Urawa Reds Life

浦和レッズのある日常に感謝

J1リーグ 第1節 浦和レッズ(A) vs FC東京(H) まずは引き分けで勝ち点1。戦い方は基本同じ模様。

いよいよ2018シーズン開幕。

優勝を目指して一戦一戦を全力でお願いしたい。

スタメン

f:id:Yo-hei:20180304121010j:plain

以前は4-1-4-1と表現されていたが、最近4-3-3と表現される。

特にサイドアタッカーは高い位置を取るイメージのようなので、上図のようなフォーメーションが今後のベースとなるっぽい。

FC東京は長谷川監督となり、4-4-2の様子。どのようなサッカーを見せるのか。 

 

前半

4バックで守るFC東京に対し、サイドから攻める浦和。

サポートの上手い宇賀神選手と器用な武藤選手のいる左サイド。

タイミング良い攻め上がりを見せる遠藤選手と突破力のあるマルティノス選手で崩そうとする右サイド。

中央は興梠選手がボールを持つもFC東京の守備が固くて崩せない。

長澤選手と柏木選手が中央でボールを持てば興梠選手が動き出しシュートまでつなげるシーンもあったが得点には至らず。

基本浦和ペースで前半終了。

後半

後半早々に高萩選手からのパス一本を裏へ通され東選手に決められてしまう。

その2分後浦和はコーナーキックから槙野選手のゴールで同点。

後半はマルティノス選手と武藤選手の位置を入れ替えていたけど、戦術的なことなのか、色々試しているのかは不明。

18’ 長澤和輝—>武富孝介

武富選手はそのままインサイドハーフに入っていた。

 

雑感

開幕戦ということもあって、両者固い試合をしているなという印象だった。

ベースの攻撃のしかたは昨年後半に見せたアンカーの青木選手がボトムラインに落ちてセンターバックと3バックを作って、サイドバックを上げる形であった。

サイドアタッカーの突破力がやっぱり必要で、マルティノス選手の攻撃力は武器になりそう。武藤選手はインサイドハーフの方が輝くきがするのだけどどうだろう。

ホームでどのような戦い方を見せるのか、スタメンはどうなるのか。期待は膨らむばかり。