Urawa Reds Life

浦和レッズのある日常に感謝

J1リーグ 第29節 浦和レッズ(H) vs 神戸(A) 勝利のために戦い続けるメンタリティ

代表戦をはさんだため2週間ぶりとなるJリーグ。

浦和レッズは中位からの脱出を図る神戸との対戦。

 

スタメン

f:id:Yo-hei:20171014213617j:plain

代表戦があった槙野選手はメンバー外。遠藤選手もスタメンから外れた。

水曜日に控えるACLも大事だが、来季のACLのために今日も絶対に落とせない。出場するメンバーの活躍に期待。

 

前半

早々に神戸GKのロングフィードからの軽い守備で失点。小川選手にあっさりと裏をとられて・・・

もう浦和は毎試合1点負けているところから試合スタートという気持ちでやればいいと思う。あまりにも繰り返し過ぎている。。。

19分に右サイドをえぐって、宇賀神選手のシュートを矢島選手が上手くコースを変えてゴール。これで同点。やっとふりだしに戻す。ペナルティエリアに4人以上が入り込み、厚みのある攻撃ができた瞬間だった。

 

でもこれが続かない。

浦和はとにかくパスミスが多い。

選手間の距離も良くないんだけど、単純なミスも多くて、ため息が増える。。

リズムも出ずに神戸ペースで進んでいく。

神戸も最後の部分で崩すところまではできず1-1で前半終了。

今日は神戸の守備ラインのバランスがいいのか、浦和の選手が裏へ抜けるケースが全くなかった。興梠選手が裏に抜けたシーンもなければポストプレーもさせてもらえず非常に苦しい前半だったと言える。

サイドアタックもあんまりだった。左サイドからクロスを入れてズラタン選手が入って高さを活かしたり、右サイドを森脇選手が駆け上がってクロスを上げたり、とサイドアタックを充実させようとはしていたけれど。

 

後半

後半0分 宇賀神-->平川

宇賀神選手をそのまま使うのはリスクが高いとみたのか、平川選手が左サイドに入る。

後半明らかに動きが悪くなる神戸。浦和は逆に来季のACLのために勢いを増す。

ゴールまでもうすこしというシーンを何回も作るけどどうしても得点に至らない。

 

後半36分 ズラタン—>ラファエルシルバ

ロングボールのターゲットマンとして機能していたズラタン選手。

決して器用じゃないけど、かなり効いていて好印象だった。後ろから掴まれても安易に倒れずドリブルで前に運んだシーンもあったけど、ああいうプレーは本当に素敵。応援したくなる。

疲れていた神戸に対してスピードのあるラファエルシルバは合理的だったと思うけど、あまりそれを活かせたシーンはなかった。GKにプレッシャーかけて興梠選手のビッグチャンスにつなげたシーンは良かったけど。

 

しかし残念ながら最後までゴールラインを割ることが出来ず。

結果は1-1の引き分け。。。

おわりに

後半終了に近い時にライン際で倒れてる森脇選手を、

「勝たないとダメなんだから倒れてんじゃねーよ」と言わんばかりに阿部選手が引っ張って起こしたのは印象的なシーンだった。

最初からその気持ちで全員が戦えていたか。

試合始まった時から冷静に熱く戦えていたか。毎試合この展開なら、サッカーの神様も微笑んではくれないだろう。

阿部選手のようなメンタリティで試合に臨む選手を何人も揃えないと。

どんな状況でも、常に勝利のためにひたむきに戦える選手がもっと必要だ。

時々そういう気持ちを見せるだけじゃダメなんだ。常に、じゃないと。

闘莉王やポンテ、田中達也、鈴木啓太、etc...

