Urawa Reds Life

浦和レッズのある日常に感謝

J1リーグ 第23節 浦和レッズ(H) vs FC東京(A) もう一つの3枚回しと5-3-2

浦和レッズは8/15のスルガ銀行チャンピオンシップ2017でシャペコエンセに1-0で勝利。マウリシオ選手の活躍もあったようで、今節のFC東京戦のスタメンや戦い方が楽しみ一戦である。

同じ勝ち点33同士の戦い、上位を目指すためにはどちらも勝ち点3が必要だ。

 

スタメン

f:id:Yo-hei:20170819234554j:plain 

FC東京は前回戦ったときと随分スタメンが違う。フォーメーションも違う。

一体何があったのか判らないけど、色々悩みがあるのだろうか。

サブの選手のラインナップを見たら、

15 永井 謙佑

9 ピーター ウタカ

38 東 慶悟 

23 中島 翔哉

10 梶山 陽平

なんなんだこのメンバーは。本当にサブのメンバー表かと疑いたくなる。

いつのまにFC東京はこんなに攻撃メンバー集めたのだろう。かみ合ったら恐ろしい攻撃力になりそうだけど、上手く行っていない?うちに勝っておきたいところ。

 

一方浦和は新加入マウリシオ選手がJリーグでは初スタメン。リベロのポジションに入り、遠藤航選手が右ストッパーに配置された。

前線の1トップ2シャドーは興梠・武藤・李のKLMユニット。彼らはコンビネーションも抜群だが、守備もできる。

これらのスタメンから、堀監督はやはりまず守備を安定させようとしていることが読み取れる。

 

前半

荒天の影響でキックオフの時間が1時間遅れて8:00からとなった。

前半17分、浦和は右サイドをシンプルに突破。駒井選手からのクロスを李選手が落とし、興梠選手のゴール。

その数分後、FC東京にほぼ完璧に崩され失点してしまうが、前半30分再び興梠選手の得点で勝ち越し。

KLM&柏木選手がからんでワンタッチパスを繋いで中央を切り裂いたシーンは久々だった。各選手の距離が近いのと、コンビネーションが抜群のユニット故に生まれたゴールかと思う。こういった素晴らしい部分はミシャさんの功績だろう。

引き継いでいってほしいなと思う。

 

後半

前半浦和のビルドアップはいつもの形であった。すなわちボランチ(阿部選手)が一枚降りる形で最終ラインに吸収され、リベロ(マウリシオ選手)と二人でボールを運ぶ。ストッパー(遠藤選手・槙野選手)はサイドの高い位置にいる状況。

 

ツートップで守るFC東京に対して、ボールを運ぶ選手がリベロとボランチの二人なので、誰か一人サポートが必要。

ミシャ監督時代はもう一人のボランチ柏木選手が降りて、3枚回しというやつを実行していたが、真ん中がスカスカになってカウンターを受けるリスクが高いというデメリットがあった。

守備を重視する堀監督はこれをやらない。柏木選手が最終ラインに降りることは試合を見ていてもほとんどない。ということで前半はいつもの2枚(リベロ+ボランチ)+一列前のボランチというフォーメーションを維持しながらビルドアップを試みていた。

f:id:Yo-hei:20170819234736j:plain

上図:前半のビルドアップ時のフォーメーション

 

ところが後半、浦和は少しやり方を変えてきた。何度か過去に試していた、左ストッパー・リベロ・右ストッパーによる3枚回しをするようになった。両ボランチは中盤に残る。おそらくFC東京が2トップで守ってきたことへの対応かと推測される。

もしくは、2-1でリートしているのでボランチを中央に残してカウンター対策をしていたのかもしれない。

f:id:Yo-hei:20170819235036j:plain

ミシャさんはこれを良しとしなかったようだが、ボランチ二人が中盤に残ることによって、ボールを失ってしまった際にも中央ですぐにプレッシャーをかけられる。堀監督に変わった今、今後もこの形をたくさん見ることになるかもしれない。

 

選手交代:

66' 柏木-->青木

71' 興梠-->ラファエル・シルバ

79' 武藤-->矢島

矢島選手が入ってから浦和はツートップ(李&ラファエル)にして5-3-2の布陣とした。これは従来なかった形。

堀監督は守備に対する引き出しを増やそうとしていることがわかる。

より守備的な形だったかと思うが、機を見て上がっていきポストに当たったシュートを放ったシーンの矢島選手の攻撃は可能性を感じさせるものだった。

 

