Urawa Reds Life

浦和レッズのある日常に感謝

J1リーグ 第14節 浦和レッズ(H) vs サガン鳥栖(A) 得点が欲しい。得点が。

中断期間まで残り数試合。どちらも勢いをつけてなんとか中断前の連戦を乗り切りたい。まだまだシーズンは半分も経過していない。

スタメン

f:id:Yo-hei:20180513215726j:plain

レッズは鹿島アントラーズ戦とまったく同じスタメン。

現在オリヴェイラ監督の中でのベストメンバーはある程度固まっている模様。だだし、4-4-2システムにするとどうなるのかは大変気になる。

 

試合

鳥栖はレッズの3バックに2トップがプレッシャーをかけていた。レッズは常に両ストッパー(槙野・遠藤航)のどちらか1人が空く。

2人とも1人でドリブルで前に運びながらパスを供給できるのでレッズは常に相手コートで試合を展開。前線の人数も多いままのため。

サイド・中央・サイドと展開しチャンスをつくる。

一方、鳥栖の3バックに対して浦和レッズも同様に2トップでプレッシャーをかけていた。ただ鳥栖の両ストッパーは自分で持ち上がらず、降りてきた誰かにショートパスでつなぐことが多い。したがって高い位置の人数が減る。そこからの展開がうまくいかずボールを失うシーンが多発。

両センターバックの質が試合を大きく左右していたように思う。

 

柏木選手は今のポジションの方が活きている。機を見て飛び出しゴール前に顔を出す。守備のときは3ボランチ気味に戻る。こんなプレーを90分継続できるのは彼くらいかもしれない。

長澤選手もタフで、中央のアンカー青木選手も試合をコントロールする。この中盤3人は今は変えがきかないということかなと思う。

 

レッズは試合を支配しつづけるもついに得点に至ることはなかった。

悪い内容じゃなかっただけに悔しさが残る0-0の引き分け。

 

雑感

なんと記事のタイトルの後ろが前節と全く同じという結果になってしまった。

点が取れない。惜しいところまではいく。

もうこれはケチャップドバドバを待つしかないのか。それとも何か致命的な問題があるのか。僕はブーイングするほどひどい試合だったとは思わない。10回やったら半分以上勝てる内容。守備も固かった。

選手のみなさんには自信を持って戦いつづけてほしい。前を向いている限り絶対にいつか上向くはずだから。