Urawa Reds Life

浦和レッズのある日常に感謝

J1リーグ 第18節 浦和レッズ(H) vs 新潟(A) まだまだこれからだ

どちらもここ数試合結果がでず、シーズン半ばにして追い詰められている感がある。浦和は監督が批判にさらされる中、絶対に結果を残したいところ。

僕は今のメンバーで結果を残せるのはミシャ監督以外いないと思うので、監督を変えるというのには反対派だ。じゃあどうすると言われると返す答えもないのだが。。。 

スタメン

f:id:Yo-hei:20170827224810j:plain

浦和は遠藤選手が出場停止のため代わりに那須選手がリベロに入った。そのほかのポジションはいつもと同じ。ミシャ監督の立場で考えればこれは当然の選択だろう。本当に追い詰められた試合で今まで信じてきた選手を使うというのは間違っていないと思う。

事前の練習で槙野選手がサブメンバーに入ったことがニュースになっていたが、上記の理由から僕はスタメンは変わらないと予想していた。

前半

1トップの新潟。浦和は攻撃時のビルドアップにおいて那須・阿部コンビで数的有利のため、ボランチ柏木選手が最終ラインまで降りる必要がない。基本一列前でプレーできる。

また、4バックの新潟に対し攻撃時の浦和は5トップ。鈴木武蔵選手が一列降りて関根選手につく形で5バックを形成していたが、比較的サイドを突きやすい状況が散見された。

 浦和にとってはやりやすい相手だ。しかしチャンスは作るものの得点にならない。

そうこうしている間にカウンターから新潟の先制点が生まれる。明らかに流れが悪い。

 

今日ミシャ監督がジャージ姿ではなくスーツなのは何か意味があるのか、気になった。

 

後半

なんとしても得点が必要な浦和。守りに入りカウンターを狙う新潟。

流れを引き戻したのは我らがキャプテン阿部選手。森脇選手の素晴らしいミドルがポストに当たって跳ね返ったところを右足一閃。普段あまり感情を表に出さないキャプテンがガッツポーズを決めていた。

試合に流れというのはあるもので、続いてコーナーキックからラファエル選手が逆転ゴール!

決して流れのなかから崩したわけではない。でも明らかに気持ちがのっていた。その後の守備も、チーム全体で走って対応していた。勝てるときはこんなものだと思う。

 

雑感 

この試合がターニングポイントになって欲しい。気持ちの部分で上向きになれば、自信を持っていつものプレーもできるだろう。

まだ首位との勝ち点差は9、 ACLだってあるし天皇杯もルヴァン杯もある。人生前を向いて頑張った方が充実するものだ。

浦和は決して弱いチームではない。昨年シーズン勝ち点74を積み上げたチームだ。自信を持って戦い続けよう。

 

あ、でも守備の整備は必要だと思います。そこのところはよろしくお願いしたい。。ここらから這い上がっていくために。