Urawa Reds Life

浦和レッズのある日常に感謝

J1リーグ 第3節 浦和レッズ(A) vs Vファーレン長崎(H) 縦パスの多さは明るい未来への兆しか?

お互いまだJ1リーグ2018シーズンが始まってから勝ち星がない、浦和レッズとV・ファーレン長崎の戦い。

ルヴァン杯で勝利し勢いを持って望みたい浦和レッズ。シーズン序盤でつまずくわけにはいかない。

スタメン

f:id:Yo-hei:20180310185144j:plain

レッズのスタメンは第1節と同じ。柏木選手が戻ってきた。どうやらこのメンバーが堀監督のベースになっているようだ。

 

前半

浦和はサイドへの展開を基本としながら、中央でもボールを持てたので、後ろの方では比較的自由にボールを回していた。

マルティノス選手は外に張り幅を作り、武藤選手は中に入って宇賀神選手が上がったりと上手くポジションを変えて攻める。

カウンター時は右アタッカーのマルティノス選手のスピードを活かす。

でも点が取れない。

前半特に目立ったのは奪った後の素早い攻撃。興梠選手の得意の動き出しと縦へのパスで惜しいシーンはあった。

柏木選手は前を向くとやはりチャレンジするパスを狙うので魅力がある。

でも点が取れない。

前半41分長崎にPKを与え最初に失点。アウェーであれはPKとられてもしょうがない。


後半

柏木選手が降りて攻撃が始まる。柏木選手にあまり強いプレッシャーがなかったので自由にやらせてくれていたけど、他チームではこうはいかないだろう。

今日は縦パスの多い浦和。

いつもの試合より明らかに縦パスが多かった。きっと、もっとリスク取ろうぜ!とチームでまとまったのだと思う。

フリックやスルーも多用して工夫をしていた。でもコンビネーションは成功せず。堀監督のもとではあまり練習してないのかな。。。

マルティノス選手はボールを失ったときの反応が良くなくてあまり良くない印象。

ズラタン選手の方が安定感はある。低い位置まで戻ってボールを奪ったシーンはステキだった。

監督としてはズラタン選手の方が使いやすいんじゃないだろうか。そのズラタン選手がコーナーキックから同点ゴールを決める。こういう活躍したら次節はスタメンにしてあげたい。

 

縦パスは明らかに皆が意識していたと思う。次節以降こういったトライを続けて欲しい。惜しいシーンもあったわけだし。

明るい未来を期待したい。

おわりに

興梠選手へ。

決めないと。浦和のエースなんだから!

頼むよっ!