Urawa Reds Life

浦和レッズのある日常に感謝

J1リーグ 第18節 浦和レッズ(A) vs 広島(H) 走れるチームになってきた?首位を撃破し勢いに乗りたい!

久々の更新となった。ワールドカップ中断期間を終え、各チームは準備をして後半戦に挑む。

浦和レッズはオリヴェイラ監督の指導の元トレーニングをしていたようだが、予想に反し3バックシステムを継続。4バックに対するこだわりはそこまで強くない模様。

オリヴェイラ監督思ったよりもとても柔軟な考えの持ち主なのかもしれない。

なお、今節が第18節ということで、数字の上ではここからがJ1リーグ後半戦。浦和レッズは今シーズン2度目の広島戦に挑む。

スタメン

f:id:Yo-hei:20180729141717j:plain

後半戦から加入のファブリシオ選手。すでに違いを見せており、コンディション・コンビネーションが向上されればさらなる活躍に期待ができる。

右ストッパーには岩波選手。遠藤選手の移籍後初の試合は彼が抜擢された。このポジションは森脇選手や阿部選手、橋岡選手もできそうだけど岩波選手はポジションを掴み取れるか。

広島はシーズン通じて安定した戦いをしていて、フォーメーションもスタメンも大幅な変更はない模様。 

前半

浦和がボールを持ちながら戦っていた。でも広島も中央は固く、ゴールが遠い感じ。 

そんな中先制点は浦和レッズ。

興梠選手のいつもの抜群の動き出し。そこに無理な体勢から出した武藤選手のクオリティ。二人の周りには何人もの広島の選手がいたけれど、それを切り裂く会心のプレーだった。Fantasticだった。

 

広島のパトリック選手と浦和の槙野選手のマッチアップは迫力抜群。槙野選手と宇賀神選手の前を向かせない守備はきいていたと思う。

しかし浦和の失点はそのサイドを崩されファールで止めた後のフリーキックから。

それまで崩され切ったシーンがなかっただけに悔しい失点。。。

解説によると広島さんは今シーズンPK以外でセットプレーから失点してないとのこと。どうやったら減らせるのか、そもそもCKやFKを与えていないのか、だれか分析してほしい。

後半

レッズの右サイドを何度か崩されピンチをむかえるも西川選手のセーブで失点をまぬがれる。

レッズは押され気味だったものの、PKで勝ち越してから流れが変わる。

カウンターから流れで奪った宇賀神選手の3点目も素晴らしかったし、終了間際のファブリシオ選手の個人の打開は半端なかった。

あれを見せられると、今後相手はファブリシオ選手を潰しにいかないといけない。周りが空いてくるので興梠・武藤・柏木選手が活きてくる、なんて期待が膨らんでくる。

ファブリシオ選手はドリブルもよし、シュートもうまい、ミドルも枠に飛ぶ、守備もする、夏のこの時期に90分経過した時点であのプレーができる。いい選手が来たなぁ。と。。。

 

試合の終わりの方で3-1の状況にあったとき、レッズは意思統一をもってボールキープを遂行した。監督の指示があったのかわからないけど、ああリアリスティックな戦いをするんだな、というのを改めて感じた。

雑感

宇賀神選手が高い位置をとっていたのが面白かった。ミシャさんがいなくなって以来、5トップ気味に張るようなことは少なくなっている。

守備を安定させる代わりに得点力を失う。そこをどうするかなのだけど、オリヴェイラ監督はどのような解を導くのだろうか。

レッズの3点目はカウンターから攻撃の選手が迫力抜群に駆け上がり、柏木選手の右足のアシストから宇賀神選手のシュートまで完璧だった。

後半でもあれだけスプリントできる、というのはトレーニングの賜物なのだろうか。

ここ数試合、浦和レッズが走り負けている感じは全く受けない。

90分間戦えるチームになってきている。

当たり前のことを当たり前にできるチームをオリヴェイラ監督は作ってくれそうな期待感。後半戦は着実に勝ち点を積み重ね、躍進してほしい!