Urawa Reds Life

浦和レッズのある日常に感謝

J1リーグ 第31節 浦和レッズ(A) vs 広島(H)

リーグ戦も残り数試合。中位に落ち着きそうなレッズはなんとか上位に食らいついて行きたいところ。

降格の危機にある広島は絶対に負けられない戦い。

 

スタメン

f:id:Yo-hei:20171105150758j:plain

マウリシオ選手がいなかったのは、ACL第1戦の出場停止を見込んでのことか。堀監督はACLを見据えての采配を続けているように見える。

 

試合

広島はかなりコンパクトに守ってきていて、浦和は大外でパスを回す回数が増える。

有効だったのは右サイドアタッカー武藤選手の動きとセンターバックからのロングパス。

槙野選手からのロングフィードが精度高く効果的だった

広島はワントップで浦和センターバック2人にプレッシャーをかけて来なかったので、槙野選手と阿部選手は時にドリブルでボールを前に運び、自由にパスを供給していた。

またサイドチェンジが効果的で、得点シーンも右サイドに振って遠藤選手からのクロスを長澤選手が決めた形。

今日は中央突破からゴールはなかったが、興梠選手とラファエル選手の惜しいシーンはあった。

あの辺りを決めれればもっと楽になるので中央突破も狙い続けてほしい。

広島は最後パワープレーに出てきたが、浦和もなんとか跳ね返し続けて1-0で勝利!

 

相手も失点したくないので固い試合になったけど、とにかく勝ち点3が必要。 

リーグ戦はかなり厳しい状況ですが、諦めずに戦い続けましょう