読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Urawa Reds Life

浦和レッズのある日常に感謝

J1リーグ第5節 浦和レッズ(A)vs神戸(H) ファンタジスタ

現在多忙のため更新遅くなったが、せっかく試合中メモしたものがあるので中途半端ではあるものの投稿したい。

 

 

Jリーグ第5節はW杯予選の試合があったため少し間を空けてからの開催。

 

スタメン

柏木選手がスタメンでボランチ復帰。あとはほぼ昨年のベストメンバー。

 

前半

お互い前半は無理をしない展開。

 

神戸もあまり浦和の最終列にプレッシャーをかけてこない。神戸の最終ラインは5人、そして中盤は固めて、という形でバランスを崩さないようにしていた。

 

前半27分頃、レッズの関根選手へのパスを神戸がカットし一気にカウンター、というシーンがあったが、あれが神戸の狙っていた形だったようだ。

 

昨年もこういった試合展開の中で、浦和は縦パスを打ち込んで、神戸の守備網に引っかかりカウンターから失点を繰り返した苦い思い出がある。浦和も無理には縦パスを打ち込むことはしない。

ということであまりリスクを取らないプレーに終始した感のある前半。

 

浦和の最終ラインは3枚回しメインで行なっていたが、相手のカウンターを意識してのことだったのかも(ボランチ2人で中盤を厚くするという意味で)

 

神戸のニュートン選手はキープできるし強いしうまい。どこから連れてきたのだろう。

 

後半 

柏木選手の攻撃性能を改めて見せつけられた。

密集を細かいタッチでかわし、キックのアイデアも豊富。精度はご存知の通り。

興梠選手のプレーももちろん効いていたのだけど、ああいうプレーでゲームを決めてしまえる選手はやはり貴重だと思った第5節でした。

 

広告を非表示にする