個性があってみんな違ったけど、ひたむきに勝利のためのプレーを見せてくれた歴代メンバー。

その想いを引き継いで歴史を作っていかないと。

J1リーグ 第28節 浦和レッズ(A) vs 仙台(H) まだ上位を狙える位置にいる。高い熱量を持って戦い続けよう

ACLも含めて厳しい連戦が続く浦和レッズ。堀監督は多くのメンバーを使いながらこの厳しい状況を乗り越えようとしているように見える。

Jリーグでもなんとか高い順位に位置して来季のACL出場権を目指してほしい。

 

スタメン

f:id:Yo-hei:20171001212116j:plain

浦和は上海上港戦とほぼ同じメンバーを組んできた。 梅崎選手以外は中3日でのプレーとなる。

ベガルタ仙台って4-4-2のイメージだったのだけど、今日は1トップと3バックを採用している。しかも1トップは野沢選手。どのようなスタイルを目指しているのか気になる。

前半

省エネモードの浦和。

仙台もGKまで追いかけ回すところまでしないので、浦和は西川選手を使いながら上手くボールを回していた。

無理をしない両チーム。

そんな静かな試合の中、前半26分。セットプレーで変化をつけて、梅崎選手がためて柏木選手に戻しダイレクトクロス、からの興梠選手のヘッドが決まる。

久々の先制点。

堀監督のシステムでは、柏木選手は時折最終ラインまで降りて周りの選手といい距離感を保ちながらボールを運んでいく。

彼独特のプレーだけど結構効いていた。

先制点を奪ってからの浦和は余裕を持ったパス回しで隙を狙う。無理はしない。そのまま1-0で前半終了。

後半

後半も省エネモードで上手くいなしながら。。。

なんて思っていたところ、そんな思惑はすぐにどこかへ。

後半4分、柏木選手のパスミスを奪われそのまま中央を突破されて失点。阿部選手かマウリシオ選手かどっちか行かないといけなかったように見えたけど、中央をずばっとやられてしまった。

後半15分、青木選手のボール奪取から右サイドをゴリ押しで突破して遠藤選手からのクロスに興梠選手が合わせて勝ち越し!今季19得点目。

後半37分、中央突破。武藤選手からラファエル・シルバ選手に渡り冷静なシュートで3点目。

最後に1点返されるも、なんとか勝ち点3をゲット。

 

雑感

ACLに標準を合わせている中、勝ち点3を獲得できた。おそらく今のメンバーがほぼベストメンバーで、この組み合わせでコンビネーションを高めたかったものと思われる。

悪い試合じゃなかったけど、熱量というか、何かがMaxじゃない感があった。今年レッズのボルテージが上がるのはやはり優勝の可能性の残されたACLだけなのかもしれない。

ただ、Jリーグも来年のACL出場権は諦めないでほしい。勝ち続けたらまだ可能性はあるのだから。 

次節もぜひ勝ち点3をお願いします!

J1リーグ 第27節 浦和レッズ(H) vs サガン鳥栖(A) 先制点を献上してしまう病から立ち直りたい

週半ばの天皇杯鹿島アントラーズ戦を落とし、タイトルのチャンスをまた一つ失ってしまった浦和レッズ。

ACLもあり超過密日程の中、なんとか勝ち星を積んで勢いに乗っていきたい。

最近は先制点を取られ毎試合厳しい展開を強いられているので、注意深くいきたい。 

 

スタメン

f:id:Yo-hei:20170923212835j:plain

浦和はいつものメンバー。ACLに向けて何人か温存するかなと思ったけど、けが人も多くて回しきれないのかも。。。 

 

前半

前半いきなり失点する。

田川選手を誰がマークしていなければいけなかったのか、よくわからない状況のまま失点。 森脇選手の裏を突かれた形だったけど、あまりにもあっさりすぎて。。。

 

メンバー表だと4バックだが、実際5-4-1で守備を固めカウンターを狙う鳥栖。

重心が下がった鳥栖に対しては丁寧にボールをつなぎ、サイドから中央から隙を狙う。

少しでも鳥栖がラインを上げれば裏への抜け出しを試みるレッズ。

それなりに合理的な戦い方をしていたと思うけど、そこはなかなか隙を見せない鳥栖。

ボールポゼッション70%超えも、得点を奪うことができなければただの虚しい数字だ。

 

高木選手サイドからシンプルなクロスを入れ続けていたが、これは堀監督になってから多く見られるシーン。 

平川選手がスタメンで起用された時もアーリークリスを連発していた。残念ながら前半は脅威になるようなシーンを作り出せていなかったけど。

 

後半

浦和は攻撃の圧力を高めるもなかなか得点に至らない。

そんな中29分ようやっとコーナーキックからマウリシオ選手が同点ゴール。

と思ったら数分後に権田選手のロングキックからさくっと失点。。。まぁあれはなんとかしようがあったのかどうか判らないけど。。。

 