浦和レッズはなんとかゴールポストとバーのヘルプもあって勝利!FC東京とは相性が良い。。

雑感

マウリシオ選手は、なんというかいい意味で目立たなかった。

実に難なく浦和の難しいリベロのポジションをこなしていた。ミスも少ないし、非常に落ち着いている頼もしい助っ人だ。

ショート・ロングボールも左足で操って無難に攻撃を組み立てていたし、ミシャさんのサッカーにも合う選手として獲得したんじゃないかと思わせるほど馴染んでいた。

 

勝点はまだ36。残りは11試合。どこまで勝点を積み上げられるか。

強敵との試合がまだ多数残っているが、上位を叩けるチャンスがまだ残っているということでもある。

さあ反撃ですよ。

J1リーグ 第21節 浦和レッズ(A) vs 甲府(H) 安定感重視。

関根選手の移籍前ラストマッチとなったアウェー甲府戦。

堀監督となってから2試合目はどのような展開になるのか。

 

スタメン

f:id:Yo-hei:20170809231935j:plain

予想通り守備的な布陣を設定してきた甲府、5-3-2のフォーメーション。

浦和はいつものフォーメションで選手も菊池選手以外はほぼいつものメンバー。堀監督は戦える選手を選ぶと言っていたが、今はこのメンバーのコンディションがよいということなのだろう。

 

前半

甲府は2トップではあったが、その2トップは浦和の遠藤-阿部コンビにプレッシャーをかけてくるわけではなかった。たまに40番小椋選手が焦れたのかプレッシャーをかけにくることもあったが、毎回というわけではなかった。

気温33℃という暑さもあって、流石に常時走り続けるのは無理だったのかも。

 

堀監督の浦和レッズは焦ってボールを前にすすめるということはしない。後ろで回して甲府が食いついてきたら剥がして前へ、という意識があったように見えた。GKの西川選手も使いながら、相手のプレッシャーをかわしてボールを前に丁寧に運んでいく。

 

ん?これって去年落ち着いて攻撃を組み立てていたときの浦和の戦い方ではないか。

安定感と守備にプライオリティを置いたとき、この戦い方がベター、という判断となったと思われる。 

 

サイド固める甲府をあざ笑うかのように、中央を縦に突破して柏木選手がセンスあふれるループシュートを決めて浦和が先制!

 

後半

前半の反省からか、甲府はギアを上げてきた。

後半早々何回かピンチを迎えるも甲府の精度のなさに助けられた浦和。

途中から興梠&武藤のシャドーで中盤での守備を強化することによって、何度かピンチの芽を事前に積むことができていた。守備への意識の高さが伺える。

今日はディフェンス陣も集中力が高く、大きなミスも見受けられなかった。この戦い方ができるのなら、しばらく安定するのかなという印象だ。

攻撃力の高いチームとの戦いでどうなるかとても楽しみ。

 

雑感

5バックで守るチームがサイドをケアする守備をしてきたら、なかなかサイドアタッカーが輝くというのは難しいと思う。関根選手のラストマッチではあったけどちょっと彼にとっては難しい試合だったのかなと。

しかし、それだけマークされる選手になったということでもある。海外でも頑張ってきてほしい。

菊池選手が勢いがあっていい感じなので、関根選手の穴を埋めるべく全力プレーを継続してほしいなと思う。

久々の無失点。継続していきましょう!

 

関根貴大選手 ブンデス2部のFCインゴルシュタット04へ移籍。どこにいてもその熱いプレーを。

いつかこの日が来るとは分かっていたけど。。。

 

関根貴大選手のブンデスリーガ2部のFCインゴルシュタット04への移籍が発表された。

今シーズン浦和レッズのメンバーが途中から軒並みコンディションを落とす中、彼はずっと戦える状態を維持していいプレーを続けていた。

今思えば、そもそも目指しているところが一人だけ違ったのかもしれない。

 

