Urawa Reds Life

浦和レッズのある日常に感謝

J1リーグ 第27節 浦和レッズ(H) vs サガン鳥栖(A) 先制点を献上してしまう病から立ち直りたい

週半ばの天皇杯鹿島アントラーズ戦を落とし、タイトルのチャンスをまた一つ失ってしまった浦和レッズ。

ACLもあり超過密日程の中、なんとか勝ち星を積んで勢いに乗っていきたい。

最近は先制点を取られ毎試合厳しい展開を強いられているので、注意深くいきたい。 

 

スタメン

f:id:Yo-hei:20170923212835j:plain

浦和はいつものメンバー。ACLに向けて何人か温存するかなと思ったけど、けが人も多くて回しきれないのかも。。。 

 

前半

前半いきなり失点する。

田川選手を誰がマークしていなければいけなかったのか、よくわからない状況のまま失点。 森脇選手の裏を突かれた形だったけど、あまりにもあっさりすぎて。。。

 

メンバー表だと4バックだが、実際5-4-1で守備を固めカウンターを狙う鳥栖。

重心が下がった鳥栖に対しては丁寧にボールをつなぎ、サイドから中央から隙を狙う。

少しでも鳥栖がラインを上げれば裏への抜け出しを試みるレッズ。

それなりに合理的な戦い方をしていたと思うけど、そこはなかなか隙を見せない鳥栖。

ボールポゼッション70%超えも、得点を奪うことができなければただの虚しい数字だ。

 

高木選手サイドからシンプルなクロスを入れ続けていたが、これは堀監督になってから多く見られるシーン。 

平川選手がスタメンで起用された時もアーリークリスを連発していた。残念ながら前半は脅威になるようなシーンを作り出せていなかったけど。

 

後半

浦和は攻撃の圧力を高めるもなかなか得点に至らない。

そんな中29分ようやっとコーナーキックからマウリシオ選手が同点ゴール。

と思ったら数分後に権田選手のロングキックからさくっと失点。。。まぁあれはなんとかしようがあったのかどうか判らないけど。。。

 

後半40分、遠藤選手からのアーリークロスから武藤選手がヘッド。一度権田選手が止めるもそれを自ら詰めてゴール!
早めにクロスを入れ、それに何人もゴール前に飛び込んでいくという攻撃が結果につながった。 

しかしその後逆転できず、勝点1を分け合う形で終了。

 

雑感

ディフェンスラインの裏を突かれての失点が多い。狙われている。そして狙い通り先制点を毎回献上している。

多分堀監督は判っていると思う。選手たちも判っていると思う。

でも失点してしまう。

だからきっとタチが悪いのだろう。

僕らはどう戦えばいいのか。堀監督が答えを見つけてくれるのを待つしかないのか。

 

矢島選手が90分戦えるようになってきたのはポジティブ。

ゴール後に気合の入ったガッツポーズをしてくれたマウリシオ選手の熱さにもちょっと感動。

アーリークロスからのチャンス数も増えてきたし、今日は1得点という結果がでた。

まだシーズンは終わっていない。ACLはこれからクライマックスに向かっていく。

立ち止まっている暇はない!