後半40分、遠藤選手からのアーリークロスから武藤選手がヘッド。一度権田選手が止めるもそれを自ら詰めてゴール!
早めにクロスを入れ、それに何人もゴール前に飛び込んでいくという攻撃が結果につながった。 

しかしその後逆転できず、勝点1を分け合う形で終了。

 

雑感

ディフェンスラインの裏を突かれての失点が多い。狙われている。そして狙い通り先制点を毎回献上している。

多分堀監督は判っていると思う。選手たちも判っていると思う。

でも失点してしまう。

だからきっとタチが悪いのだろう。

僕らはどう戦えばいいのか。堀監督が答えを見つけてくれるのを待つしかないのか。

 

矢島選手が90分戦えるようになってきたのはポジティブ。

ゴール後に気合の入ったガッツポーズをしてくれたマウリシオ選手の熱さにもちょっと感動。

アーリークロスからのチャンス数も増えてきたし、今日は1得点という結果がでた。

まだシーズンは終わっていない。ACLはこれからクライマックスに向かっていく。

立ち止まっている暇はない!

J1リーグ 第26節 浦和レッズ(A) vs ジュビロ磐田(H) 決定力が決定的に足りない?

水曜日のACL川崎戦を激アツの展開で逆転し、気分よく迎えられるJリーグの試合。

疲労はたまっているだろうけれども、ぜひ熱い試合を見せてほしい。

水曜日の試合のような展開をスタジアムで見れたら幸せだろうなぁ。。。

 

スタメン

f:id:Yo-hei:20170917204206j:plain

柏木選手も阿部選手もスタメンを外れるという予想外のセレクト。

矢島選手が期待されているのか、それとも過密日程を考慮したターンオーバーか。

堀監督のコメントを聞いてみたい。

一方、両サイドバックの槙野&森脇ペアは代わりがいないのか、基本固定されている。

平川選手は久々のスタメンではないだろうか。調子がよいのかも。

 

前半

ジュビロがコンパクトに守備を行う中、浦和は裏を狙う。

矢島選手を始め、後ろの選手から前の選手の裏への抜け出しにバンバンパスがでる。矢島選手はときに自らが裏へ抜ける動きも見せ、いい意味で目立っていたかなと思った。

堀監督の矢島選手への期待の高さも感じるし、彼にこそ今後のキーパーソンになってほしい。 

 

だがしかし、基本浦和が支配していたのにこんなときにフリーキックから失点する。中村俊輔選手のクオリティの高さは相変わらずで。。。

 

失点後も矢島選手がいい形でシュートまでいくも枠を捉えることはできなかった。

後半

ケガの影響か、後半最初から平川選手がOutで梅崎選手がIn。

ジュビロはボールキープをトライする一方で、浦和は前半同様の戦い方だが、前への推進力は増加させていた。特に槙野・森脇サイドバックがガンガン上がっていくのはそこそこ迫力があった。

それでも守備を崩壊させないようにバランスとりながら攻める、というのは堀監督になってから見られるようになり、ゲームが壊れてしまうケースは少ないように思う。

 

後半34分青木選手のアグレッシブなボール奪取から、素晴らしいパス、興梠選手の今季17点目で同点に追いつくも逆転までいけず。

1-1で勝点1を分け合う形で終了。

 

雑感

攻撃時5トップが裏を狙う形は結構いい感じに見えたけど、得点に至ったのは一回だけ。

決定力さえあれば勝てたのかなぁなんて素人ながらに思うけどどうなんでしょう。

 

この連戦をなんとか乗り切るために、全員でがんばりましょう!