ゴールを取るために、サポーターのために、

熱いプレーを見せてくれた。

浦和のユースからトップチームに上がり、浦和レッズを代表するプレーヤーとして皆が認めるほどの男になった。

ボールを持つだけでスタジアムを沸かせることができる選手。彼の仕掛けにワクワクすることがもうできなくなるなんて。。

 

リーグ優勝やACLの優勝を一緒に獲りたかったけど、海外に行くならこれ以上遅くならない方がよいと思う。国内、アジアでは戦えることは分かっているから、関根選手のさらなる成長のためにも違う環境に身を置くべきと考える。

 

環境の変化というのは本当に大事で、分かっていてもその場に行かないと絶対に得られない経験もある。向こうで得るものはたくさんあるだろう。

 

 

プレーの幅も広げて欲しい

関根選手は元々中盤の選手。彼はシャドーでプレーすることも十分できたはず。

でもミシャさんのフォーメーションの中で任されたのはサイドアタッカーだった。持ち前の負けん気の強さ、ドリブルと思い切りのよいシュートを武器に浦和レッズの勝利に貢献し続けた。

そして90分アップダウンを続けるスタミナを身につけ、守備も向上させた。

でもそろそろ新しいポジションで幅を広げても良いのではないだろうか。

僕は彼には是非サイドではなく攻撃的MFで勝負して欲しいなと思っている。これといって誰のように、という手本はないけど誠に勝手ながら書きたいことを書かせていただくと、近いイメージでは元セレッソの森島選手 (体は大きくなくとも日本代表に入ってW杯で活躍するまで登りつめてくれることを夢見たい、という意味で)。

 

新天地では、どのポジションだろうと、とにかくまずはチームの勝利に貢献する必要がある。

そこからさらにいいポジションを取れるかどうかは自分次第。

期待していますよ、夢見させて下さい。

 

 

さぁ、旅立ちの時

可愛い子には旅をさせよ、

という言葉がある。

一度海外に出て、がっつり成長していつか浦和に戻ってきて欲しい。

そう、これは先行投資のようなもの(涙)

(勝手に浦和レッズ目線で書いているけど、僕らにとってはそれくらい愛すべき選手)

 

All the Best !

いってらっしゃいませ!

 

J1リーグ 第20節 浦和レッズ(H) vs 大宮(A) 集中力が足りないのか危機感がないのか

堀監督体制でのぞむ初めての試合。

いったいどのようなメンバーでどのような戦い方をするのか注目が集まる。

槙野選手が出場停止、那須選手もケガでプレーできない中、守備をどう改善するのかが大きなポイントになるであろう。

 

スタメン

f:id:Yo-hei:20170805224409j:plain

菊池選手が左サイドアタッカーに抜擢され、左ストッパーには宇賀神選手がついた。

1トップは興梠選手、2シャドーはズラタン選手と武藤選手。ズラタン選手は状態がよいのだろう。 

 

前半

大宮はフォーメーション上4-1-4-1だが、実際は守備時は47番岩上選手が左サイドバックに落ちる形で5バックで受けていた。一方で浦和のビルドアップ(遠藤&阿部コンビ)を封じるよう前線からも追いかけてきた。

それに対して浦和レッズは冷静にキーパーも使いながら丁寧にボールを回してかわしていく。

また中盤でボールを持った時に攻撃陣が裏への動き出しを積極的にしていて、相手ディフェンスにもプレッシャーを与え続けていた。

そのバランスが今日はとても優れていて、安定した戦い方ができていた。

そんな前半に浦和はPKを得て先制。

 

後半

大宮は選手を交代して一部メンバーの配置換えを行なった。

大きな変化が生まれたようには見えなかったし、引き続き浦和レッズは安定していたと思う。

 

しかしプロの試合とは信じられないようなミスを宇賀神選手と遠藤選手がしてしまう。一度プレーが止まった後のリスタートで宇賀神選手のパスに遠藤選手が気づかず、そのボールを奪われてあっさり失点。

改めて浦和が優勝するに値しないチームであることを証明してしまった。

 

その後の得点や失点よりも、何よりもこの失点が気になる。

何が悪いのだろう。迷いがあるのだろうか。

サッカーの世界だけじゃなく、仕事でお給料をもらっている人なら共通のルールだけど、大きなミスをしたら責任を取らないといけない。

場合によってはクビになることもあるだろう(終身雇用がベースの日本なら少ないと思うけど)。僕は仕事をしていてある日突然同僚がいなくなってしまう経験をしたことがある。結果を出せないなら今後もその場にいる価値がない、ということだ。サッカーの世界もそんな厳しい世界なのではないか。

