Urawa Reds Life

浦和レッズのある日常に感謝

J1リーグ第19節 浦和レッズ(H) vs 川崎フロンターレ(A) 各々が自分の仕事を果たして連勝!

土曜日の広島戦から中3日で川崎戦。

アウェーからホームへの移動、猛烈な暑さ、上位チームとの対戦。非常に厳しい状況だったけどオリヴェイラ監督はいつものメンバーで試合にのぞむことを決断した。

 

ボールを持てる川崎に対し、守備陣は5-3-2のような形で守っていた。武藤選手が降りて青木-柏木-武藤の3人と興梠-ファブリシオの2人の前線。とにかく中盤で抜群に上手い大島選手と中村憲剛選手を自由にさせない。

家長選手もボールを運べるし、小林選手は常にゴールを狙っているし、そういった選手たちをケアしながらしっかりと守るということが意識されていた。

それでも何度も決定機を作られる。。さすが川崎フロンターレ。

ところが今日は西川選手が抜群の集中力で好セーブを連発。

 

前半早々に得点をあげたのは岩波選手のフィードから武藤選手の持ち運びとクロス。興梠選手のアイデア。

各々の選手が仕事をした。

終了間際のシーンも守備から攻撃へのハードワークがPKにつながるとともに途中出場の李選手がしっかりと走る姿勢を示した。

PKは李選手が譲ったらしい。途中加入のファブリシオ選手がゴールを続けて勢いに乗った方がチームにプラスだから。と。

いつでも自分は乗っていけるから。と。いうことらしい。

その心持ち、感謝感激だ。。

 

今のレッズはチームの勝利のためにみんなが自分の仕事をハードワークできる。

柏木選手の走りは感動もの。

選手のみんなも自信を持っている。

森脇選手も帰ってきた。長澤選手とナバウト選手と山田直輝選手と...と怪我で不在の選手も多いけど伸び代はまだあると思うと期待が持てる。

 

さぁシーズン後半戦の展開がより楽しみになってきましたよ。