Urawa Reds Life

浦和レッズのある日常に感謝

J1リーグ 第26節 浦和レッズ(A) vs ジュビロ磐田(H) 決定力が決定的に足りない?

水曜日のACL川崎戦を激アツの展開で逆転し、気分よく迎えられるJリーグの試合。

疲労はたまっているだろうけれども、ぜひ熱い試合を見せてほしい。

水曜日の試合のような展開をスタジアムで見れたら幸せだろうなぁ。。。

 

スタメン

f:id:Yo-hei:20170917204206j:plain

柏木選手も阿部選手もスタメンを外れるという予想外のセレクト。

矢島選手が期待されているのか、それとも過密日程を考慮したターンオーバーか。

堀監督のコメントを聞いてみたい。

一方、両サイドバックの槙野&森脇ペアは代わりがいないのか、基本固定されている。

平川選手は久々のスタメンではないだろうか。調子がよいのかも。

 

前半

ジュビロがコンパクトに守備を行う中、浦和は裏を狙う。

矢島選手を始め、後ろの選手から前の選手の裏への抜け出しにバンバンパスがでる。矢島選手はときに自らが裏へ抜ける動きも見せ、いい意味で目立っていたかなと思った。

堀監督の矢島選手への期待の高さも感じるし、彼にこそ今後のキーパーソンになってほしい。 

 

だがしかし、基本浦和が支配していたのにこんなときにフリーキックから失点する。中村俊輔選手のクオリティの高さは相変わらずで。。。

 

失点後も矢島選手がいい形でシュートまでいくも枠を捉えることはできなかった。

後半

ケガの影響か、後半最初から平川選手がOutで梅崎選手がIn。

ジュビロはボールキープをトライする一方で、浦和は前半同様の戦い方だが、前への推進力は増加させていた。特に槙野・森脇サイドバックがガンガン上がっていくのはそこそこ迫力があった。

それでも守備を崩壊させないようにバランスとりながら攻める、というのは堀監督になってから見られるようになり、ゲームが壊れてしまうケースは少ないように思う。

 

後半34分青木選手のアグレッシブなボール奪取から、素晴らしいパス、興梠選手の今季17点目で同点に追いつくも逆転までいけず。

1-1で勝点1を分け合う形で終了。

 

雑感

攻撃時5トップが裏を狙う形は結構いい感じに見えたけど、得点に至ったのは一回だけ。

決定力さえあれば勝てたのかなぁなんて素人ながらに思うけどどうなんでしょう。

 

この連戦をなんとか乗り切るために、全員でがんばりましょう!