Urawa Reds Life

浦和レッズのある日常に感謝

J1リーグ 第15節 浦和レッズ(H) vs ジュビロ磐田(A) チームに活を入れられるのは誰?

日本代表のW杯予選の試合を挟んだため、少しだけ久しぶりのJリーグ。

浦和レッズからは遠藤航選手がボランチとして出場、槙野選手と宇賀神選手は残念ながら出番なし、といったところであった。強烈に暑いアウェーの環境から帰国した影響はあるのだろうか。

 

スタメン

f:id:Yo-hei:20170827225416j:plain

ジュビロは中村俊輔選手が欠場。

浦和はいつものメンバーでのぞむ。ラファエル選手は復帰しサブメンバーに入った。

 

前半

ジュビロは陣形をコンパクトに保ちながら、浦和レッズの前線への自由を奪いコンビネーションを発動させないようにしていた。

特に興梠選手へのマークがきつく、そこからのチャンスはあまり生み出せなかった浦和。

 

ハーフコートゲームを掲げていた浦和レッズも、夏はさすがに無理なのか、なんだかんだで疲れがたまっていてボールを奪うキレがないのか、ジュビロに結構ボールを持たれていた。

 

両チームのゴールはセットプレーから生まれたもの。前半は1-1で折り返し。 

 

後半

浦和がギアを上げる。

前線がジュビロのボールホルダーにプレッシャーをかけ始める。

 

そんな中、興梠選手のポストプレーから阿部選手が抜け出しゴール! 

前半は力を温存しておいて後半にかけるつもりだったのか(陵南戦の流川のように)、なんて感心していたら、まさかの失点を繰り返し2-4で逆転負け。 。。

 

雑感

闘莉王やポンテがいたら、試合中にチームを叱咤激励してくれただろうか、なんて考えてしまった。

大事なところで柏木選手のパスミスからカウンターで得点を決められてしまったし、西川選手も判断ミスもあった。チームを鼓舞すべき選手が大事なところでミスをしてしまうと非常に苦しい。

チームに活を入れられる選手は誰?

 

ところで興梠選手のキープ力は後半特に神がかっていた。1人やっぱり次元が違う感じ。彼は今のチームの状態をどう思っているのだろう。

まだJ1リーグは前半戦、調子を上げればまだまだ追いつける。