Urawa Reds Life

浦和レッズのある日常に感謝

J1リーグ 第12節 浦和レッズ(A) vs 川崎(H) ナバウト選手の前への推進力。監督の出す推進力。

連敗中のレッズはココにきて強敵川崎フロンターレとアウェーで戦う。

状況はかなり厳しいがなんとか勝ち点を積みあげないと。

スタメン

f:id:Yo-hei:20180502213848j:plain

川崎は昨年後半に戦ったときと同じスタメン。

優勝したメンバー、同じフォーメーション、強いに決まっているが、それでもサッカーは上手くいかないことを昨年の浦和レッズがよく証明している。

レッズにはひるむことなく勝つために戦ってほしい

レッズはナバウト選手がついにスタメン。 

前半

ボールが落ち着かない中、どちらかというと川崎がパスをつないでレッズを崩しにかかる。

レッズは縦パスの意識が強くて、ゴールに向かう迫力があった。

そんな中先制点はレッズ。ボールが行ったり来たりする中で宇賀神選手が縦に抜けてクロス。それを興梠選手がしっかり決めてゴール!

川崎は得意のパス回しを見せるも、レッズは最後のところを自由にさせない。いい時の守備が戻ってきた気がする。

崩されちゃっても最後のところで粘るよっていう。

 

今日の宇賀神選手はミドルエリアでいい形を持って仕掛けたりミドルを打ったり。なかなか効いていた。

最後のシュートが毎回上手くいってないじゃないかと思う人がいるかもしれないが、いつもいい位置にいるのが宇賀神選手。だから惜しいシーンが目立つ。

チャンスに毎回顔を出すポジショニング、最後の精度が上がったらまじすごい選手になるんじゃないか。

後半

後半もレッズはボールを持ったときにシンプルに縦に行く意識がいい。

2点目も橋岡選手からパスが出て、ナバウト選手が縦に走って興梠選手のゴールにつなげた。ナバウト選手の突進力が生きたシーンだったと思う。

彼の突進力は相手ゴールキーパーのレッドカードまで誘う。

最後までレッズは相手を自由にさせず、2-0で試合をしめた。 

雑感

相手が10人になっても相手を追い込み続けるところは素晴らしかった。どうやらオリヴェイラ監督の指示によるところもあるらしい。

こういう戦う姿勢が大槻監督就任から戻ってきた。

オリヴェイラ監督も戦う姿勢を継続してくれるみたいなので、大変楽しみだ。

負けても戦う姿勢を見せてくれると、こちらも応援したくなる。疲れていたり、ネガティブになったり、選手も人間だから難しいと思うのだけど、そこを前を向かせて戦う集団をつくるのが監督なのかなぁと。

オリヴェイラ監督、よろしくお願いいたします。