Urawa Reds Life

浦和レッズのある日常に感謝

J1リーグ 第11節 浦和レッズ(H) vs 湘南(A) かみあわない浦和レッズ。今年1年どうやって凌ぐのか

オリヴェイラ監督の初戦は0-1での敗戦。

今節はなんとか勝ちたいのだが、今節は良いサッカーをする湘南が相手。山田直輝選手と梅崎選手は何を思う。

もう少し遡れば、菊池選手も遠藤航選手も湘南出身。熱い試合を期待したい。

スタメン

f:id:Yo-hei:20180428170519j:plain

3バックで1アンカーの阿部選手。

守備時は柏木選手と山田直輝選手が降りて3ボランチ気味のイメージなのか?

湘南とミラーゲームを行うためにこうしたのかは不明。とにかく見慣れないポジショニング。

前後半

前半の決定機のシーンで山田直輝選手が決められなかったのが今日の一番のハイライトだと思う。

勝つために走っていたと思うし、後半湘南のプレッシャーが弱まってからは浦和が一方的に攻めていた。惜しいシーンもあったしあと一歩のクオリティが足りなくてゴールに迫れなかったけど、10回やって1回も勝てないという内容じゃなかった。

最後まで点を取れず、0-1で敗戦。

雑感

浦和レッズが自分たちの実力を信じて、戦う日はいつくるだろうか。

2年前は本当に強くて、いつでも点を取れる自信をみんなもっていて、だから常に落ち着いて戦うことができていた。今はどこが相手でも余裕がないなぁという感じ。

選手はあんまり変わっていないんだけど。

鹿島さんもガンバさんも調子があがっていないし、改めてJリーグは難しいんだなぁと思う。

 

1アンカーを試してはみているけれど、コロコロ戦い方変えてもうまくいかないものなのだろう。

ボランチの人数はそろっているのでどうにかなるとして、そもそもこのフォーメーションで戦うなら、サイドアタッカーができる梅崎選手も高木選手も駒井選手も必要だった。でも移籍してしまった。

堀さんが監督になって4バックと1トップ・2ウィングをやるつもりだったのだろう。

マルティノス選手はそのために獲得したんだと思う。高木選手はきっと左アタッカー候補だったはず。でも移籍してしまって、サイドのウィングのポジションには合わない武藤選手が使われて、結局噛み合わなかった。

堀さんがいなくなって、マルティノス選手はめっきり出場機会を失った。レッズにとっても本人にとっても、現時点では不幸な移籍になってしまっている。

 

大槻監督になって、橋岡選手の右サイドアタッカーが開花した。でも菊池選手はやっぱりスタメン張れる結果は出せていないと思う。けれども人がいなくて使わざるをえない。今のサッカーをするためのメンバーはそろっていない。

 

とにかく、フロントと監督と選手構成と戦術と、色々かみ合っていない。

 

オリヴェイラ監督は今のメンバーでどのようなサッカーを思い描くか。彼のやりたいサッカーに合う選手はそろっているか。

W杯による中断期間中にどこまでリカバーできるのか。それまでどうやって凌ぐのか。

しばらくレッズは苦しい時間を過ごすことになるかもしれない。