Urawa Reds Life

浦和レッズのある日常に感謝

J1リーグ 第24節 浦和レッズ(A) vs 清水(H) 帰ってきた梅崎選手。そのキレを勝利のために

ACL川崎戦では1-3で敗れ、Jリーグでも上位に離されつつあり、踏ん張りどころの浦和レッズ。

柏木、那須、森脇、ズラタン、宇賀神。。。

と怪我人続出の中、この過密日程をどう乗り越えるのか。

 

スタメン

f:id:Yo-hei:20170827214927j:plain

梅崎選手が久々にスタメン。キレがどのくらい戻っているのか、非常に楽しみ。

またボランチの矢島選手はどこまでできるのか。

清水は鄭大世選手もチアゴ・アウベス選手もいないようだ。前回の対戦ではやられたので、こちらとしては助かる。

 

前半

興梠選手のコンディションが良く、裏を狙いつづけ脅威を与えていた。

 

マウリシオ選手は左右両足で長短のボールを使い分け攻撃の組み立てに貢献していた。ミスは少ないし落ち着いているし、改めていい選手だと思う。

レッズはミシャさんの時のオーソドックスな形(ボランチが一枚最終ラインに降りて、一枚中盤に残る)でビルドアップを実施し、終始安定していた。清水のプレッシャーの弱さにも非常に助けられていたと思う。

 

基本レッズペースだったのに、こんな時に限ってセットプレーで失点する。槙野選手のマークが剥がされて失点というのが気になるけど、他のシーンで完全に崩された、っていう感じじゃなかったので逆転の希望は結構あったかなと。

 

後半

浦和は後半19分、コーナーキックの流れから遠藤選手がゴール!

更に6分後、左サイドに移った梅崎選手からのクロスを興梠選手が胸トラップ。

シュートモーションから切り替えてキープし、相手ディフェンスを4人ひきつけておいてラファエル選手へパス。

それを冷静に決めて逆転!

前半から体のキレもよくて調子よさそうだったけど、後半もスーパーなプレーを見せてくれた興梠選手。あらためて欠かせないプレーヤーである。

なお、ラファエル選手も今日はキレがあって相手の脅威になっていた。

 

今日は清水のキレのなさにも助けられて、浦和は終始ボールを保持できていた。

GK西川選手まで戻されたとしても、そこから再びパスをつなげるくらいパスコースを作らせてもらえていたし、浦和の戦い方を終始させてもらえた印象。

こういう相手なら、安定感を持って戦えるなという試合だった。

 

雑感

今日はなにより梅崎司選手の躍動感を見れたのが嬉しかった。90分間プレーできたし、頼れる男が帰ってきたのは本当に心強い。

なによりプレーにキレがあってブランクを感じさせないものがあった。

菊池選手は単独突破をあまりトライするタイプではないので(シンプルなプレーでチームに貢献していてよいと思うのだけど)、梅崎選手のほうがアクセントがつけられるのかなといったところ。

後半戦の主役になってくれるんじゃないかと僕は勝手に期待している。

 

梅崎選手、ここからの浦和レッズの巻き返しのためそのキレを維持しつづけてほしい。