Urawa Reds Life

浦和レッズのある日常に感謝

J1リーグ第27節 浦和レッズ(H) vs 神戸(A) 浦和の攻撃をさせてくれた試合。混戦を上を向いて戦いたい

チケット売り切れというこの試合。多くのサポーターが詰めかけた神戸戦。

イニエスタ選手は残念ながら今節不在とのことだが、熱いプレーを期待したい。

混戦のJリーグ。油断したら一瞬で降格圏。一瞬のスキも命となる。浦和レッズは残留争いの辛さと苦しさを知っている。上を目指す緊張感の中で戦いたいところ。

スタメン

f:id:Yo-hei:20180924210143j:plain

神戸は監督を交代し、今後はボールを持つスタイルを志向するという解説があった。

今のメンバーをベースにどういったチームを構成するのだろうか。

イニエスタ選手は不在。

ポドルスキ選手は試合中自在にポジションを変えていたが、図のような形ではなくトップ下だったらしい。

前半

レフリーは今日は接触を流し気味で、激しいプレーでもフェアならノーファールだった。

オリヴェイラ監督はよく審判にコメントするが、今日は球際で戦える環境だったので、こういった試合で球際で勝つシーンを増やしてもらえると嬉しい。

今日は勝てていた試合だった。

そういった意味では、特に槙野選手の強いプレーは見ていて気迫が伝わってくるほど。

18分に自らとったフリーキックからのヘディングシュートも惜しく。。。

レッズも比較的ボールを持たせてもらえるなか、23分、中央でキープしたボールを青木選手が素晴らしいシュート。

先制!

どうやら解説によると、青木選手は巻くボールを蹴ると見せかけてキーパーの重心を動かし、逆を突くというフェイントをかけていたらしい。

守備と攻撃と両方で機能する青木選手は欠かせない1人。

 

神戸のフォーメーションは攻撃時は4-4-2にみえた、守備時は三田選手が降りて5-3-2。

失点するまではサイドアタッカーが低い位置にいたけれど、その後はボールを保持しつつ高い位置をとるようになった。

レッズは武藤選手が降りて5-4-1で守り、前から無理して追いかけず構える形。(試合後3ボランチという形だったと言われていた。なるほど、長澤選手と柏木選手がバランスを取りながらやっていたのか。武藤選手は相手を見て降りていた模様)

惜しいシーンは作られるも失点をせずカウンターを狙っていたと思われる。

 

そんな中浦和の追加点は逆にボールを保持した状態から。

右サイドでボールをキープし、回しながら中央でフリーの柏木選手へ。興梠選手のスーパーな動き出しから柏木選手の素晴らしいパスから難しい体制でのシュート!

何回見ても気持ちいい最高のゴール。

多くのサポーターを魅せた最高のゴールだったと思う。

神戸はしつこく追いかけない守備だったのがありがたかった。

後半

後半早々相手のミスをついて武藤選手がループを決める。3-0。

その後長澤選手も決めて4-0。

柏木選手がボールを自由に持てて素晴らしい日。

MF陣のポジシン取りが自在で神戸は守りにくかったのかも。

そのまま試合終了で勝ち点3をゲット。

雑感

ゴールキックや西川選手に一度ボールを戻した際に、ほぼ毎回右サイドの橋岡選手にロングボールを送る。

182cmある橋岡選手はもともとセンターバックの選手。

かなりの確率で競合いに勝ち、ボール保持に貢献していた。

そういえば山田暢久選手もいつもヘディング勝ってたなぁ。橋岡選手、今日も守備に攻撃に走っていて欠かせない重要な選手になっている。

あともう一つ、槙野選手の攻め上がりを複数回見たのだけど、あれはどういったルールでやっていたのだろう。

オリヴェイラさんはあんまりリスクを負わないイメージなのだけど、誰かを残す約束で今節から解禁したんだろうか。あんまり最近はそういうプレーがあった記憶はない。

気になる。

 

気がつけばACLプレーオフ圏内のFC東京とは勝ち点5差。

一方でJ2降格圏まで勝ち点8差。

今後も目が離せないJリーグになりそう。

結果を求めるオリヴェイラ監督は残り数試合どのように戦うのだろうか。