Urawa Reds Life

浦和レッズのある日常に感謝

2017年シーズン終了後の移籍関連あれこれ。来シーズンの攻撃陣の軸になる選手は誰?

2017年シーズンが終了した。天皇杯はすでに敗退しているので、次のシーズンに向けての準備をする時期に入っている。

巷では様々なニュースが飛び交っているが特に気になるのは以下の2つ。

  • 山田直輝選手、湘南から浦和レッズ復帰へ
  • 矢島慎也選手ガンバ大阪への移籍が決定的か?

山田直輝選手について

山田直輝選手は浦和レッズにて若い頃から将来を有望視された中盤の選手。J2降格の危機に陥ったシーズンで堀監督が急遽監督に就任したときに頑張ってくれた。でもケガがちで、レッズにいたときはなかなかシーズンフルで戦えなかった。

今はそれも改善されていると聞く。

堀監督と山田直輝選手はもともとつながりがあったわけで、来季の主力として計算しているんじゃないかなと推測する。

 

矢島選手について

一方、矢島選手も若いころから期待され、今も若手にカテゴライズされるミッドフィルダー。攻撃センスがあって中盤からアタッカーまでできるという魅力を持っている。

2017年シーズンの後半、スタメン起用される試合が増えた。堀監督は先を見据えながら戦略を練って試合に望むタイプなので、僕はてっきり矢島選手を来季のスタメン候補にしているのかと思っていた。

マリノス戦の前半で見せた戦い方は可能性を感じさせたし(以下過去記事参照)、柏木選手×矢島選手のインサイドハーフコンビは守備を固める相手チームを崩す武器になると期待した。

urawa-reds.hatenablog.jp

 

来季の攻撃陣 

ワントップのファーストチョイスは興梠慎三選手になるのは間違いないだろう。

インサイドハーフの一人はやはり違いを作れる柏木選手。

サイドアタッカーの一人はラファエル選手も硬そう。

そうすると、インサイドハーフ一人とサイドアタッカーもう一人が誰になるのか、という話になる。

 

今シーズンブレイクした長澤選手は強さを発揮してほしいときに貴重。日本代表に選出されるまでになり、大変心強い。

山田直輝選手は、興梠選手と柏木選手とのコンビネーションが構築できれば大ヒットできそうな予感。おそらくインサイドハーフメイン。

これまで長く一緒にやってきた武藤選手もインサイドハーフで計算できる一人。裏への飛び出し、ミドルシュート、ボールを前へ運ぶドリブル、豊富な運動量を武器にした守備、etc..。中央もサイドもできる。

スピードとドリブル、キックの精度を武器としたミドルシュートも持ち合わせる高木選手も捨てがたい。

堀監督がよく起用するのが梅崎選手。体の強さとキレ、ドリブル、ミドルシュート、中央もサイドもできるユーティリティ性。チームに貢献できる頼もしい中堅選手。

忘れてはいけないのが李選手。攻撃のアイデアと体の強さ、勝負強い、そして主力とのコンビネーションも抜群。どちらかというと1トップか中央のMFだろう。

ズラタン選手も来季残ってくれそうで、高さと縦への推進力、守備への貢献もすばらしい。

あと、レッズがマリノスのマルティノス選手にオファーを出しているという記事もあった。

こう考えると矢島選手は大変な競争の中にいて、僕はそれでもレッズで勝負してほしいけど、ガンバからのオファーも魅力的なのかもしれない。あんまり同じタイプの選手っていないんだよなぁ。。。

 

サッカー選手としてピークを迎えられる時期は短い。いいオファーがあるのなら考えてしまうのだろうけれど。

 

来季のレッズの陣容はどうなるのか、もうしばらく目は離せない。