J1リーグ 第25節 浦和レッズ(H) vs 柏(A) 戦い方というよりは個人の差で負けたと思われる

ルヴァンカップは敗退が決まり、第2戦ホームで戦うACLは2-0以上のスコアが要求される厳しい状況の浦和レッズ。

Jリーグではなんとか来年度ACLの出場権は獲得してほしいところ。

上位に位置する柏レイソル相手にどのような戦いを見せてくれるか。

 

スタメン

f:id:Yo-hei:20170909211145j:plain

堀監督になってからもミシャさんスタイルを継承してきたが、いよいよ大きくフォーメーションを変えてきた。

最初はよくわからなかったが、おそらく4-1-4-1だと思われる。

青木選手をボランチに配置し、センターバックは阿部&遠藤航ペアっぽい。

一方の柏レイソルは4-4-2システム。

 

前半

両サイドアタッカーは高木選手&ラファエル選手。彼らは攻撃時にワイドに張り、幅を作る役割だったと思われる。ラファエル選手はプレーエリアが狭くて少々窮屈そうに見えた。

矢島&武藤コンビはときにシャドー、ときにボランチ的な役割でかなり大変そうだった。かなり走っていたけど、このフォーメーションを成立させるキモのポジションなのだろう。

 

レッズはミドルシュートを積極的に打っていて好印象。

高木、矢島、ラファエル、武藤といるのだから可能性を感じさせるシーンもいくつかあった。

流れのなかからも惜しいシーンがあったのだけど、得点が入らない。

新しい戦い方を眺めているうちにあっという間に前半終了。

 

後半

いい流れを続けながら攻めるも得点が決められない浦和レッズ。

そんな中、カウンターから柏の外国人コンビのクオリティの高さに負けて失点。

決して守備の人数は足りてないわけではなかったが。。。

 

 

得点が必要になったレッズは時に槙野森脇を高い位置に上げるオプションも見せる。

また、矢島&武藤がトップに上がり、ラファエル&高木がワイドに開き、ミシャさん時代の5トップを連想させるシーンもあった。阿部、遠藤の最終ラインとサイドを上がる森脇・槙野と間に青木という布陣はミシャさんの形に似ていた。

これもオプションの一つだったのだろう。 

 

しかし、またも最終ラインをあっさり破られて2失点目を喫してしまう。

遠藤選手は一瞬あきらめてしまったのだろうか。センターバックはああいったところで絶対負けてほしくないなぁ。 

 

最後は、ズラタン選手を投入しロングボールを打ち込む作戦。PKを獲得して興梠選手が決めるも、2点目までは奪えず。1-2で敗戦。

 

雑感

前後半通じてラファエル選手のボールロストが目立つ。もっとシンプルにプレーすればいいのにキープしようとして失敗するケースが多い。周りとの連携という感じじゃなくて持ちすぎているように見えるけど。

僕が味方なら、あんまりパスしたくないなぁと思うだろう。

彼はカウンター要員にして、他のメンバーを使った方が良いのでは。

特に右サイドアタッカーのポジションを任せるなら彼は適任ではないと思う。最初から駒井選手でいいんじゃないかな。もしくは梅崎選手がいいかも。

 

柏木選手やマウリシオ選手がケガから戻ってきたらどんなフォーメーションになるのか楽しみである。今日は決してチャンスがなかったわけじゃないし、次節も期待してよいかなと思う。思いたい。

しかし4バックのセンターバックに適する選手がいないなぁ。 

 

 

原口元気という選手について

今日は原口元気選手について。

 

彼のプロフィールは:

1991年生まれ

身長 178 cm

体重 68kg

レッズ時代の背番号 24(-2013), 9 (2014-)

 

今やサッカー日本代表のスタメンに継続して名を連ねるようになった原口選手。

彼はスピードあるドリブルを武器に、ドイツで身につけたデュエルの強さや運動量と守備面での貢献からチームに欠かせない選手になっている。

 

浦和レッズのユースから上がって来た頃から見ている一サポーターとしての僕の感想は、

 

元気くん、本当に立派になったなぁ。。。

 

である。

才能は小さい頃から認められていて、若くして大きな期待を背負っていた。

 

 

どんな選手かと聞かれたら、僕は、

誰よりも勝ちたい気持ちが強くて負けず嫌いな男

と答える。

 

2011年、ゼリコ・ペトロビッチ(当時)監督から期待され、左アタッカーとして重用されていた。

しかしチームは結果が出ずに残留争いに巻き込まれてしまう。

当時の浦和のサッカーはビルドアップの形もなくて、お世辞にも面白いとは言えない試合ばかりだった。

当時まだ若干20歳だったのに、原口選手はチームの負けは自分が点を取れないからだ、と自分を追い込んでいるように見えた。

負けてしまった試合後もサポーターへの挨拶はしなければならない。トボトボとうつむきながら歩く原口元気選手。

スタジアム一周中の彼からは、観客席まで届くほどの"悔しさ"オーラを放っていた。

 

