Urawa Reds Life

浦和レッズのある日常に感謝

Jリーグ 第8節 浦和レッズ(H) vs 札幌(A) 昇格組という言葉にだまされてはいけない

苦しいながらも先週のFC東京戦を勝利で乗り切った浦和レッズ

昇格組とはいえここまで着実に勝ち点8を積み上げている札幌はあなどれない。小野伸二選手との再会も楽しみである。 

スタメン

f:id:Yo-hei:20170422213552j:plain

浦和レッズは前節から右サイドアタッカーだけ変更、関根選手が復帰。

コンサドーレは守備時はウィングバックが下がって5-4-1という布陣、攻撃時はウィングバックが上がって、という布陣を取っていた。むむ、それって浦和レッズのやり方と似ている。。?と思いながら見ていた。

 

前半

守備時は5-4-1でスペースを埋めて、浦和の攻撃を防ごうという札幌。FC東京が実施してきた作戦とは異なり、前線からプレッシャーはかけてこないため、浦和の最終ラインは自由にボールを動かせてはいた。

真ん中防がれているので打開策を探りながらゲームを進める浦和。この光景はいつも繰り広げられている。

柏木選手から裏を狙ってキーパーと一対一になる場面を作って見たり(興梠選手のループは決まらず)

中央をラファエル選手の技術でこじ開けようとしてみたり。

右サイドの関根選手がドリブル突破を狙ったり。(この試合コンサドーレの左サイド田中選手は関根選手のアタックにやられっぱなしだったので、浦和は積極的に狙っていたと思う)

そんな関根選手の個人技からコーナーキックをゲットし、そこからラファエル選手の鋭い反応で先制点!(前半20分)

 

しかし前半34分、兵藤選手に最終ラインの裏をつかれ失点してしまう。オフサイドを取るつもりだったのだろうか?槙野選手は結構判定にこだわっていたように見えたが、あれはオフサイドではなさそう。

 

浦和はギアを上げて得点を取りに襲いかかる。

左サイドを宇賀神選手が突破し、クロス。興梠選手の素晴らしいヘッドもキーパーの素晴らしいセーブに防がれるが、関根選手が気持ちの入ったシュートをゴールに突き刺して勝ち越し点。(前半40分)

札幌の田中選手の悔しそうな表情は印象的だった。

 

後半

後半はギアを上げてきた札幌。

興梠選手のバーに当たるシュートがあったり、点が入りそうで入らない浦和。

そんな中レッズはPKから1点。(PKにつながった、ラファエル選手から縦に走る興梠選手へのパスは毎回素晴らしい)

札幌は福森選手のファンタスティックなFKから一点。

 

浦和は最後はボールキープで時間を使い切ってなんとか勝利、といった一戦だった。

 

その他

小野伸二選手が交代でピッチに現れたときは、拍手とブーイングが入り乱れていた。

高校卒業して浦和に来たときから彼は特別だったし、J2から這い上がるときも浦和が強かった時代も一緒に戦ってきた選手。皆さん思い思いの対応をしたのだと思う。 

札幌の都倉選手は強いし、福森選手の飛び道具もあるし、最後まで戦い続けた精神面の強さもあるし、攻撃のときはリスク取りながら前線の人数を増やすような戦術を取っているように見えたし、今年結構勝ち点を積み続けるんじゃないかと。。。

そんな相手になんとか勝ち点3を取ることができたのは幸い。