読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Urawa Reds Life

浦和レッズのある日常に感謝

GK 西川 周作選手と浦和レッズ

浦和レッズゴールキーパー西川周作選手は、ここ最近日本代表でもレギュラーを掴みつつあり、レッズの選手の中でも知名度が高い方かと思う。サッカー素人だけどレッズサポーターの僕からいくつかスタジアムでの彼の見どころを書きたい。

 

魅せるプレー

西川選手をスタジアムで観るときには注目してもらいたいのは、キックの精度。

 

チャンスがあるとみるや、矢のようなパスをピタリと前線の選手に供給する。

そんなときはスタジアムからも感嘆とも驚きともとれるどよめきがわく。

 

キーパーからの精度の高いパスがレッズの攻撃の一つの武器にもなっているのだ。

彼がボールを持ったとき、左足から繰り出される鋭いパスを見逃さないようにしよう。 

 

YouTubeの動画を一つ

 

攻撃の組み立てへの参加

ミシャ監督の戦術上、ディフェンスからレッズはパスをつないでいく。(もちろん状況によって前線に長いパスを供給することもある)

相手の守備がよくてディフェンスの選手たちが上手く相手をいなせない場合、無理せず一度ゴールキーパーに戻す。西川選手はこのときの立ち振る舞いというか、バックパスを受けた時の落ち着きと信頼感がすごい。ときに近くのフリーな選手にパスを繋ぐときもあれば、中距離のパスをピタっと合わせることもある。

簡単にボールを失わないのだ。

 

また、最後方からときに最前線へ一発で得点につながるようなパスを供給するときもある。試合後のコメントをみると、練習の時から前線の選手と色々話をしてトライをしているらしい。ゴールキーパーに一度ボールが落ち着いたからといって、目を離さないでほしい。レッズの選手達はゴールキーパーがボールを持った瞬間から得点を狙っている。

 

守備時の高いポジショニング

味方選手が攻撃しているとき、テレビではゴールキーパーはあまり枠の中に映らないので、スタジアムでは西川選手のポジショニングに注目してみるのも面白いと思う。

ペナルティエリアを出て非常に高い位置を保っていたりする。

他のチームのキーパーの動きと比較してみるのも面白いのかなと思う。

 

守備時に一対一になったときも強くて、相手のシュートを見極めて防いでくれる印象が強い。

まさしく守護神。

 

 

何よりもあの笑顔もよいですね。2017シーズンもレッズを、日本代表を勝利に導いてくれるはず。

広告を非表示にする