Urawa Reds Life

浦和レッズのある日常に感謝

J1リーグ 第9節 浦和レッズ(H) vs コンサドーレ札幌(A) いろいろな感情が入る試合だった。選手の戦いも素晴らしかった

ミシャさんが札幌の監督として埼玉スタジアムに戻ってきた。

一年前誰がこんな状況を予想できただろう。

当時レッズは点を取りまくり、ハーフコートゲームというコンセプトを掲げて相手を圧倒していた。ところが歯車が途中からかみ合わずに敗戦を続け。。。

札幌は現在勝ち点14、レッズは11。因縁の対決とも言えるだろうが、それをおいてもリーグ上位を目指す上で重要なゲーム。

ホームのレッズは絶対に勝ちたい。

スタメン

f:id:Yo-hei:20180421201840j:plain

宇賀神選手がスタメン復帰。

興梠、武藤、柏木トリオは守備に攻撃に走れるので外せない。橋岡選手も守備に安定をもたらしているので外せない、といった感じだろうか。

ボランチは長澤選手と遠藤選手。阿部選手がリベロで岩波選手は右ストッパーという配置。

レッズはスタメン全員日本人で、外国人助っ人をあんまり活かせていないなぁという印象。

札幌はやはり3-4-2-1のミシャさんがスタイル。

実は昨年7月に戦ったときとあんまりフォーメーションは変わっていない。左サイドもほとんど同じ選手。最初からミシャさんに目をつけてそこに向けて戦っていたのかのようである。

前後半

今日はずっと見入っていたので簡単なメモを。

レッズは1トップ2シャドーで戦う時間が多かったと思う。

前半15分の橋岡選手のダイレクトクロスはとてもセンスを感じさせる。彼はいつも考えながらプレーしてる感じがあって、改めて将来に期待。今日も守備が良かったし。19歳とは思えん。

レッズはゴール前に迫るシーン多数。得点の匂いはプンプンしていた。

一方札幌も都倉選手は相変わらず強いし三好選手とチャナティップ選手のシャドーは驚異。

特に三好選手は細かいタッチでのスピードあるドリブルが脅威で何度もレッズのボランチと最終列の間に突入してきた。

ミドルシュートも強烈。

いい選手だなぁ。ミシャさんが好きそう。

結構ゴール前に迫るシーンは多くて1点くらい入ってもいいかなという感じだったけど両者無得点で試合終了。

でも全ての選手が戦っていて見ていてストレスのない試合だった。

こういう試合ばかりだったらお客さんも集まるんじゃないかなと思う。

おわりに

大槻監督が指揮を取るのは今日の試合まで。次のオリヴェイラ監督にバトンタッチとなる。

大槻監督は戦う・走るというとても大切なことを思い出させてくれた。

オールバックで強面だけど暖かい、そんなステキなイメージを残しつつ、リーグ戦3勝1分という成績で締めてくれたのは感謝しかない。引き続きレッズに貢献していただければ幸いです。

大槻監督、あざした!!