Urawa Reds Life

浦和レッズのある日常に感謝

J1リーグ 第25節 浦和レッズ(H) vs 柏(A) 戦い方というよりは個人の差で負けたと思われる

ルヴァンカップは敗退が決まり、第2戦ホームで戦うACLは2-0以上のスコアが要求される厳しい状況の浦和レッズ。

Jリーグではなんとか来年度ACLの出場権は獲得してほしいところ。

上位に位置する柏レイソル相手にどのような戦いを見せてくれるか。

 

スタメン

f:id:Yo-hei:20170909211145j:plain

堀監督になってからもミシャさんスタイルを継承してきたが、いよいよ大きくフォーメーションを変えてきた。

最初はよくわからなかったが、おそらく4-1-4-1だと思われる。

青木選手をボランチに配置し、センターバックは阿部&遠藤航ペアっぽい。

一方の柏レイソルは4-4-2システム。

 

前半

両サイドアタッカーは高木選手&ラファエル選手。彼らは攻撃時にワイドに張り、幅を作る役割だったと思われる。ラファエル選手はプレーエリアが狭くて少々窮屈そうに見えた。

矢島&武藤コンビはときにシャドー、ときにボランチ的な役割でかなり大変そうだった。かなり走っていたけど、このフォーメーションを成立させるキモのポジションなのだろう。

 

レッズはミドルシュートを積極的に打っていて好印象。

高木、矢島、ラファエル、武藤といるのだから可能性を感じさせるシーンもいくつかあった。

流れのなかからも惜しいシーンがあったのだけど、得点が入らない。

新しい戦い方を眺めているうちにあっという間に前半終了。

 

後半

いい流れを続けながら攻めるも得点が決められない浦和レッズ。

そんな中、カウンターから柏の外国人コンビのクオリティの高さに負けて失点。

決して守備の人数は足りてないわけではなかったが。。。

 

 

得点が必要になったレッズは時に槙野森脇を高い位置に上げるオプションも見せる。

また、矢島&武藤がトップに上がり、ラファエル&高木がワイドに開き、ミシャさん時代の5トップを連想させるシーンもあった。阿部、遠藤の最終ラインとサイドを上がる森脇・槙野と間に青木という布陣はミシャさんの形に似ていた。

これもオプションの一つだったのだろう。 

 

しかし、またも最終ラインをあっさり破られて2失点目を喫してしまう。

遠藤選手は一瞬あきらめてしまったのだろうか。センターバックはああいったところで絶対負けてほしくないなぁ。 

 

最後は、ズラタン選手を投入しロングボールを打ち込む作戦。PKを獲得して興梠選手が決めるも、2点目までは奪えず。1-2で敗戦。

 

雑感

前後半通じてラファエル選手のボールロストが目立つ。もっとシンプルにプレーすればいいのにキープしようとして失敗するケースが多い。周りとの連携という感じじゃなくて持ちすぎているように見えるけど。

僕が味方なら、あんまりパスしたくないなぁと思うだろう。

彼はカウンター要員にして、他のメンバーを使った方が良いのでは。

特に右サイドアタッカーのポジションを任せるなら彼は適任ではないと思う。最初から駒井選手でいいんじゃないかな。もしくは梅崎選手がいいかも。

 

柏木選手やマウリシオ選手がケガから戻ってきたらどんなフォーメーションになるのか楽しみである。今日は決してチャンスがなかったわけじゃないし、次節も期待してよいかなと思う。思いたい。

しかし4バックのセンターバックに適する選手がいないなぁ。