどそうだった。

レッズも失点のピンチが何度かあったが、最後のところでの粘りもあって失点は免れた。

43分にセットプレーから宇賀神選手が見事なゴールを決める。

流れは悪かったもののリードを得て折り返す悪くない展開。

後半

マリノスがボールを保持しているときに、レッズは前から追うようになる。

これは後半からマルティノス選手に変わって入った荻原選手の判断か、チームの判断か。

いずれにせよそれに連動して周囲もラインを上げてプレスに行く。

いい感じかなーというところでウーゴヴィエイラ選手のうまさに1失点を献上してしまう。

スピードのある橋岡選手だったらその手前で負けてなかったかなぁと思いつつ。

平川選手も早いのだけど、ポジショニングが良くなかったのか素人にはわからない。

 

その後攻撃の糸口を探るレッズ。相変わらず興梠選手は裏を狙い続けていた。一瞬油断したらやられるから相手DFはやりにくいだろうなぁ。

やはりマリノスの高いディフェンスラインとGKの間は狙いどころで、その狙いがついに後半34分成功する。

速攻をせずに中盤に戻したその瞬間。

青木選手が狙いすましたミドルパスを抜け出した武藤選手に。

武藤選手が冷静に決めて勝ち越し。

これは練習でも行っていたパターンらしい。スカウティングの成果だろうか。

 

この1点を守り切ってアウェーで貴重な勝ち点3!

雑感

ボール持たれっぱなしでしんどい展開だったけど、セットプレーとか一発裏抜け狙いながら得点を重ねて守りきるのが今シーズンの戦い方になるのかなぁと。

今の攻撃主体のメンバー構成と監督のサッカーとマッチしていない感がどうしても拭えない今シーズン。

マルティノス選手はもっとカウンターでスペースあるときに違いを見せないと厳しいかなぁという印象。相手だったときは嫌な選手だったんだけどな。

 

今後はメンバーの入れ替えは避けられないのかなぁと思う今日このごろ。

オリヴェイラ監督の心境はいかに。