Urawa Reds Life

浦和レッズのある日常に感謝

J1リーグ 第13節 浦和レッズ(A) vs 鹿島(H) 得点が欲しい。得点が。

オリヴェイラ監督就任後初の鹿島アントラーズ戦。

ただでさえいつも熱くなる試合だが、ますます勝ちたい一戦である。

 

スタメン

f:id:Yo-hei:20180505180428j:plain

 前節僕はダブルボランチの絵を書いていたが、実際は1アンカーの2シャドー&2トップだった。すいません。最近のレッズはこのフォーメーションを基本としている。

守備時は2シャドーが降りて5-3-2で守り、攻撃時は3バックが広く並び、一列前に青木選手。2トップとサイドアタッカー2人とともに2シャドーも高い位置を取り、誰かが降りながら攻撃を組み立てている。

 

試合

負けられない両者はインテンシティ高くゲームに入る。

PKのシーンはアウェーだししょうがないかなという印象だった。

PK以外も厳しくいくところはかなりファールを取られていたし、ちょっと軽率だったかなという感じもなくはない。ただ、完全に崩されてしまったシーンはなかったし、レッズは落ち着いて攻めていて、大崩しない感じがでていて安心できる前半。

後半のためにパワーをためていたんじゃないかと僕は推測した。

後半レッズは攻め立てる時間はあるものの、いまいち精度が悪くて得点に至らない。シュートも後半何本もなかったと思う。

ミドルシュート決めるシーンが最近特に減ったかな。昔は数試合に1本誰かが決めてくれていたんだけれど。

マルティノス選手も李選手も今の戦い方だとあまり活きない。ズラタン選手は2トップに入ったら結構イケると思うんだけどなぁ。

雑感

オリヴェイラ監督になってから中央の守備が固く、中央から崩されるシーンが減った。得点さえ取れるようになったら勝ち点を積み上げられると思う。

前節も、アンカーの青木選手にあまりサイドまでついていくなという指示があったらしいが、守備のバランスを意識してポジショニングを取るタイプなのかも。

そういえば自分のポジションを逸脱して走りまくった山田直輝選手は前半で変えられてしまった試合以降チャンスをもらっていない気がする。

攻撃については、今はミシャさん時代とも違うやり方をしているので、誰がどこにいるのかわからないのか、最後のところ中央でパスが繋がらない。大槻監督のほうが昔の通りの攻撃をさせていた気がするかな。

一方、4バックの相手に対してサイドアタッカーがふたりとも高い位置を取り、ロングパスでサイドチェンジ、からのサイドアタックという手法が復活している。確か堀さんはあまりこれをやらなかったと記憶している。

オリヴェイラ監督に変わってから連戦であまり練習できていないはずなので、今後どうなっていくのか楽しみである。

とにかく守備に安定感と粘りがでてきたのはステキ。夏場も走りきってほしい。

とにかく得点がないのは苦しい。惜しいシーンはあるからあとは攻撃の選手の1プレー1プレーにかかっている。

 

なお、鹿島に負けたのは大変悔しい。

これからレッズが巻き返してくれることを信じている。