Urawa Reds Life

浦和レッズのある日常に感謝

J1リーグ 第16節 浦和レッズ(A) vs 鳥栖(H) 走りきれないなら戦い方を変えないといけないのでは

ここ数戦リーグ戦で勝ち点を積めていない浦和レッズ

毎回苦戦させられる鳥栖とこのタイミングで戦わないといけないのは辛い。

鳥栖は鎌田選手の移籍前ラストマッチらしい。

 

 

今日はあんまりちゃんと見てないので、簡単な感想を。

 

・雑感

とにかく局面局面で勝てていないように見えた。リーグ前半戦はそうじゃなかった。なぜか分からないけど1対1で勝てないし、組織でボールを奪うということができなくなったように見える。

ハーフコートゲームを目指して相手陣内でボールを奪いに行くのは良いのだけど、それをかわしてカウンターというのが相手の狙いでもある。

一点目の失点シーンはセットプレーからだったけど、それを追いつくチーム力も落ち着きも今の浦和にはないようだ。

昨年だったら落ち着いていて、一点くらいそのうち返せるという自信があった。無理せずしっかり攻撃を組み立ててこーぜ!みないな。

今はその余裕がない。

 

GK西川選手からのビルドアップは何年も前からの得意なパターンだったのだけど、今はそれすらままならない。受け手が現れずロングフィードを蹴らされ、相手のボールになってしまうこともしばしば。

遠藤選手や阿部選手からの前線へのフィードもあまり見られない。

どうしてだろう。

 

一回、何が悪くてどこをどうしたらいいのか一から考え直すのも良いと思う。ミシャ監督の戦術なら、自分たちのプレーができれば十分戦えるはずだから。

 

実力を備えたタレントは揃っているのだから。