ミスしてあまり深刻に捉えていないようなら困る。本人たちの今後のためにも。

もし僕が監督できる立場なら、たとえディフェンスの選手足りなくても今日の2人は意地でも次節使わない。

堀監督は本当に難しい状況にあると思う。どうやってチームマネジメントしていくのか。

新規加入のマウリシオ選手がいい影響をチームに与えることを期待したい。

 

雑感

やはり戦い方は基本ミシャ監督システムと同じではあった。守備への意識という意味では、相手がボールを持っている時に無理に陣形を崩すほどまではいかず、安定してたのかなと思う。前線の選手の頑張りもあったと思う。

今年の戦い方はこういった微調整を重ねながらやっていくしかないのかなと。なんとか勝ち点を重ねていかないと。

必死に戦う選手たちを応援したい。

浦和レッズ、ペトロビッチ監督との契約を解除。ミシャ監督お疲れ様でした。

札幌戦の敗戦後ついに浦和レッズミハイロ・ペトロビッチ監督との契約解除を発表した。堀孝史トップチームコーチが監督に就任する。

結果が全てのプロの世界、そして十分な戦力を持っているチームでの今の成績、これらを考慮すれば解任されてしまっても致し方ないという見方もある。

 

今シーズンはまだまだリーグ戦も残っているし、ACLルヴァン杯天皇杯もある。優勝は厳しいとしても、何とかして来シーズンのACL出場権は手に入れたい。いや可能性がある限り優勝を目指して欲しい。

そう、重要な2017シーズンもまだまだ道半ばなのだ。

 

しかしミシャ監督への感謝を忘れてはならない。

降格の危機に陥った翌年、ボロボロになった浦和レッズという難しいチームの指揮官のポジションについてくれた。そして一から攻撃を組み直し、すぐの優勝争いが出来るチームに仕上げてくれた。

ロマンあふれる攻撃サッカーの実現に向けて、多くのことをトライする監督。得点のパターンが増え、勝てる試合が増えることでスタジアムに行く楽しみもより増えていった。 

f:id:Yo-hei:20170201204052j:plain

しかしながら、毎年優勝争いに加わり惜しいところまでいくもシャーレを掲げることはできず。昨年ようやくルヴァンカップを優勝し、勢いがもう数年は続くものと夢見た。しかし...

今年はさらなる高みを目指し、ハーフコートサッカーを目指していた。

ところがシーズン中に守備が破綻し、一度狂った歯車を元に戻すのは難しく。。。

 

監督交代

浦和レッズはリスクをとった。このタイミングでの監督交代は裏目に出れば完全に悪い方にいってしまう。今の監督のままでいっても劇的な改善は望めないかもしれない。でも新しい監督が上手くやってくれる保証もない。

今のメンバーはミシャ監督のサッカーを体現できるメンバーが揃っている。

逆にいうと、オーソドックス?なサッカーができるかは疑問である。特にセンターバック。いわゆる一般的なイメージのセンターバックは今の浦和レッズのレギュラーメンバーにはいない。

阿部選手も那須選手も遠藤選手も皆ボランチが本職だ。槙野・森脇ストッパーコンビもずっとミシャサッカーで今のポジションを務めている。

 

堀監督はどのようなサッカーを展開するだろうか。

森保さんのようにミシャサッカーの基本を継承しながら守備を立て直すのか。

僕は今のメンバーを鑑みるとそれしかないと思っている。ミシャさんの想いを受け継ぎ、残り取れるタイトル全部狙おうじゃないか。

 

 

なにはともあれ浦和のために戦い続けてくれたミシャさん、

Many Thanks.

