Urawa Reds Life

浦和レッズのある日常に感謝

J1リーグ 第6節 浦和レッズ(H) vs ベガルタ仙台(A) なんだかんだいってやっぱり欲しいのは勝ち点3

浦和レッズは大槻監督が「暫定」ということで就任し、初戦のルヴァンカップでは引き分けによる勝ち点1を手に入れた。

今シーズン一度も勝利のないJリーグをどう戦うのか。

なんとしても勝利が欲しい。

 

スタメン

f:id:Yo-hei:20180407202745j:plain

最初のメンバー表を見たときに、最初はフォーメーションの想像がつかなかった。4-4-2じゃないことはすぐに判った。阿部・青木につづいて菊池・平川・槙野・マウリシオ・遠藤と5人ディフェンシブな選手がいたため。

どうやら3-4-1-2という形をとった模様で、なんでこうしたかはわからない。ミシャさんのスタイルと似ているが全く同じではない。柏木選手をフリーにさせたかったのか、武藤-興梠ペアのコンビネーションに期待したのか。

前半

前半の前半はミドルシュートの意識も高く、サイド・中央・サイドと崩してもうまくいき、いいペースで試合を進めていた。

相手ボールになってからの追い込みが目立っていたし、仙台のミスも多くレッズの波状攻撃が続く。前半5分、いい流れの中から一本中央のパスが通り興梠選手が冷静に交わしてゴール。

武藤選手はやはり興梠選手の動きをわかっているのか、迷いなくスペースへボールを出した。冷静に決めた興梠選手もみごと。

レッズのビルドアップはデュフェンス3枚がそのまま残りサイドアタッカーがシンプルに上がる形。

ミシャさんが嫌がっていたボランチ中央2枚残しの3枚回しであった。これは監督が決めたのか選手が決めたのか聞いてみたい。

 

レッズの前半は、中盤でのボール奪取も増えたしカウンターアタックの際の迫力が戻っていた。

ボール奪った瞬間にサイドアタッカー、中央の選手が皆一斉にダッシュして駆け上がるシーンは久しぶりに見た気がする。

仙台もミスが減り始めてからボールを支配し、試合のペースを取り返していたのは好調の証か、レッズが先制点を奪って保守的になったからか。。。

後半

戦い方は基本同じ。

でも疲れからボールホルダーへのプレッシャーは弱まったか。

特に仙台のサイドアタッカーへのチェックが甘く、フリーでクロスを上げさせてしまう。

クロスやセットプレーからかなり危険なシーンを作られるも今日はラッキーが続く。

最後はなんとか守りきって久々の勝利。文化シヤッターがおりたのはいつぶりか。

雑感

大槻監督は過去に実績のある戦い方をベースにとりあえず凌ぐ作戦なのではないかと思う。出ている選手も強かったころのメンバーそのまま。

ただ、ただ、サイドアタッカーが少ない。

宇賀神選手が不在だと平川選手と菊池選手しかいない。

梅崎選手も関根選手も駒井選手もいないのが痛い。堀さんはこのサッカーをやるつもりじゃなかったからだと思われる。

 

いや、待てよ。

 

萩原拓也選手がいる。

左利きのサイドアタッカー。ミシャさんスタイルの左サイドで輝くのではないだろうか。大槻監督はどう見ているのでしょうか。

さぁ次節は水曜日。どんなメンバーで臨むのか?

 

なんだかんだでやっぱり勝ち点3をとると心が落ち着く。勢いと自信をつけて連戦を乗り切っていきましょう!

 

興梠選手はヒーローインタビューで、堀さんのためにも・・・という発言をしていた。正直堀さんのサッカーでもまったくチャンスがなかったわけではない。興梠選手が決めていれば、、というシーンも結構あった。

その悔しさを忘れず、今後もレッズのためにゴールを量産してほしい。