Urawa Reds Life

浦和レッズのある日常に感謝

J1リーグ 第2節 浦和レッズ(H) vs 広島(A) 勢いをつけていかないと!

ホーム開幕ゲームはサンフレッチェ広島と。

アウェーで勝ち点1を取ってきたので、ホームで3を積み重ねたい。 

スタメン

f:id:Yo-hei:20180304170537j:plain

柏木選手はハリがあるということで、大事をとって欠場。

代わりに出場するには我らが阿部勇樹選手。青木選手はアンカーではなくインサイドハーフで出場。

広島は城福監督になり4バック。徐々に両チームからミシャ監督の名残が消えていて、ときの流れを感じざるを得ない。

前半

今日のビルドアップはいつもと違う

アンカーの阿部選手が両センターバックの間に入らず、センターバック2人が左によって左サイドの宇賀神選手をあげる。右サイドバックの遠藤選手が落ちて3バック状態となる。

宇賀神選手を上げるのは武藤選手を中に入れるためだったのだろうか。

遠藤選手は機を見て上がり右サイドのアタッカーをサポートしたりシュートまで持って行ったり。

ゴールが生まれたのは前半43分。

右サイドに人数を集め、マルティノス選手がえぐる。

一度クリアされるも遠藤選手が拾ってクロス。からの青木選手のヘッド!

ゴールの瞬間はレッズの選手がペナルティエリアに5人くらいいたと思う。厚みにある攻撃で、今後に期待が持てる内容だった。

後半

レッズはゲームコントロールしながら惜しいシーンを作るも得点を取れず。

そんな中、広島のスローインから攻め切られて失点。

守備の人数は揃っていたのだけど。。

広島の2点目は勢いで中央を突破されたもの。レッズは押し込まれ始めた時間から押されてそのまま失点してしまった。

追いつくことはできずそのまま1-2で敗戦。

雑感

途中から入った武富選手は無理やり前に運ぶドリブル、ミドルシュートのパンチ力があっていい感じだった、サイドアタッカーとして今後期待したい。

レッズは器用だけど強くない、って感じだろうか。

中央に興梠選手、サイドに武富選手とマルティノス選手、セントラルハーフに柏木選手と長澤選手なら十分J1トップクラスだと思う。自信を付けるためには勝利が必要。

連戦に入っていくので、勢いに乗ってもらわないと!