色々なことを教わりました。

まずはゆっくり休養をとってください。

J1リーグ 第19節 浦和レッズ(A) vs 札幌(H) そのリスクの取り方は正しいのか。リターンが得られていない

残念な失点の繰り返しが止まらない浦和レッズ

今節でどのような修正を見せるのか。僕は守備重視のメンバーで(それでも浦和の陣容とスタイルなら十分攻撃的だ)やってほしいと思うけど、ミシャ監督は自らの信念を貫き通し攻撃のことを考えるのか。

リスクを取り続けるのか。

さぁ、正念場だ。このままでは来年のACL出場資格すら得られない。

 

スタメン

f:id:Yo-hei:20170729230900j:plain

1トップ2シャドーは去年のベストメンバー。この3人なら守備に頑張れるしコンビネーションも優れている。両サイドはどちらかというと攻撃的な関根&駒井ウィング。 

ほぼいつものメンバーだ。

前半

守備のインテンシティ高めで試合に入った浦和レッズ。局面局面で1対1で勝ちボール奪取からのカウンターでチャンスを生み出していた。

 

しかし試合の途中から頻繁に笛が吹かれるようになる。ちょっとした接触プレーでもファウルになってしまう。見ていてもそれは違うだろうと思うシーンもあったけど、浦和の選手もそれでリズムを失っていく。

何本かフリーキックコーナーキックが続いたあとに結局都倉選手に決められて先制点を献上。

正直審判にうまくやられてしまったという印象。アウェーなのでそれもサッカー。

 

前半最初に関根選手のグラウンダーのクロスから李選手がシュートを放ったシーンがあったが外してしまった。あそこを決めなかった浦和に罰が下ったということだろう。

 

前半終わりの頃にもみ合いから都倉選手に槙野選手の足が入ったということで一発レッド。厳しい判定とは思うけど、あれを浦和の選手がやられたらレッドを要求すると思う。たとえ故意ではなかったとしても。

だからあの判定は仕方ないかなと。アウェーだし。

 

後半

後半開始からミシャ監督はまさかの3枚替えを実行。

武藤-->宇賀神

李-->ズラタン

森脇-->那須

しかしこれが裏目に出る。那須選手が後半開始早々に腿を痛めて戦線離脱。交代枠を使い切っているため9人で戦わなければいけなくなってしまう。

札幌はボールを持ってもうまく組み立てることは苦手のようで、大きなチャンスは作れていなかった。一方札幌の優しさなのか、浦和にボールをもたせる闘い方をしていたので9人の浦和もボールを持つことができていた。ズラタン選手のヘッドから得点に近づくことができたが決めることはできず。

とにかくラストプレーの精度が足りてないということなのか。優勝するに値するチームとは言えない。

 

残された選手達のプレーには涙が出そうになった。最後まで得点を取るために走り続けていた。

努力が報われないときもある。でも諦めたら一生這い上がれない。闘い続けないと。

 

槙野選手のプレーは最近危ういので一度頭を冷やしてもらったほうが良さそう。

那須選手がもし重症で復帰できないとなるとディフェンスの選手が足りないけどどうするのだろうか。

しばらくは阿部選手か宇賀神選手がストッパーを務めるか、長澤選手が抜擢されるか。

ミシャ監督は実績のある選手を使いたがるから、いつも出ているメンバーでやりくりしそう。

 

雑感

正直流れが全く浦和にない。実力で流れを持ってこれるほどの実力も持ち合わせていない。実力差が小さいのがJリーグの特徴、一度崩れると持ち直すのが難しい。

流れやツキがないときによく解らないリスクをとるのは得策ではないと僕は思う、だいたい悪い流れに負けて取ったリスクが良くない方向に行ってしまうから。

後半開始3人交代は本当に正解だったのか。それでも今後もミシャ監督は一か八かを続けるだろう。

 

守備的なサッカーでは面白くないという意見もあるし、今の監督のフィロソフィに合わないし、今年は流れを持ってこれない限り不安定な戦いが続くはず。

去年は髙木選手が流れを引き寄せたキーマンだった。今年は誰?矢島選手に期待したいなぁ。

どうせリスクをとるなら一か八かで誰か新しい選手を使ってみたらどうだろう、やらないと思うけど。。。

 

なんだか降格の危機に瀕したシーズンに雰囲気が似てきている。誰か流れを引き寄せられるキーマンに出てきてもらいたいけど、「誰か」に頼ってはチームは変わらない。全員が変わる意識を持たないと!

