Urawa Reds Life

浦和レッズのある日常に感謝

J1リーグ 第4節 浦和レッズ(H) vs 横浜Fマリノス(A) ホームで相手のボールを奪いに行く勢いを見たい

両チームとも今シーズンは未だリーグでの勝ち星なし。

このままではマジでやばい。

スタメン

f:id:Yo-hei:20180318195738j:plain

レッズは遠藤航選手がケガのため、サイドバックには菊池選手が抜擢されている。

マルティノス選手は古巣相手に燃えているかと思ったが、今日は武富選手が選択された。スタメンから出場してどのような活躍を見せるか。

前半

高いラインを保つサッカーに挑戦中の横浜Fマリノス。ボールをつなぐことを基本とし、低いラインから長いボールを放らない。GKの飯倉選手は高い位置をキープしボールまわしに参加する。

一方、浦和レッズはラインの高いマリノスの裏を狙う。

特に興梠選手の動きは秀逸で、マリノスの両センターバックの間から裏を取っていた。

また、武富選手も高いポジションにいて裏を狙う作戦に参加していた。

レッズの選手皆、今日はマリノス裏を狙うぜ!作戦は共有されていたようで、惜しいボールを何度も供給。

また、サイドアタックも意思が明確で、アーリークロスを連発してチャンスを作っていた。マリノスの裏のスペースがなくならないうちにGKとセンターバックの間にボールを入れようという意図だったと思われる。

マリノスの4バックは中央に寄った時、レッズはサイドバックをあげて大きなサイドチェンジのボールを入れる。これも狙いがあったのではないか。

一方、マリノスは2番ミロシュデゲネク選手とと6番扇原選手がやっかい。パスの供給力もあるし、うまくポジションを取ってゲームを組み立てる。

7番ウーゴヴィエイラ選手も強くて上手くて困る。どの選手も走っていたし、あまりボールを失わなかったので、レッズは苦戦を強いられた。

 

両チーム決定的なシーンを作り出すも、無得点のまま後半へ。

後半

後半マリノスはさらにポジションを前めにとり、攻撃を仕掛けてきた。

レッズのボールホルダーへのプレッシャーは中途半端で、やられっぱなし。

セットプレーからも惜しいシーンを作られ、西川選手に何度も救われるという展開。

攻撃もカウンターを狙うなら最初からそういう狙いを見せればよかったと思うのだけど、どうも中途半端。ボールをつなごうにもうまくいかず。

途中出場の山田直輝選手が見せた、パス&ゴーで裏を取る動きは関根選手と森脇選手のコンビネーションを思い出させる素晴らしいものだったけど一歩届かず。

結局押し切られて、1点は取られてしまう。

最後は力負けで4試合連続未勝利となってしまった。。。

雑感

マリノスのサッカーはミシャさん時代にレッズがトライしていたものに雰囲気が似ている。ゴールキーパーがカバーするエリアが広く、フィールドプレーヤーは高い位置を取る。

カウンターに弱いけど、基本攻撃重視で見ている方は楽しい。

堀さんはカウンターを期待できる武富選手をスタメンに抜擢したようだけれど、得点には至らなかった。

マリノスの方が走ってたし、いいサッカーしてた。レッズが勝つのは筋じゃないなって感じの試合だった。

ボールを奪いにいく勢いというか噛み付く感じが、2016シーズン,2017シーズン前半はあったのだけど、今はそれがない。

ゴール前をガチッと守るわけでもなく、前線から奪いに行くでもなく、いまいちどこにボールを奪うラインを設定していたのか、僕には分からなかった。

誰か教えてください。

 

さて、惜しかったね、という試合がないまま4試合消化してしまった。チームには勢いが見られない。必死に走る姿をもっとみたい。

一生懸命やってくれている選手には申し訳ないけど、もっと悔しがってほしいと僕は感じる。

どうしたレッズ?いいんですかそれで!