Urawa Reds Life

浦和レッズのある日常に感謝

J1リーグ 第14節 浦和レッズ(A) vs 柏(H) 走り続けた柏にあっぱれをあげるしかないのか

ACLの厳しい戦いを延長戦の末に乗り越えてベスト8まで進んだ浦和レッズ。体力的にはかなり厳しいと思うが、気持ちは乗っているに違いない。

 

一方、目下絶好調の柏レイソル。勢いに乗った相手に対し、浦和はアウェーでどのような戦い方で望むのか。他チームの勝ち点の状況を見るに、なんとか勝利をもぎ取りたい重要な一戦。

 

スタメン

f:id:Yo-hei:20170827225541j:plain

浦和は基本いつものメンバーだが、左シャドーに高木選手を選択。昨年も後半スタメンで出ていたので、ミシャ監督の期待がうかがえる。

 

前半

柏はゲームの入りから浦和の最終ライン(GK西川含む)に厳しいプレッシャーをかけて来た。

全くビルドアップをさせてもらえないレッズ。

西川選手にボールを戻しても近くにパスを出せる場所がないので、どうしてもロングボールが多くなる。興梠選手の驚異のキープ力と前を向く技術でそれでもチャンスを作っていく浦和。

 

しかし、執拗にプレスをかけてくる柏の勢いに負け、ボールをゆっくり回せず柏のボール保持時間が長くなっていく。

柏の方が何回かフリックやスルーを使って浦和のワントップツーシャドーのよく見せるコンビネーションを見せたことには驚かされた。浦和の得意とするプレーまで柏にやられてしまった感がある。

柏のゴールシーンは、左右に振られてゴール前のマークが甘くなったところをやられてしまったもの。

 

後半

後半も基本的なペースは変わらない。

正直柏は後半落ちてくると思ったのだけど、1-0で勝てるという気持ちとホームというところが柏の選手を走らせ続けたのかもしれない。

興梠選手がPKを決めていたら、といったところはあるけれでも、正直今日は浦和が負けていた(そうは言ってもチャンスは作れていたし、相手GKのファインセーブがなければ浦和が勝っていた可能性もある)。やっぱりACLと並行して戦うのは容易じゃない。万全の状態で戦うことができたなら浦和はもっと戦えたと思う。

 

勢いのある柏に勝ち点3を与えてしまったこと、ここ最近勝ち点を積めていないこと、本当に痛い敗戦となった。こういう試合でも少なくとも引き分けにできるチャンスはあっただけに悔しい。

 

雑感

柏のGK中村航輔は日本代表にも選ばれているけど、本当に素晴らしい。安定感あるし、ゴールを守っている気迫というか自信というか、オーラをまとっている感じ。

僕が彼を初めて見たのは、2015年アビスパ福岡のGKとして昇格を決める試合のとき。当時20歳だったと思うけど、すでにオーラをまとっていた。

いつか大物になるなと思っていたけど、22歳にして代表に選ばれた。敵チームの選手ながら、将来が楽しみではある。