負けた試合も、彼の悔しさオーラに救われた気がしたものだった。まだ戦う選手の魂は燃えたままだ、と。

 

ゴールを決めたらすぐにサポーターの方へ向かい喜びを共にする。常にレッズの勝利のために戦ってくれていた。

海外移籍の際は移籍金を残したいからと、複数年契約を結んでくれ、実際のレッズに移籍金を残していってくれたという逸話もある。

 

サポーター・チームのために全力を尽くしてくれる男。

やんちゃだったかも知れないけれど、浦和サポーターから最も愛されたフォワードの1人じゃないかな。

 

世界で活躍してどんどん登りつめてほしいなと思う。

今はレッズに所属しているわけじゃないけど、一ファンとして応援し続けたい。

 

その負けん気の強さで熱いプレーを見せて欲しい、そしてみんなを熱狂させるゴールを!

J1リーグ 第24節 浦和レッズ(A) vs 清水(H) 帰ってきた梅崎選手。そのキレを勝利のために

ACL川崎戦では1-3で敗れ、Jリーグでも上位に離されつつあり、踏ん張りどころの浦和レッズ。

柏木、那須、森脇、ズラタン、宇賀神。。。

と怪我人続出の中、この過密日程をどう乗り越えるのか。

 

スタメン

f:id:Yo-hei:20170827214927j:plain

梅崎選手が久々にスタメン。キレがどのくらい戻っているのか、非常に楽しみ。

またボランチの矢島選手はどこまでできるのか。

清水は鄭大世選手もチアゴ・アウベス選手もいないようだ。前回の対戦ではやられたので、こちらとしては助かる。

 

前半

興梠選手のコンディションが良く、裏を狙いつづけ脅威を与えていた。

 

マウリシオ選手は左右両足で長短のボールを使い分け攻撃の組み立てに貢献していた。ミスは少ないし落ち着いているし、改めていい選手だと思う。

レッズはミシャさんの時のオーソドックスな形(ボランチが一枚最終ラインに降りて、一枚中盤に残る)でビルドアップを実施し、終始安定していた。清水のプレッシャーの弱さにも非常に助けられていたと思う。

 

基本レッズペースだったのに、こんな時に限ってセットプレーで失点する。槙野選手のマークが剥がされて失点というのが気になるけど、他のシーンで完全に崩された、っていう感じじゃなかったので逆転の希望は結構あったかなと。

 

後半

浦和は後半19分、コーナーキックの流れから遠藤選手がゴール!

更に6分後、左サイドに移った梅崎選手からのクロスを興梠選手が胸トラップ。

シュートモーションから切り替えてキープし、相手ディフェンスを4人ひきつけておいてラファエル選手へパス。

それを冷静に決めて逆転!

前半から体のキレもよくて調子よさそうだったけど、後半もスーパーなプレーを見せてくれた興梠選手。あらためて欠かせないプレーヤーである。

なお、ラファエル選手も今日はキレがあって相手の脅威になっていた。

 

今日は清水のキレのなさにも助けられて、浦和は終始ボールを保持できていた。

GK西川選手まで戻されたとしても、そこから再びパスをつなげるくらいパスコースを作らせてもらえていたし、浦和の戦い方を終始させてもらえた印象。

こういう相手なら、安定感を持って戦えるなという試合だった。

 

雑感

今日はなにより梅崎司選手の躍動感を見れたのが嬉しかった。90分間プレーできたし、頼れる男が帰ってきたのは本当に心強い。

なによりプレーにキレがあってブランクを感じさせないものがあった。

菊池選手は単独突破をあまりトライするタイプではないので(シンプルなプレーでチームに貢献していてよいと思うのだけど)、梅崎選手のほうがアクセントがつけられるのかなといったところ。

後半戦の主役になってくれるんじゃないかと僕は勝手に期待している。

 

梅崎選手、ここからの浦和レッズの巻き返しのためそのキレを維持しつづけてほしい。