Urawa Reds Life

浦和レッズのある日常に感謝

ラファエルシルバ選手がチーム離脱。。。 2018シーズンの攻撃陣はどうなる?

浦和レッズ公式サイトにラファエル選手離脱のニュースが出ていた。

ACLでの活躍ぶりを見れば、他リーグからオファーがあっても全くおかしくない。

恐れてはいたが・・・

 

シーズン中馴染めない時期もあったり、波のある選手ではあったけど、やはりスピードとゴール前でのテクニックは別格で、浦和の武器になっていた。

移籍補償金が結構な額になるということで、フロントは他の選手を探しにいくであろう。

 

 

現時点での来シーズンの攻撃陣

FW 30 興梠慎三

FW 21 ズラタン

FW 20 李忠成

FW 9 武藤雄樹

MF 7 武富孝介(柏レイソルから加入)

MF 10 柏木陽介

MF 11 マルティノス(横浜Fマリノスから加入)

MF 15 長澤和輝

MF 18 山田直輝(湘南からカムバック)

移籍した(する可能性のある)選手たち

ラファエルシルバ選手(中国?)

高木俊幸選手(セレッソ大阪へ)

矢島慎也選手(ガンバ大阪へ)

梅崎司選手(湘南ベルマーレへ)

駒井善成選手(コンサドーレ札幌へ期限付き移籍)

石原直樹選手(ベガルタ仙台へ期限付きから完全移籍)

オナイウ阿道選手(レノファ山口FCへ期限付き移籍)

 

どうなる2018シーズン?

2017シーズン後半に堀監督が使っていた選手が4人(上の移籍した選手リストで上から4人)いなくなってしまった。

攻撃陣は残った選手と入ってくる選手で9人ほど。このメンバーで1トップ・2サイドアタッカー・2インサイドハーフを争うことになるだろう。 

他チームから見れば代表レベルの選手がそれなりに残っているので、贅沢と言われるのかもしれない。でもJ1優勝を狙いたいし、ACL出場権は絶対欲しい。

J1リーグトップチームは積極的に補強しているので、優勝を狙うならまだ厳しいかなという印象もある。

浦和レッズのフロントがここから動くのか動かないのか、まだまだ目が離せないし、堀監督がこのメンバーでどのような攻撃を構築するのか、とても楽しみ。