まだ諦めるには早すぎますよ

ミシャ監督による浦和レッズの戦術とフォーメションその2

以下の記事はミシャ監督による浦和レッズの基本戦術とフォーメションについてまとめたものである。今回の記事はこれの続きになるので、こちらをまだご覧いただいていない方はまず以下のリンク先を読んでいただければ幸いである。

urawa-reds.hatenablog.jp

 

相手チームの守備のしかたによって、必ずしも以前書いたようなフォーメーションで攻撃を組み立てていないので、本記事は追記版をその2として書くもの。今回は主に攻撃時のボールの回し方について。

 

簡単なおさらい

ミシャ監督の戦術では、攻撃時の基本型は以下のようになる。

f:id:Yo-hei:20170717094910j:plain

ストッパー二人がサイドの高い位置をとって、ボランチ一人がリベロの位置まで下がる。攻撃はこのボランチ1とリベロからスタートする。

この二人の役割は重要である。前線へのパスの供給、時にサイドチェンジの遂行、パスの出しどころがない場合の対応(攻撃組み直し or 自らドリブルで敵陣へ侵入)、被カウンター時の守備対応・・・。

2017年の浦和レッズでこのポジションでプレーしているのは元々ボランチでの活躍が多かった阿部勇樹選手と遠藤航選手。このような多数の難しいタスクをこなさなければいけないという理由があるからであろう。

 

相手チームの守備

相手チームは前述した攻撃の起点である二人を自由にさせない必要がある。最近見られるのはツートップのプレッシャーによって浦和レッズの攻撃組立係2人のプレーを制限するというもの。また、合わせて一列前にいるもう1人のボランチ(柏木選手であることが多い)も自由にさせない守備をすることが多い。

この場合、どう対応するのか。ここでよく出てくるのが次の言葉。

3枚回し

ボランチが最終列まで降りて、リベロと3人でボールを回す。(阿部-遠藤-柏木ラインとなる) これを3枚回しと言うらしい。

f:id:Yo-hei:20170717214515j:plain

前述したように、ボランチ(阿部)-リベロ(遠藤)の2人に相手チームがツートップでプレスをかけて来た場合、数的同数になってしまいボールを前に運べない。従って前にオープンな選手をつくるためにもう1人のボランチも降りる。

ここからサイドアタックを仕掛ける、というのがミシャ監督の狙いなのかなと推測する。

 

3枚回しで発生する問題

試合を見ていると、3枚回しでも上手くいかないケースが多数見受けられる。特に多いのが以下の流れだと感じている。

  • 縦パスを相手にカットされた時に、中央に誰もいない状況(強烈なカウンターを受けるかも、という恐怖)
  • ボールを持って前を向いているボランチが次の展開を作れない(パスコースがないし、カウンターが怖くてリスクを取れない)
  • 上記二つから攻撃が停滞。相手の守備のプレッシャーに負けてボールを失う

ボランチに柏木選手がいる場合、精度の高い相手ディフェンスラインの裏へのミドル・ロングパスという武器もある、相手としてはやりにくさがあろうかと思う。でもそのポジションに守備の得意な選手(例えば青木選手)が入っていたりすると、攻撃が停滞しがち。

これは青木選手のことを悪く言っているつもりではない。このパターンになった時は限られた選手でしか攻撃が組み立てられなくなってしまうこと、が問題だと思っている。

 

カウンターのリスクが高すぎて縦パスが入れられない、という思考回路になってしまう、というのがこのフォーメーションの弱点だと勝手に思っていて、相手が2トップでも基本陣形は変えずにGKを使いながらうまくかわせないものか、と勝手に思案している。

 

以前甲府戦で以下のフォーメーションを試していたけど、このような3枚回しもカウンター対策には有効なんじゃないかと思われる。ミシャ監督はあまりこれをやらないので何か弱点があるのかもしれない。

f:id:Yo-hei:20170311105136j:plain

 

2017年、浦和は失点数の多さに苦しんでいる。カウンターから失点するケースも多いので、なんとか対策をとってほしいなと切に願う。

選手だって絶対に勝ちたいに決まっている。失点は誰だって0にしたい。負けたら数万人のサポーターからブーイングを受けるかもしれないのだ、そんなの絶対の嫌だ。。。

 

ミシャ監督は新しいことにチャレンジしていく監督。実は何か新しい案を考えているのかもしれない、浦和レッズ勝利のために。

それを僕は勝手に楽しみにしてます。